1. トップ
  2. ビューティー
  3. スカート派の人におすすめの「パンツスタイル」10

スカート派の人におすすめの「パンツスタイル」10

2017/10/08【 ビューティー 】

CONTENTS

ふだんスカートばっかりのはいていると、突然パンツをはかなきゃいけない場面になったとき、「なんだかしっくりこない」とか、「カジュアルすぎないか?」と不安になることも。そこで、パンツをはき慣れてないスカート派でもはきやすいパンツスタイルをご紹介いたします。

1.スカートっぽいシルエットを選んでみる

ガウンをはおってパンツ感ダウン

出典:ZOZOTOWN

すそが広がったタイプのワイドパンツなら、ロングスカートのようなシルエットに。長めのガウンをはおれば、さらにパンツ感がダウンしてはきやすい。

スカートっぽい「スカンツ」をチョイス

出典:ZOZOTOWN

スカートに見えるスカンツなら、スカートをはいてるみたいに。きれいなシルエットのスカンツ、ならカジュアルにもきちんとスタイルにも合わせやすいですね。

「プリーツワイドパンツ」ならほぼスカート!

出典:WEAR

プリーツスカートがそのままパンツになったようなワイドパンツ。スカート感覚でコーディネートできます。

ドット柄の視角効果でスカートチックに

出典:ZOZOTOWN

ロングスカートのようなふんわりやさしいシルエットのワイドパンツ。ドット柄の視覚効果で、よりスカートのような見た目になってコーデもしやすい。

2.ワイドパンツにトライしてみる!

レーシーなトップスでガーリー感をオン

出典:ZOZOTOWN

トップスにレースのシャツなどを合わせると、ガーリーな印象に。ロングカーディガンをはおっても落ち着きますね。

トップスをインしてよりワイド感を!

出典:ZOZOTOWN

シャツ×パンツも、ふんわりしたシャツや、ウエストリボンのパンツを選べばフェミニンスタイルに。

流行の「グレンチェック」でカジュアル感を抑えて

出典:WEAR

トラッドな雰囲気のグレンチェックのパンツ。キレイめなシルエットを選べば、レースのシャツなどのアイテムともコーディネートしやすい。

ワンピにデニムを合わせてみる!

透け感のあるホワイトワンピとならレディ感UP

出典:ZOZOTOWN

カジュアルなスタイル。透け感のある素材でふんわりシルエットのホワイトワンピで、ガーリーな印象に。

秋色花柄ワンピでデニムでもきちんとコーデに

出典:ZOZOTOWN

シックな色合いの花柄ワンピにレザー調のベルトでウエストマーク。パンプスを合わせてきちんとした印象のスタイルに。

ワイドパンツやパンツ×ワンピースなど、パンツが苦手でもトライしやすいスタイルが流行中。せっかくなので、自分にぴったりなパンツスタイルを見つけてみて♪

文/田谷峰子

※記事内容でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

ビューティーの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

ビューティーの新着記事も見てね

AND MORE

ビューティーの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP