急な「飲み会」のお誘い、ママ飲み会にぴったりなコーデをシーン別でご紹介

2018/12/10

学校行事やPTA関連など、意外とママの集まりはありますね。では集まりが「飲み」の席の時、いったいどんな服を着ていけばいいのでしょう…。キレイすぎるのも場違いだし、カジュアルすぎはちょっと不安。そんなとき参考にしたい、ママ飲み会にぴったりのコーデをご紹介!

1. ご近所&家飲みファッション

ラフな中にも品プラス!

出典:ZOZOTOWN

ご近所や家飲みとはいえ、ちょっとキレイめで行きたいときは、こなれた感じのシンプルコーデがおすすめ。スリムパンツにラフでフェミニンなシルエットのトップスを合わせて。

気負わず元気スタイルで

出典:ZOZOTOWN

フィットしすぎないクロップド丈のジーンズに、シンプルな白のプルオーバー、チェックのシャツワンピを合わせたスタイル。お座敷席も安心!

リラックスして飲むならふんわりと

出典:ZOZOTOWN

ゆる~く飲みたいときにおすすめのコーデ。フラワープリントのマキシ丈スカートとゆったりシルエットのトップスでリラックス感満載。

2. 子連れ飲み会ファッション

ラクなデニムスタイルで

出典:ZOZOTOWN

程よくルーズにはけるテーパードジーンズにゆったりトップスを合わせて。個室を借りて小さな子どもも連れて楽しもう!

動きやすさ重視ならロングスカート!

出典:ZOZOTOWN

動きやすいロング丈ならスカートでも安心。スニーカーにも合わせやすいデザインを選んで。

女子力キープしつつ動きやすさも

出典:ZOZOTOWN

子連れお出かけコーデは動きやすさが最優先。ボトムはワイドパンツでも、トップスにガーリーなレースのブラウスを合わせて、気分を上げて!

3.ちょっといいお店ファッション

シンプル&辛口にきめて

出典:ZOZOTOWN

ママ友とお忍びで大人のお店に出かけるときには、シンプルでこなれたキレイめファッションで! シックな色とデザインでまとめ、ファーをあしらったバッグでアクセント。

シックな場所ならブラック系で大人っぽく

出典:ZOZOTOWN

大人っぽくキメたいときは、ブラック系でまとめて。ゆったりしたシルエット、白ではなくグレーと合わせるコーデで、やさしく落ち着いた雰囲気に。

気分を上げて楽しむ飲み会なら

出典:ZOZOTOWN

大人同士でワイワイ楽しむ飲み会コーデ。元気でキレイめなスキニーデニムにハイヒール、季節感のあるブラウスを合わせて。

たまにはひざ丈ワンピにトライ!

出典:ZOZOTOWN

子どもと一緒だとなかなか着られない、ひざ丈の白のリブワンピ。大人同士で集まるときに思いっきり着て楽しみたい!

4.おうち忘年会ファッション

動きやすいスキニーデニムがおすすめ!

出典:ZOZOTOWN

動きやすいスキニーデニムなら子どもと一緒のおうち忘年会でも動きやすい!ゆるっとしたケーブルニットと合わせた旬なバランスのカジュアルコーデ。

定番コーデにゆるカーデで今っぽく

出典:ZOZOTOWN

ボーダーT×スキニーデニムのリラックスカジュアルでおうち忘年会をまったりと。オーバーサイズのニットカーディガンを投入すれば一気にトレンド感が出て◎

ニットワンピ×レギンスで楽ちんおしゃれコーデ

出典:ZOZOTOWN

オーバーサイズのニットワンピースで大人可愛さとリラックスできる着心地を両立!レギンスとの相性も良く体型カバーも叶う優秀アイテムで、おうち忘年会でもおしゃれを楽しんで。

5.おしゃれなお店でママ忘年会ファッション

ふんわりレオパード柄スカートで華やかに

出典:ZOZOTOWN

トレンドのレオパード柄スカートが主役の華やか忘年会コーデ。ゆるニットと合わせるのが今年らしく、気合いを入れ過ぎない感じがママ友からも好印象間違いなし!

女っぽいタイトスカートをカジュアルに

出典:ZOZOTOWN

同じレオパード柄スカートでも、長め丈タイトシルエットなら大人っぽい印象に。オーバーサイズパーカーとダッドスニーカーでカジュアルダウンしてこなれ感ある忘年会コーデ。

トライしたい!オールホワイトコーデ

出典:ZOZOTOWN

さらっと着るだけでもこなれた雰囲気になるアランニットでリラックス感ある忘年会コーデ。子どもがいるとチャレンジしづらいオールホワイト、こんな機会こそトライしてみて!

きれいめコーデに差し色プラス

出典:WEAR

オフタートルのニットワンピースにはレギンスではなくワイドパンツを合わせるときれいめな雰囲気に。モノトーンに赤のバッグの差し色がおしゃれ!「それどこの?」と聞かれる褒められ忘年会コーデ。

いかがでしたか? 何を着て行っても飲んでしまえば忘れちゃう!なんて言わないで、お酒の席とファッションと、両方組み合わせて楽しんだほうが、何倍もステキな時間が過ごせますよ♪

文/田谷峰子・木村麻衣子

※記事内容でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND