1. トップ
  2. ビューティー
  3. 40代の小柄さんにおすすめ!ワイドパンツ着こなしテク

40代の小柄さんにおすすめ!ワイドパンツ着こなしテク

2018/10/26【 ビューティー 】

CONTENTS

小柄だからと、ゆったりしたシルエットのワイドパンツに苦手意識を持っていませんか?小柄さんでも着こなし次第ですっきりしたコーデが可能です!40代の小柄な方向け、ワイドパンツの着こなしテクをご紹介します。

トップスはフロントインですっきり見せ

タイトなトップスはもちろん、ゆったりめのトップスもフロントインすることで、上半身をコンパクトに見せすっきりした印象に。さらにバッグなどの小物もコンパクトにすると、コーデ全体が引き締まります。

フロントインでゆったりニットをコンパクトに

出典:ZOZOTOWN

ゆったりめのニットはパンツにフロントインし、上半身をコンパクトにするとバランス◎。足元はスニーカーでカジュアルに仕上げ、ブラウンのスクエアバッグでアクセントをプラスして。チェックのワイドパンツはGUのもの。

ウエストインしてベルトを強調

出典:WEAR

GUのベルト付きハイウエストワイドパンツに、ハイネックのプルオーバーを合わせたコーデ。ウエストインしてベルトを強調すると、上半身がコンパクトな印象に。スニーカーとファーバッグで大人カジュアルにまとめて。

ボルドーのVネックニットですっきり

出典:WEAR

ボルドーのVネックニットをTOMORROWLANDのチェックワイドパンツにフロントイン。手首を出すことで抜け感も加わり、上半身がすっきり見えます。小物は黒で統一すると、引き締め効果アップ!

ベルトでウエストマークしてバランス

ゆったりしたワイドパンツコーデも、ベルトを巻くことで腰高に見え、メリハリあるスタイルに。サッシュベルトなどをアクセントにすると、コーデ全体のバランスを取りながら、トレンド感もプラスされますよ。

サッシュベルトですっきり見え

出典:WEAR

カーキのオーバーサイズシャツにMM6のデニムワイドパンツを合わせ、サッシュベルトを巻いたトレンドスタイル。ベルトがアクセントになり、全体がすっきり見えるコーデに。ベレー帽とリングハンドルバッグで、女性らしさもプラスして。

シャツワンピースのベルトを使う

出典:ZOZOTOWN

黒のトップスとワイドパンツを合わせ、羽織ったシャツワンピースのベルトをオン。トーンが合い、こなれ感のある大人カジュアルコーデに。バッグもカラーリングを合わせて一体感を出して。ワイドパンツはCOCAのもの。

ゆったりニットにベルトでメリハリ

出典:WEAR

カーキのワイドパンツにバルーンスリーブのゆったりしたニットを合わせ、ベルトでメリハリをつけた大人コーデ。コロンとしたフォルムのバッグで柔らかくまとめて。パンツはBEAUTY&YOUTH UNITED ARROWSのもの。

上半身にアイキャッチをもってくる

上半身に印象的なアイテムをもってくることで、自然と目線が上にあがりスタイルを良く見せてくれる効果が。トップスの柄やディテール、小物使いでおしゃれに取り入れて。

ギャザーたっぷりのモードなブラウス

出典:WEAR

Leeのデニムワイドパンツに合わせたのは、たっぷりギャザーが印象的なベージュのブラウス。バッグと靴は黒でシンプルにまとめ、目線をブラウスに集中させて。

ストールを巻いて顔周りにアクセントを

出典:ZOZOTOWN

ANATOMICAのゆったりシルエットのデニムパンツに、黒とグレーのアイテムを合わせシックなコーデに。黒のカーディガンの上に明るめのグレーのストールを巻くことで、ストールが引き立ち目線を上げるポイントに。

ロゴスウェットなら取り入れやすい

出典:ZOZOTOWN

シンプルなロゴスウェットは、大人の女性でも取り入れやすいアイテム。KIFFEのタック入りワイドパンツにローファーとチェックのトートバッグを合わせて、きちんとスタイルをちょっとハズした大人カジュアルなコーデに。

40代の小柄さんにおすすめなワイドパンツの着こなしをご紹介しました。今やワードローブの定番になったワイドパンツ。シルエットやディテールにこだわって、自分に合ったおしゃれな着こなし方を見つけてみてくださいね。

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

ビューティーの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

ビューティーの新着記事も見てね

AND MORE

ビューティーの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP