1. トップ
  2. ビューティー
  3. ちょっと差がつく!新・レギンス使いこなしコーデ

ちょっと差がつく!新・レギンス使いこなしコーデ

2019/01/04【 ビューティー 】

CONTENTS

再トレンドの波から、まだまだ人気の続くレギンス。デザインや素材はもちろん、シルエットや着こなしアレンジの幅も広がっています。トレンド感を取り入れつつも、大人っぽく見せる新しいレギンスコーデをチェックしましょう。

レギンスをパンツ感覚で履きこなす

レギンスを1枚で着るなんて、少し恥ずかしい…と感じている人もいるのでは?素材感やディテールによって、パンツ感覚で履けるレギンスパンツを取り入れてはいかがでしょうか。

安心感のあるコーデュロイレギンス

出典:ZOZOTOWN

Spick & Spanのコーデュロイ素材のレギンスは、ほどよいゆったり感でパンツ見えするデザイン。腰回りまでカバーするオーバーサイズのニットと合わせて、マニッシュなコーデに仕上げて。

ラインいりレギンスで都会派アスレジャー

出典:WEAR

サイドラインがスポーティなcopineのレギンスに、ビックシルエットのニットとスニーカーを合わせたアスレジャーコーデ。黒のハットできれいめな印象をプラスして。

スキニーパンツ感覚のレギンス

出典:WEAR

ユニクロのレギンスは、スキニーパンツのように履けるデザインとシルエットが魅力です。こっくりとしたブラウンは、冬コーデにもぴったり。タートルニットにデニムジャケットを抜きえりで羽織り、旬の着こなしに。

白レギンスでメリハリをつけて

今年とくに人気が出ている、白系のレギンス。コーデになじませるように取り入れると履きやすいですが、これからは「メリハリ」を意識して、配色で差をつけてみませんか?

ブルー×ホワイトで品のあるスタイル

出典:ZOZOTOWN

ハイネックのゆったりニットワンピースは、上品なブルーをチョイス。KOBE LETTUCEのシンプルな白レギンスをプラスして、リラックスしたデイリーコーデに。黒のローファーでコーデをひきしめると◎。

ネイビーと合わせて清潔感

出典:ZOZOTOWN

カジュアルなDEPTのレギンスパンツに、ネイビーのシャツワンピースを羽織ったスタイル。スニーカーは白を選んで、レギンスと色をつなげるのがポイントです。清潔感のある配色が、カジュアルコーデを大人っぽく見せてくれます。

レギンスでこなれさせるオールブラウンコーデ

着るだけで今っぽさが出ると人気のブラウンを、レギンスでも取り入れてみましょう!オールブラウンコーデにレギンスをプラスすれば、トレンドライクな大人の着こなしが叶います。

同素材でこなれた大人コーデ

出典:ZOZOTOWN

フェミニンなVネックのニットワンピースに、同素材のレギンスを合わせたコーデ。深めのスリットが、足元に抜け感を加えます。インパクトのあるバッグをアクセントに。ワンピ・レギンスともにJOURNAL STANDARD relumeのもの。

ブラウン×ベージュで女性らしく

出典:ZOZOTOWN

カットソーワンピースに、ブラウンのレギンスをレイヤード。ベージュのブルゾンと色を合わせたシューズで、女性らしい柔らかな色合いにまとめて。レギンスはMARLENE JOBERTのもの。

取り入れるだけで旬の着こなしが叶うレギンス。これまでとはちょっと違うコーデにトライして、ワンランク上の大人スタイルに仕上げてみましょう。40代のワードローブの幅を広げるレギンスを、ぜひ試してみてくださいね。

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

ビューティーの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

ビューティーの新着記事も見てね

AND MORE

ビューティーの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP