GUのキャップコーデなら、40代でもトレンドのスポーティミックスが簡単に決まる!

2019/07/17

毎日のコーディネートに欠かせないGU。じつは小物もすごいんです!とくに注目したいのがキャップ。トレンドのスポーティミックスが簡単にできる、便利アイテムなんです。大人が使えるGUのキャップコーデをご紹介します。

黒のキャップコーデ

ベーシックカラーの黒は手に取りやすい人も多いのでは?髪の毛の色にも近く、なじませて使えるので、キャップ初心者の人にもオススメです。

黒とカーキの辛口コーデ

出典:WEAR

キャップと服の色味を合わせると、全体的に統一感が出てこなれ感がアップ。黒いスカートに黒いキャップをあわせて、さらにサングラスも黒でまとめれば、簡単にキャップコーデが完成します。

全体を黒のワントーンで

出典:WEAR

ワンピースにキャップをプラスしたスポーツミックスコーデ。全身黒い色味で合わせるときは、どこかで抜け感を出すのがポイント。レオパード柄の白がアクセントになっています。

あえて淡い色味にたしてみる

出典:WEAR

ベージュや白などの淡い色味の引き締め役として、黒を使うのもオススメ。キャップとスニーカー、バッグの3ヵ所に黒を使うことで、コーデ全体にまとまりが出ます。

白のキャップコーデ

白はどんな色味とも合わせやすい万能カラー。さらに顔まわりに持ってくることで、レフ板効果があり、顔色がくすみやすい大人にこそオススメなんです。

いつものボーダースタイルにプラスするだけ

出典:ZOZOTOWN

いつものボーダーとデニムスタイルにマンネリしてきたら、白いキャップをプラスしてみて。スポーティな雰囲気が加わって、いつもと違った印象に大変身します。

ダークな色味を明るくまとめる

出典:ZOZOTOWN

全身暗い色味のときは、白の出番です。キャップをかぶるだけで、ぱっと明るい印象になり、どんなコーデも垢ぬけて見えます。スニーカーのソールなど、小さい面積でさらに白をプラスすると◎。

淡いトーンとつなげておしゃれ上級者

出典:WEAR

ベージュやくすみピンクなど、淡いニュアンスカラーとも上手になじんでくれる白。キャップやスニーカー、スウェットからチラ見せしたカットソーなど、グラデーションをつくるイメージで白を細部に散りばめて。

ベージュのキャップコーデ

黒や白に慣れてきたら、チャレンジしたいのがベージュ。流行のベージュ~ブラウントーンのコーデにマッチして、おしゃれ度がぐんと上がります。

ベージュと白の2色でつくるカジュアルコーデ

出典:ZOZOTOWN

幼くなりがちなサロペットは、色味にこだわるのがカギ。ベージュと白の2色にしぼると、ぐっと洗練された印象に仕上がります。スポーティなキャップも、ベージュなら大人っぽさが演出できます。

ベージュ~ブラウンのグラデーションコーデ

出典:ZOZOTOWN

トレンドライクなのベージュ~ブラウンのグラデーションコーデ。ベージュのキャップから、少しずつ濃度の違う色味を重ねることで、着こなしに奥行きが生まれます。

ベーシックカラーでまとめた大人カジュアル

出典:WEAR

スキニーパンツにスニーカーと、カジュアル要素が強いときは、色味をベーシックカラーでまとめてみて。子どもっぽくならず、大人ならではのこなれ感を演出できます。キャップも素材感にこだわれば、遊び心が出て◎。

ほんの少しプラスするだけで、印象に変化をつけられるのが小物の魅力です。プチプラなGUなら、チャレンジしやすいのもうれしいですね。いつものコーデにマンネリしてきたら、GUのキャップがオススメですよ!

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND