脱・着ぶくれ!40代のためのベージュコーデ

2019/03/29

大人っぽい色味が魅力のベージュ。けれど、少し着ぶくれして見えてしまいそう……と不安に感じるかたも多いのでは?今回は40代におすすめの、すっきりスタイルアップして見えるベージュコーデをご紹介いたします。

技ありトップスですっきり上半身

上半身をすっきり見せるには、鎖骨や肩のラインなど骨格を意識したデザインを選ぶのがおすすめ。わずかな違いでも効果は大きいですよ。

Vネックでデコルテを強調

出典:ZOZOTOWN

Kastaneのカーディガンをトップス風に着こなしたコーデ。ざっくりと開いたえりからデコルテが見え、ほっそりとした印象になっています。インナーのレースをえりと袖からチラ見せすると、より女性らしい雰囲気に。

ドロップショルダーで華奢見え

出典:ZOZOTOWN

肩の落ちたデザインのドロップショルダーは、肩幅を華奢に見せてくれます。袖にふくらみがあって、まくったときにニュアンスが出るものを選べば二の腕もカバーできますね。Vネックプルオーバーはapart by lowrysのもの。

こだわりボトムスでスタイルアップ!

腰まわりや太ももが着ぶくれしがちなベージュのボトムスは、シルエットにこだわって選んでみましょう。トップスとのバランスも注意して。

ワイドパンツで脚長効果

出典:ZOZOTOWN

体のラインをカバーしてくれるワイドパンツは、ハイウエストのものがおすすめです。パッと目を引く赤いボーダーのトップスが視線をあげ、脚長効果がさらにプラスされます。ワイドパンツはclassicalelfのもの。

テーパードパンツで細見え

出典:ZOZOTOWN

フロントのタックが腰まわりをカバーしてくれるgreen label relaxingのテーパードパンツに、ブラウンのカーディガンを合わせてメリハリをきかせたコーデ。小物を黒で統一するとより引きしまった印象に。

ロングスカート×ショート丈カーデ

出典:WEAR

フロントタックが美しいAラインをつくりながら下半身をカバーするSpick & Spanのロングスカートには、ショート丈のカーディガンが好相性。上半身をコンパクトにまとめ、ボリュームのあるスカートとのバランスを意識しましょう。

ワントーンコーデは着こなしにひと工夫

着ぶくれして見えがちなベージュのワントーンコーデはレイヤードやウエストマークなど、着こなし方を工夫しましょう。コーデが引きしまり、ぐっとあか抜けた印象に。

ワンピース×花柄スカート

出典:ZOZOTOWN

シンプルなベージュのロングワンピースには、花柄のロングスカートをレイヤードするのがおすすめです。すそからのぞく花柄がアクセントになり、コーデに立体感が生まれます。ワンピースはCIAOPANIC TYPYのもの。

ゆったりシャツ×ウエストマーク

出典:WEAR

ネックラインが広めに開いたAnother Editionのシャツは、付属のベルトでウエストマークをつくり、女性らしいボディラインを強調。足首にゆとりのあるリブスパッツを合わせ、ほどよい抜け感を演出して。

着ぶくれしがちなベージュも、シルエットや着こなし方のポイントをおさえればすっきりとした印象になります。柔らかな大人の女性の雰囲気にぴったりのベージュコーデをマスターして、おしゃれを楽しんでみてくださいね。

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND