1. トップ
  2. ビューティー
  3. その健康常識、間違っているかも?健康常識チェックリスト

その健康常識、間違っているかも?健康常識チェックリスト

2016/12/15【 ビューティー 】


「体によかれ」と信じて日々一生懸命行っていることってありますよね。

風邪予防にマスクをして外出したり、体にいいと言われる話題の食品を毎日食べたり、健康維持のために毎日ジムやランニング!などなど。
中にはすぐにやめたほうがいい勘違い健康法もあれば、間違いではないけれど正解とも言い切れないものも。
そこで、ついついやりがちな健康法のNGポイントと、正しいケア方法を、ドクターに聞いてみました。
 1.野菜が苦手なのでサプリメントを飲んでます。
×食生活が乱れていたらサプリメントは効果なし
サプリメントは栄養素を補うものなので、それさえ飲めばバランスがとれるというものではありません。また、飲み過ぎや飲み合わせを間違えると健康を害することもあるので気をつけましょう


2.ケールやブロッコリーが体にいいと聞いて、毎日食べてます。
×1種類だけ食べるより、バランスよく多種類を食べることが大事です。
特定食材だけ食べ続けると栄養にかたよりがでるので、いろんな野菜をバランスよく食べるほうが健康維持につながります。1日の野菜摂取量の目標は350gで、小鉢5皿が目安です。


3.冬の風邪予防のため、ヨーグルトを食べるようになりました。
△長期間食べ続けていないと効果が期待できないことも。
ヨーグルトの乳酸菌で善玉菌を増やして腸内環境が整えば免疫細胞が向上し、風邪などの病原体を防ぐ効果がありますが、3~4カ月は継続しないと効果はないんです。


4.帰宅後にはしっかり手洗いするようにしています。
△1回の手洗いじゃ甘い! 顔を触らないことも重要です。
風邪のもととなるウイルスが手についた状態で目や鼻を触ってしまうことが感染の原因。1日1回の手洗いだけでなく、小まめに手洗いし、むやみに顔を触らないことが一番の予防!


5.さんまやさばなどの青魚を調理して食べてます。
△魚の栄養素をとるなら、生で食べるのがおすすめ
青魚の油には血液サラサラ効果のある不飽和脂肪酸が多く含まれていますが、不飽和脂肪酸は酸化しやすいので鮮度が命! 油を使って調理するより、刺身など生で食べるほうが効果的です。


6.風邪をひきたくないので常にマスクをしています。
×予防のためのマスクはほとんど意味なし
マスクをしていてもひんぱんに目や鼻を触っていれば予防効果はほぼなし。ただし、すでに風邪をひいている場合は、せきやくしゃみによる飛沫感染を周りに広げないためにマスクを着用して。


7.冷え性なので寝るときは靴下をはいています。
×外から温めるよりも、筋肉を動かして体内から温めましょう
足の裏は体温を調整する役割があるので、就寝時に靴下でふさいでしまうと意味なしです。冷えの主な原因は筋力不足。寝る前に少しストレッチなどで筋肉を動かし、血流をよくすれば、体の中から暖かくなります。


8.なかなか寝つけないときは寝酒をのんでいます。
×寝る前にアルコールを飲むと眠りの質が悪くなるのでやめましょう!
飲酒後すぐに寝ると眠りが浅くなり、目覚めも悪くなりがち。さらにあおむけに寝るといびきも増え、睡眠時無呼吸症候群におちいる危険も。体温が下がるときが一番気持ちよく眠れるので、寝つきに悩んでいるなら寝る1時間前の入浴がおすすめです。


9.健康維持のため、まいにちランニングしたり、ジムで体を鍛えています。
△運動が激しすぎると逆効果のときもあるので注意して
ランニングなら週3回、1時間程度が適度な目安。運動の頻度が多かったり強度が高すぎると、病気や老化の原因と言われる活性酸素が多く作られてしまうので、何事もやりすぎは禁物。


10.風邪気味のときはお風呂に入らないようにしています。
×入浴しても問題なし! 湯冷めだけは気をつけて
これは家風呂がなかった時代の話なので、気にしなくてOK! ただし、体が冷えると免疫の働きが劣って風邪をひきやすくなるのは事実。入浴後は湯冷めしないように気をつけましょう。


11.風邪をひいたらとにかく厚着して、たっぷり汗をかくようにしています。
×無理に汗をかかせるのはNG。それよりも水分補給を。
風邪で汗をかくのは上がった体温を下げようとする作用で、風邪が治りかけている証拠。発熱で寒気を感じているときは厚着は必要ですが、無理に汗をかくために厚着をすればただ体力を消耗するだけに。汗をかいた体は脱水状態なので、水分補給を心がけて!


ちなみに、健康で長生きする人は、飲酒はほどほど、野菜や肉、魚をバランスよく食べ、適度に運動し、やせすぎでも太りすぎでもない中肉の人なんだそう。
何か特定の健康法に執着したり、1つの食品を過剰にとりすぎると、免疫が正常に働かなくなって不調につながることも! 何事も「ほどほど」がいちばんなんですね♪

 

参照:『サンキュ!』12月号「あなたの健康常識実はここが間違ってます!」より一部抜粋 監修/大竹真一郎、取材/鹿島由紀子、文/田谷峰子
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

 

関連するキーワード

ビューティーの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

ビューティーの新着記事も見てね

AND MORE

ビューティーの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP