「これはムダだった〜!」約1年間で23kg痩せた主婦がやめて正解だと思った3つのダイエット

2021/09/08

サンキュ!STYLEライターで体重が70kgあった、ダイエットプロフェッショナルアドバイザーのYUMIEです。

私は身長165cmで、過去に約1年間で−23kgダイエットを行いました。雑誌に掲載していただいたことが自信につながり、ダイエット検定生活アドバイザー・プロフェッショナルアドバイザーを取得することができました。

今回は「これはムダだった〜!」と思う3つのダイエットをご紹介します。

1.体重計にのる

ダイエットを始めたときは「毎食後」体重測定をしていました。食後は食べた分体重が増えますが、おかまいなしに測定をして凹んでいました。笑 今は朝・夜の2回測定しています。

夏は薄着のため、そのまま体重計にのっています。
オススメは朝起きてすぐとお風呂に入る前です。朝と夜測定することによって「今日は食べ過ぎたから明日はもっと動こう!」等、翌日の目標がたてやすくなるからです。

2.腹筋

テレビっ子だった私は、ながら腹筋にハマっていました。大好きなテレビを見続ける罪悪感から、腹筋を「1日100回×3セット」を目標に行っていました。しかし、テレビを見ながらだったためフォームが整っていなかったのか、1日300回を苦労して1か月続けても体重には特に変化がみられなかったため、その後はウォーキングへ変更。

筋トレは今でも続けていますが、なるべくウォーキングに行く時間を作っています。室内もいいですが、太陽を浴びながら運動をすると気分もスッキリするからです。オススメは早朝・夕方以降で、ウォーキングで意識していることは両腕をふって歩くことです。

3.お米を食べない

無知な私はダイエットの敵は炭水化物だと思っていました。しかも、「太る原因はお米」と勘違いをして、食べていませんでした。

炭水化物はエネルギーです。
からだを動かすための大事なエネルギー源になることを知り、食べるようになりました。今でも1日2~3食食べるようにしています。ポイントは「食べ過ぎない」こと。腹八分だとおなかが空くので、腹十分目を意識して食べるようにしています。

おわりに

私自身、痩せて変わったことがあります。それは「自分を大切にするようになった」こと。70kg時代はストレス発散かのようにたくさん食べて、現実逃避をするかのように寝ていました。

上記の3つのダイエットは自分を苦しめているだけで、大切にしていませんよね。「ムダだった〜!」と今でも思えるので、やめて正解でした。

ダイエットで大事なことは「規則正しい生活」・「バランスのいい食事」・「適度な運動」で、ポイントは「継続する」ことです。たくさん食べた日はよく動くなど、食事と運動のバランスをとりながらダイエットを楽しみましょう!

◇この記事を書いたのは・・・YUMIE
身長165cm・体重47kg。ダイエットプロフェッショナルアドバイザー。リバウンドや挫折をしながらも-23kgダイエットを行うなど、ダイエットややりくりが好きな1児のママ。現在はFP2級取得に向けて勉強中です!

※記事の内容は記事執筆当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND