1. トップ
  2. ビューティー
  3. 寒さ対策に!アウターの下もユニクロ・GUにおまかせ

寒さ対策に!アウターの下もユニクロ・GUにおまかせ

2019/01/09【 ビューティー 】

CONTENTS

「おしゃれは我慢」と言うけれど、女性に冷えは禁物。コートの下に着る、おしゃれを兼ねた防寒スタイルを取り入れてみませんか?真冬におすすめの、ユニクロ・GUアイテムを使った防寒レイヤードコーデのご紹介です。

ユニクロのダウンジャケットをイン

ユニクロのダウンジャケットは、薄手なのに保温効果も◎。いつものコートの下に、防寒対策としてプラスするのにピッタリのアイテムです。

ダウン×ニットガウン

出典:ZOZOTOWN

ニットのマキシガウンの下にダウンジャケットを着こめば、冬らしい暖かみのあるコーデに。ロングカーディガンだけだと肌寒い真冬にも、インナーのダウンジャケットがしっかり防寒してくれます。

アウターと色を合わせて統一感を出す

出典:WEAR

ダウンジャケットの色をアウターと合わせることで、コーデに統一感が出ます。グレーで統一すると、上質な大人のおしゃれに。小物はブラックでまとめるのが◎。

コンパクトなジャケットのインナーとして

出典:WEAR

パーカ×ダウンジャケット×ミリタリージャケット!コンパクトなジャケットの重ね着なら、こんなに着こんでも着太りしません。スキニーパンツにボリューム感のあるブーティを合わせ、バランスのとれたコーデに。

ユニクロ・GUのパーカをイン

アウター下にさりげなくパーカを着こむことで、真冬にピッタリな「あったかコーデ」になります。シンプルな大人カジュアルに、遊び心もプラスできますよ。

チェスターコートにかわいさをプラス

出典:WEAR

ブラウンのチェスターコートに、GUのグレーパーカをイン。マニッシュな印象のチェスターコートに、パーカとニット帽で遊び心をプラス。小物はブラックでまとめ、全体をかっこよく決めて統一感を出して。

シックな大人カジュアルにも好相性

出典:ZOZOTOWN

モノトーンでまとめた大人のカジュアルスタイルに、ユニクロのパーカをレイヤード。トレンドアイテムのかごバックや、おしゃれメガネなど小物使いにもこだわって、こなれ感ただよう大人の休日コーデに。

トレンチ×パーカで防寒ガーリースタイル

出典:WEAR

トレンチコートの下に、ユニクロのパーカをイン。トレンチコートだけではまだ寒い季節にぴったりのテクニックです。スポーティーなスカートを合わせ、女性らしいカジュアル感もプラスして。足元はタイツ×ブーツでも◎。

ユニクロ・GUのデニムジャケットをイン

春に大活躍するデニムジャケットを、一足早くコートの下に着こんで寒さ対策してはいかがでしょう。暖かくなればコートを脱いで使える、一石二鳥アイテムです。

デニムはブラウンカラーと相性ばつぐん

出典:ZOZOTOWN

チェスターコートの中に、GUのデニムジャケットをインしたトレンドスタイル。ブラウンのコートからチラ見えするデニムが、こなれ感を演出。コートを脱げば、そのまま春に着られるカジュアルコーデになりますよ。

きれいめカジュアルにもOK!

出典:WEAR

シンプルなグレーのチェスターコートに、GUのデニムジャケットをインしてアクセントをプラス。コンパクトなつくりのデニムジャケットは、薄手のコートを羽織ってもごわつきません。濃いブルーのカラーコントラストで着やせ効果も♪

流行りのコーディガンのインナーとしても

出典:WEAR

コーディガンの下にユニクロのデニムジャケットを重ね、フェミニンさのある大人カジュアルスタイルに。丈の違うアウターの重ね着は、1枚で着るよりおしゃれな印象を与えます。落ち着いた色味の着こなしで、大人っぽくまとめて。

季節の変わり目にアウターとして着ているアイテムを、コート下に着こむことで真冬の防寒アイテムとして再活用できます。脱ぎ着できるので、屋外と室内の温度差にも対応できておすすめですよ。この冬はぜひトライしてみてくださいね。

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

ビューティーの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

ビューティーの新着記事も見てね

AND MORE

ビューティーの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP