1. トップ
  2. ビューティー
  3. 迷ったらコレ!40代のお悩み別ファッションコーデ44選

迷ったらコレ!40代のお悩み別ファッションコーデ44選

2018/08/08【 ビューティー 】

CONTENTS

40代のファッション、体型が変化したり、手持ちの服が似合わなくなった気がしたり…服装に迷う場面はありませんか?今回は、よくある8つのお悩み解消コーデを季節別にご紹介!40代におすすめのブランドとコーデ実例も、合わせてチェックしましょう。

二の腕・お腹周りも!体型カバーできるコーデ

40代女性が気になる二の腕、お腹周り…。体型カバーしつつ、オシャレに見せるテクニックは重要!すぐに真似できる簡単なコーデをご紹介します。

春:Tシャツワンピ×レギンスで体型カバー

https://wear.jp/shi0214/12451690/
出典:ZOZOTOWN

Tシャツワンピは体型カバーの強い味方。レギンスを重ねてゆるく着るのがおすすめ。ウエストラインに細ベルトを使うことで、コーデ全体にすっきり感が出ます。TシャツワンピはBEAUTY&YOUTH UNITED ARROWSのもの。

夏:デザイントップスで二の腕デコルテすっきり

https://wear.jp/iena2003/12599839/
出典:ZOZOTOWN

体型カバーもOKなIENAのトップスは、二の腕をさりげなくカバーする袖のデザインと、デコルテを上品に見せるVネックが特徴。パンツにフロントインすればお腹周りもすっきりし、脚長効果も。小物は黒で引き締めて。

秋:ぽっちゃりカバーのドルマンシャツワンピ

https://wear.jp/takabuaiko/12670349/
出典:ZOZOTOWN

DouDouのシャツワンピースは、背中のボリューム感とドルマンスリーブがボディラインを隠し、着痩せ効果抜群の1枚。デニムにさらっと合わせるだけで、こなれた着こなしに。

冬:タイトロングスカート×ロングニット

https://wear.jp/yume20131119/8701195/
出典:ZOZOTOWN

体型カバー効果の高いタイトなロングスカートは、ハイウエストで履くのがおすすめ。ボリュームあるニットロングカーデを重ねると、Iラインが強調され着痩せ&脚長効果がアップ!スカートはRay BEAMSのもの。

少しの工夫でOK!美脚見せコーデ

脚をすっきり長く見せたい、少しでも細く見られたいというのは多くの女性の願い。コーデにちょっとした工夫をするだけで、美脚に見えるテクニックをご紹介します。

春:ボートネックをパンツインして美脚に

出典:WEAR

GUのデニムに、Ungridのボートネックカットソーをインしたシンプルなコーデ。ハイウエストでウエスト部分を強調し、上半身をコンパクトに見せると脚長効果が。

夏:ハイウエストのガウチョで太ももカバー

https://wear.jp/nanamikoji/12663536/
出典:ZOZOTOWN

ガウチョパンツは、ハイウエストで履くことで太もも周りをカバーし脚をほっそり見せてくれます。トップスはタイトなものを選ぶとコントラストによるスタイルアップ効果が。ガウチョパンツはJILLSTUARTのもの。

秋:スヌードをプラスして重心を上に

https://wear.jp/m5001k/10952679/
出典:ZOZOTOWN

ゆるシャツを細身のデニムにフロントインした美脚スタイルに、秋はスヌードをプラスして。顔周りにボリュームを出すことで小顔に見え、重心が上にあがるので足元がすっきり見えます。スヌードはJohnstonsのもの。

冬:ブーツインですっきり美脚に!

出典:WEAR

ユニクロのデニムパンツにGUCCIのブーツをインした大人のきれいめカジュアルコーデ。全体をモノトーンでまとめ、ロングベストでこなれ感をプラス。ブーツインは美脚効果抜群なので冬はぜひチャレンジを!

プチプラでも高見えできるコーデ

新しいアイテムにチャレンジしたり、トレンドを取り入れたり…そんなとき強い味方になるプチプラアイテム。安っぽく見えない高見えコーデをご紹介します。

春:トレンドの柄スカートをプチプラで

https://wear.jp/imakosan/12386233/
出典:ZOZOTOWN

リーズナブルでママコーデに人気のある神戸レタス。上品なブーケデザインのフレアスカートは、大人のフェミニンコーデにおすすめ。大人の女性らしさをプラスするブラックのコルセットトップスは、ウエストの細見え効果も◎

夏:プチプラ+アクセサリーでアクセント

https://wear.jp/ari0818m/12414870/
出典:ZOZOTOWN

GUのチェックブラウスにユニクロのデニムパンツを合わせたプチプラコーデです。チェックブラウスは顔周りを華やかに見せてくれます。バングルをさりげないアクセントにすることで、グッと洗練された印象に。

秋:シンプルなものほどシルエットにこだわる

https://wear.jp/reca/10976746/
出典:ZOZOTOWN

recaのスウェットスカートは、シンプルながらもキレイなシルエットでどんなコーデにも合い、高見え効果抜群。トップスをゆったりめに、フロントインすることで着痩せ効果も。

冬:プチプラアウターも上品にまとめて

https://wear.jp/hitomin6022/11386493/
出典:ZOZOTOWN

こちらのしまむらのアウターは、高級感のあるファー素材でプチプラに見えません。使う色味を黒とベージュに統一することで上品にまとまります。全体をかっこよくまとめた辛口コーデに、ふわふわの質感で女性らしさを加えて。

痛くならない!40代の若見えコーデ

若く見られたい!でも「若作り」とか、「痛い」とは思われたくない…。そんな40代の若見えコーデのポイントをお伝えします。

春:カジュアルにも上品さと大人の質感を

https://wear.jp/tae0v015/12371249/
出典:ZOZOTOWN

かわいさが出るチュールスカートは上品なグレーをチョイス。ボーダーとスニーカーを合わせてカジュアルに。そこにポップなカラーリングが目を引く、BALLYの存在感あるトートバッグをプラスして、大人コーデに格上げして。

夏:ビタミンカラーをラップスカートで上品に

https://wear.jp/enuenu730/9284598/
出典:ZOZOTOWN

ビタミンカラーは肌をキレイに見せ若々しい印象を与えるアイテム。LE CIEL BLEUの明るいイエローのスカートは、ラップデザインがポイント。落ち着いたグレーのトップス、黒小物を合わせれば大人っぽくまとまります。

秋:きれいめコーデをライダースで辛口に

出典:WEAR

トレンチスカートにリブニットを合わせたきれいめコーデに、ライダースを重ねて辛口にするのが大人流。バケットバッグがカジュアルフェミニンなアクセントに。ライダースはGYDAのもの。

冬:ミニスカートは色合いとデザインにこだわる

出典:WEAR

肌の露出が抑えられる冬こそ、ミニスカートがおすすめ!SISLEYのデザイン性のあるミニスカートにタイツを重ねたワントーンコーデ。40代のミニスカートは、シックな色合いとシンプルなデザインで大人っぽさを出して。

パートの面接のときに着たい「感じいい」コーデ

パートやアルバイトの面接時は、スーツのようにカッチリしなくてもいいけれど、ラフすぎても場にそぐわないことが。そんなちょっとした面接などの時にぴったりの、「感じいい」コーデをご紹介します。

春:スカートにラウンドカーディガンで柔らかく

出典:WEAR

花柄スカート×グレーのフェミニンコーデ。ラウンドカーディガンは女性らしいシルエットで柔らかい印象になります。足下はネイビーで引き締めてきちんと感を出して。カーディガンはハニーズのもの。

夏:清潔感あるストライプシャツワンピース

出典:WEAR

IENAのストライプシャツワンピースに、白のカーディガンを羽織った清潔感あるスタイル。合わせる小物もベージュ・ホワイト系でシンプルにまとめて。

秋:ハイウエストチノパンで絶妙バランス

https://wear.jp/sanki0102/12476166/
出典:ZOZOTOWN

メンズライクなチノパンも、ハイウエストなら女性らしいシルエットに。きちんと感を出しつつカッチリしすぎない絶妙なバランスになります。ゴールドボタンのシックなブラウスと合わせて。パンツはShinzoneのもの。

冬:ニットにシャツを重ねてきちんと感

https://wear.jp/wailee/8690666/
出典:ZOZOTOWN

Deuxieme ClasseのシャツにUngridの白いニットを重ねた大人カジュアルコーデ。ニットにシャツを重ねて襟を出すだけで、面接にもぴったりのほどよいきちんと感が出ます。パンツは黒ですっきりとまとめて。

アクティブなのにオシャレ!大人のレジャーコーデ

動きやすく、汚れてもいい服装というと、オシャレとはほど遠くなりがち。カジュアルにしすぎないさじ加減が40代コーデのポイントです。こなれ感の出る大人カジュアルなレジャーコーデをご紹介します。

春:屋外レジャーはリーズナブルなロゴTシャツで

https://wear.jp/reca/10260775/
出典:ZOZOTOWN

ほどよく盛れるロゴTシャツはrecaのもの。ゆったりとしたシルエットは上半身を華奢に見せてくれます。フリルワイドパンツと合わせてこなれたレジャーコーデに。リーズナブルでお洗濯も可能なので屋外レジャーにおすすめ。

夏:ロングワンピースで大人のビーチスタイル

出典:WEAR

サラッとした着心地のロングワンピースは大人のビーチスタイルにぴったり。柔らかい質感のワンピースにビーチサンダルを合わせた、40代の魅力を引き出す大人カジュアルな装いです。ワンピースはIENA LA BOUCLEのもの。

秋:ジョガーパンツでスポーツミックスコーデ

出典:WEAR

シルエットのきれいなユニクロのジョガーパンツなら、動きやすいアクティブさと、女性らしい上品さを両立できます。秋色のフェザーネックレスをアクセントにして。

冬:カジュアルコーデにチェスターコートをオン

出典:WEAR

パーカー×デニム×スニーカーのスポーティなコーデに、Spick and Span Nobleのチェスターコートをプラスして大人カジュアルに。ニットキャップは、女性らしく柔らかな印象を与えるベージュをチョイス。

ほどよい大人の甘さを加えたお仕事コーデ

通勤やオフィスでのスタイルは、ワンパターンになりがち。ちょっとした工夫で、ほどよい大人の甘さを加えてみませんか?40代のビジネススタイルにぴったりの、大人のお仕事コーデをご紹介します。

春:ピンクのボトムでほどよい甘さに

https://wear.jp/pierrotshop/9235829/
出典:ZOZOTOWN

とろみ感のある白のスキッパーシャツに、ピンクのテーパードパンツでほんのり甘さを加えた大人の通勤スタイルです。バッグとカーデに黒を入れてコーデを引き締めて。シャツ、パンツともにPierrotのもの。

夏:プリーツスカートで上品な爽やかさ

出典:WEAR

ユニクロのブルーグレーのスカートをメインにしたワントーンコーデは、夏らしい爽やかさを取り入れつつ上品なたたずまいに。ミモレ丈のプリーツスカートはジャケットとの相性もよく、大人のお仕事コーデにぴったり。

秋:シンプルコーデにスカーフでアクセントを

出典:WEAR

シンプルなコンサバコーデに、スカーフをアクセントにして秋のお仕事コーデに。スカーフとバッグを秋らしいカラーでリンクさせるのがポイント。スカーフはINEDのもの。

冬:グレンチェックでトラディショナルコーデ

https://wear.jp/wear10066/11014339/
出典:ZOZOTOWN

上品なVネックの赤ニットにグレンチェックのテーパードパンツを合わせた、トラディショナルな大人コーデ。ベージュのノーカラーコートを合わせて女性らしくまとめて。パンツはJOURNAL STANDARDのもの。

同窓会におすすめ!セミフォーマルコーデ

同窓会などセミフォーマルなシーンでのコーディネートは、露出を抑えた上品な華やかさを意識して。袖ありのワンピースや、アンサンブル、セットアップを選ぶのがおすすめです。

春:ノーカラージャケット×ワイドパンツ

https://wear.jp/aisanahiro/11792479/
出典:ZOZOTOWN

ライトグレーのノーカラージャケット×ワイドパンツのセットアップ。セットアップもワイドパンツならこなれた印象に。小物は爽やかに白系でまとめて。

夏:ブルーの袖ありワンピース

https://wear.jp/wear10056/11852049/
出典:ZOZOTOWN

ワンピースなら、無地の袖ありがおすすめ。TIENS ecouteの肩レースワンピースは、ほどよいデコルテの透け感で、シンプルながら女性らしいデザインになっています。靴やバッグもシンプルな黒で統一し、品良くまとめて。

秋:ツイードのノーカラーセットアップ

出典:WEAR

GRACE CLASSのツイードのセットアップは華やかで上品なので、セミフォーマルシーンにおすすめ。ノーカラーで女性らしく着こなすことができます。オレンジのインナーで抜け感をアップ!

冬:ブラックのオールインワン

出典:WEAR

シックなブラックのオールインワンにジャケットを重ねたスタイル。ウール素材のDRESSTERIORのオールインワンは、ほどよい光沢のある素材がきちんと感を演出。レースインナーやコサージュで華やかさをプラスして。

最後に、40代におすすめのファッションブランドと、そのブランドを取り入れた季節別のコーデ実例もご紹介します。

1:IENA(イエナ)

フレンチシックをベースにしたほどよいトレンド感のあるIENAは、40代女性にも着やすい洗練されたアイテムが揃います。トラッドなアイテムは、毎日の定番ワードローブにも取り入れやすいものばかりです。

春:シーズンレスで使えるサーキュラースカート

出典:WEAR

ウエストゴムで楽ちんに履けるサーキュラースカートは、ぺたんこ靴でもOKなマキシ丈。綿100%の軽やかな質感と、細かいギャザーによって腰回りがすっきり落ち着く上品なシルエットは、シーズンレスで活躍。

夏:ギンガムもタイトシルエットでこなれ感

出典:WEAR

子どもっぽくなりがちなギンガムチェックスカートも、広がりすぎないタイトなシルエットなら大人のこなれ感が。シンプルな白のトップスをインして、すっきりとした着こなしに。

秋:ゆるシルエットのカーキニット

出典:WEAR

ゆるシルエットのニットは、カーキを取り入れて抜け感を。カーキ×デニムの組み合わせも、Vネックと手首を出したほどよい肌見せで、女性らしく上品にきまります。華奢なアクセサリーとチェーンバッグで甘さもプラス。

冬:コートはシルエットのキレイさが決め手

https://wear.jp/yurimo0909/11504504/
出典:ZOZOTOWN

グレーのシンプルなコートはどんなコーデにも合う万能アイテム。イエローとグレーの組み合わせが洗練された大人の着こなしです。シルエットのきれいなコートは、40代の冬コーデを格上げしてくれること間違いなし。

2:Deuxieme Classe(ドゥーズィエムクラス)

40代にぴったりのモダンでミニマムなデザインが魅力のDeuxieme Classe。トレンドの要素を加えたベーシックなアイテムは、長く愛用できる上質なものばかりです。

春:人と差のつくボーダーカットソー

出典:WEAR

シンプルなボーダーとクロップドパンツのコーデも、Deuxieme ClasseのダブルボーダーTシャツならちょっと差のつく大人コーデに。全体を白が多めのモノトーンでまとめることで、上品さがアップします。

夏:大人の夏もショートパンツを

出典:WEAR

子どもっぽくなりがちなショートパンツも、上品な質感のものをモノトーンで取り入れて。トップスもシルエット重視でシンプルに。カゴバッグで夏のトレンドを加えれば、大人のショートパンツコーデの完成です。

秋:ワントーンコーデは素材感を変えて

出典:WEAR

Deuxieme Classeのニットとスカートを組み合わせたオールブラックコーデ。同色でも素材感を変えることで奥行きのあるコーデになります。シルバーの華奢なバングルで女性らしさをプラスして。

冬:ウールのリバーシブルコート

出典:WEAR

最高級のウールを使ったコートはネイビーとグレーのリバーシブル。襟を抜いて着るとこなれた印象になりますよ。メンズライクなシルエットに、ポインテッドトゥのパンプスで抜け感を加えて。

3:GRACE CONTINENTAL(グレースコンチネンタル)

オリジナルのドレッシーなアイテムが印象的なGRACE CONTINENTAL。40代のおしゃれを上品に格上げします。個性的な柄やデザインを大人っぽく取り入れて。

春:カービングバッグでコーデを格上げ

https://wear.jp/nari678/12350590/
出典:ZOZOTOWN

GRACE CONTINENTALの定番、カービングバッグ。シンプルなボーダーコーデもワンランク上のたたずまいに。メキシコの職人が手彫りで作るバッグは、使い込むほどにヴィンテージ感が増す、長く愛用したい名アイテム。

夏:スウェット×パールで大人カジュアル

出典:WEAR

スウェットカットソーも、パールがあしらわれたロゴ入りで大人カジュアルな装いに。タイトなレーススカートにフロントインした、人と差のつくミックスコーデです。

秋:柄物は一点投入でインパクトを

出典:WEAR

重厚感ある柄が印象的なジャガードスカートは、他のアイテムをシンプルな黒で統一してシックにまとめて。後ろの長いフィッシュテールスカートはウエストを細く見せ、歩くたびに優雅な女性らしさを演出します。

冬:ゴージャスなファー使いのコート

出典:WEAR

ファー使いが印象的なGRACE CONTINENTALのピーコート。袖口と裾の贅沢なファーが目を引くコートは、デニムコーデも一気にゴージャスに!レオパード柄のクラッチバッグとも絶妙にマッチしています。

40代におすすめのコーデ実例44選をご紹介しました。40代はこれまでとは違ったオシャレを楽しめるようになる年齢。大人だからこそ味わえる上品さや魅力を存分に堪能して、素敵なファッションコーデを見つけてくださいね。

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

ビューティーの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

ビューティーの新着記事も見てね

AND MORE

ビューティーの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP