約1年間で23kg痩せた主婦が、ダイエットを続けるためにやめた2つのこと

2021/11/21

ダイエットプロフェッショナルアドバイザーでサンキュ!STYLEライターのYUMIEです。

私は身長165cmで以前は体重が70kgあり、約1年間で−23kgダイエットを行いました。雑誌に掲載していただいたことが自信につながり、ダイエット検定生活アドバイザー・プロフェッショナルアドバイザーを取得することができました。

今回はダイエットを続けるためにやめた2つのことをご紹介します。

整理・収納、家事・料理などさまざまな暮らしのアイデアが集うサンキュ!STYLEから、注目の記事をピックアップ...

>>>サンキュ!STYLE編集部の記事をもっと見る

やめたこと1.痩せるために「なにをするか」考えること

「ダイエットを始めたいのですが、なにをすればいいですか?」

ダイエットのお悩みで最初によく聞く質問です。私自身も何から始めたらいいかわからず、ダイエット当初は同じことを言っていました。

雑誌のダイエット特集ページを読んだり、ネットで「ダイエット 始め方」と検索していたことを思い出しました。そして、読んで満足して続かないという経験がたくさんあります。

「なぜダイエットをするのか」考える

私の場合、「なにをするのか」よりも「なぜそれをするのか」を考えた方がスムーズにダイエットができました。70kgという体重は不規則な生活、ジャンクフードが大好き、食後はすぐにベッドでゴロゴロした結果です。

風邪もひきやすく、悪化して2~3か月ひき続けているときもありました。お医者さまから「これ以上のどが腫れたら入院」と言われ、これまでの生活を反省。「健康なからだになりたい」と思い、ダイエットを始めました。

規則正しい生活を心がけ、食事を見直し、適度な運動を始め、これらを続けることにしました。先日4年ぶりに風邪をひきましたが、当時に比べると今はとても健康になりました。

やめたこと2.「自己否定」すること

ダイエットした方ならこんな経験をしたことはありませんか?「昨日より0.5kg太ってる……」

食事に気をつけて運動もしたはずなのに、なぜかリバウンドすることってありますよね。リバウンドすると私はいつも自分を責めていました。「これじゃダメだ……」と思い込み、悪い妄想をずっと繰り返していたのです。

47kgまであと−1kgというところで気を抜いてしまい、52kgまで戻ったときは毎日泣いていました。

「私はもう痩せている!」

生理前はからだが栄養をためこむ時期なのは有名な話ですよね。この時期にいくら食事に気をつけて運動を行っていたとしても、結果はわかりますよね。

私はダイエットを開始した当初は70kgありました。そのときに比べたらたとえリバウンドしても、現実ではもう痩せています。悪い妄想をして自分を責める必要なんてないのです。

ダイエット中はリバウンドをしたり、自分が思う結果にならないことは多々あります。そんなときは「私はもう痩せている!」と思うことで気持ちが軽くなりました。

ダイエットに失敗したときは自分に合ったダイエットではなかっただけ。今はネットで検索するとたくさんのダイエット法があります。ご自身が楽しめそうなダイエットを選んで、またはじめたらいいだけです。

おわりに

私はダイエットを約1年間続けていました。

挫折やリバウンドを繰り返しながらでも痩せることができたのは、「健康なからだになりたい」という目標を明確にしていたから。何でもそうだと思いますが、目標をもつことで私もダイエットを続けやすかったです。

ダイエットは毎日の積み重ねです。毎日コツコツと続け、ダイエットを楽しみましょう!

◆この記事を書いたのは・・・YUMIE
身長165cm・体重47kg。ダイエットプロフェッショナルアドバイザー。リバウンドや挫折をしながらも-23kgダイエットを行うなど、ダイエットややりくりが好きな1児のママ。現在はFP2級取得に向けて勉強中です!

※記事の内容は記事執筆当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND