1. トップ
  2. ビューティー
  3. 紫外線対策しながら「ちゃっかりおしゃれな帽子コーデ」

紫外線対策しながら「ちゃっかりおしゃれな帽子コーデ」

2018/06/28【 ビューティー 】

CONTENTS

ジリジリと強い日差しの中、紫外線対策として帽子をかぶっている人も多いと思います。ふと鏡を見ると、服装と帽子が合っていない、浮いてるなんてことありませんか?今回は紫外線対策しながらちゃっかりおしゃれもできる、帽子コーデをご紹介します。

つば広ハットで広範囲まで紫外線対策

女性らしさもあり、日焼け止めを塗り忘れてしまいがちな首や耳の後ろまで覆ってくれる「つば広ハット」。1つ持っていると便利なアイテムです。

ワンピ×つば広ハットで女性らしさ全開に

出典:ZOZOTOWN

クラシカルな花柄ワンピースには、flowerのスカラップレースハットがベストマッチ!紫外線を防ぎながらも、女性らしい雰囲気を出すのに一役買っています。

黒コーデ×つば広ハットでおしゃれに紫外線対策

出典:ZOZOTOWN

うっかり日焼けをしやすい首の後ろまでカバーしてくれる、nivernoisのペーパーハット。服や小物をすべて黒でまとめることで、頭から足先まで統一感のあるクールなコーデに。

サファリハットは大人色を選ぶのが正解

出典:ZOZOTOWN

アクティブな印象を与える14+のテンガロンサファリハットは、カーキなどの落ち着いた色を選べば大人の女性にもハマります。スカートと帽子の色をあわせれば統一感も出て◎

キャップ帽でスポーティーに紫外線対策

人気急上昇中の「キャップ帽」は持ち歩きもしやすく、気負わずに普段使いできるアイテムです。色の種類も豊富なので、自分に合った1点が見つかるはず。

女性らしいワンピにスポーツ小物をプラス

出典:ZOZOTOWN

女性らしいギャザーロングワンピースを、Vincent et Mireilleのキャップ帽などスポーティーな小物でまとめています。黒を基調としたスポーツMIXコーデで、甘すぎない大人カジュアルに。

紺×白で夏らしいキャップコーデ

出典:ZOZOTOWN

シャツワンピとデニムの組み合わせに、14+のデニム素材のキャップを合わせたコーデ。シャツ・デニム・帽子をネイビーでまとめ、インナーに白を差すことで、夏らしくおしゃれな印象になります。

ベージュのキャップで顔周りを明るく

出典:ZOZOTOWN

カーキのベイカーパンツの組み合わせに、ブラウス、コンバース、FREAK'S STOREのキャップと、ホワイト・ベージュ系のアイテムを合わせたコーデ。赤いトートバッグがいいアクセントになっています。

夏の定番 麦わら帽でおしゃれに紫外線対策

夏の定番アイテムとも言える麦わら帽。どんなコーデとの相性もよく、一気に夏らしさが出る万能アイテムです。

大人カジュアルな着こなしになじむカンカン帽

出典:ZOZOTOWN

女性らしいシルエットのワンピースにデニムを合わせたカジュアルな着こなしに、Ray BEAMSのストローカンカン帽がなじんでいます。ネットバックでさらに季節感とトレンド感がアップ。

モノトーンの差し色としても活躍

出典:ZOZOTOWN

I-SOOKのTシャツワンピースに、コンバース、トートバッグを合わせたモノトーンコーデ。麦わら帽をかぶるだけで、夏らしく涼しげな印象にチェンジします。

鮮やかなブルーワンピと麦わら帽でバカンス風

出典:ZOZOTOWN

夏の日差しに映える鮮やかなブルーのノースリーブワンピに、BEAMS BOYのカンカン帽をオン。日常にもバカンスにも合う装いに。

カーキのパンツとも好相性!

出典:ZOZOTOWN

niko and...のラフィア素材の中折れハットは、カーキのチノパンツとも好相性!帽子のリボンとサンダルのブラックが、全体を引き締めてくれています。

帽子1つで、全体の雰囲気が変わりますね。帽子に苦手意識のあるかたは、まずは洋服の色と合わせたり、どんなコーデにもなじみやすいデザインを選んだりしてみましょう。今年の夏は、紫外線対策だけではない、おしゃれな帽子コーデを楽しんでくださいね。

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

ビューティーの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

ビューティーの新着記事も見てね

AND MORE

ビューティーの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP