上品さを引き立てる!大人のおすすめローファーコーデ30選

2019/11/22

学生が履いている印象が強いローファー。じつは、大人コーデの上品さを引き立てる優秀アイテムでもあります。パンツにもスカートにもあうため、1足持っておけばワードローブの幅が広がりますよ。今回は、ローファーを使った大人コーデをご紹介します。

ローファーのおすすめブランド1:select MOCA

クラシカルなビット金具つきで大人っぽい印象を演出するselect MOCAのローファー。シンプルコーデにあわせて、落ち着いたスタイルに仕上げましょう。

キャメルで上品なメリハリコーデ

出典:ZOZOTOWN

ベイカーパンツ×テーラードジャケットのおじコーデに、キャメルのローファーで上品さをプラス。重めのカラーに明るいキャメルを合わせることで、メリハリあるスタイルに仕上がります。

ブラウンアイテムでワンカラーコーデに

出典:ZOZOTOWN

キャメルのローファーは、ブラウンのワンカラーコーデにあわせても◎。ローファーがブラウンコーデのガーリーさを引き立てます。レオパード柄バッグでアクセントをプラスし、トレンドライクに仕上げましょう。

デニムコーデをクラシカルに

出典:ZOZOTOWN

ざっくりニットとスキニーパンツのカジュアルコーデも、ビットローファーをあわせるとクラシカルな印象に。黒のローファーならきちんと感が演出でき、大人っぽく着こなせます。

ローファーのおすすめブランド2:LOWRYS FARM

シンプルで定番デザインのLOWRYS FARMのローファー。ベーシックでどんなコーデにもあわせやすいので、1足あるとマルチに活躍するはずですよ。

白のワントーンコーデをきれいめに仕上げる

出典:ZOZOTOWN

白のワントーンコーデは、黒のローファーで引き締めて。アクセサリーをシルバーで統一すれば、スタイリッシュなコーデが完成します。ラフなスウェットコーデも、モノクロでまとめればきれいめに仕上がりますよ。

黒の小物で統一感のある上品コーデ

出典:ZOZOTOWN

白ニット×コーデュロイパンツのシーズンライクなコーデに、黒ローファーで上品さをプラス。スカーフや帽子も黒でそろえて、統一感を出しましょう。グリーンのエナメルバッグで差し色を加え、こなれた印象に。

フェミニンコーデにマニッシュさをプラス

出典:ZOZOTOWN

白ニットと柄スカートでフェミニンにまとめたコーデに、ビットローファーとダウンジャケットでマニッシュ感をプラス。きれいめなローファーとカジュアルなアウターで、大人のミックススタイルが完成。

ローファーのおすすめブランド3:ZARA・H&M

スタイリッシュでクールなデザインのZARA・H&Mのローファー。カジュアルスタイルを引き締め、モードな雰囲気に格上げしてくれます。

ZARA:マニッシュなローファーで花柄も大人っぽく

出典:WEAR

花柄スカートも、ZARAのマニッシュなローファーをあわせれば大人っぽく着こなせます。ブラウンのカーディガンで落ち着いた雰囲気に仕上げたら、ファーバッグで季節感をアップさせましょう。

ZARA:カジュアルコーデをきちんとまとめる

出典:WEAR

ニットカーディガン×デニムのカジュアルスタイルに、ZARAのローファーできちんと感をプラス。首元にスカーフを巻いて、より上品に仕上げましょう。ニットはフロントインしてトレンドライクに着こなして。

H&M:辛口なパイソン柄でアクセントをプラス

出典:WEAR

ゆったりニットにフレアスカートのリラクシーコーデに、H&Mのパイソン柄ローファーでアクセントをプラス。辛口な印象をあたえるパイソン柄が、シンプルコーデをぐっとクラスアップしてくれます。

H&M:ワントーンを引き締めメリハリを

出典:WEAR

ブラウンのワントーンコーデに、H&Mの黒ローファーをあわせてメリハリあるスタイルに。スカーフや白ソックスでレトロクラシカルな雰囲気を演出し、ちょっぴり差のつく着こなしに仕上げて。

ローファーのおすすめオフィスコーデ

ローファーはヒールが低いため歩きやすく、オフィスコーデのきちんと感を引き立てる名アイテム。トレンドのデザインならかっちりしすぎないため、重すぎないオフィスカジュアルがつくれます。

きちんとコーデにアクセントをプラス

出典:WEAR

ジャケットにきれいめパンツのきちんとコーデを、Odette e Odileのローファーで辛口に仕上げて。存在感ある大きなベルトがアクセントになります。ジャケットはチェック柄を選び、こなれた通勤スタイルに。

きれいめコーデをほどよくカジュアルダウン

出典:ZOZOTOWN

HARUTAのローファーは、丸いフォルムがやわらかみを演出し、カジュアルな印象を与えます。黒ニット×キャメルスカートの王道大人コーデにあわせて、気取りすぎないきれいめスタイルを完成させて。

シンプルコーデにさりげない女性らしさを

出典:WEAR

Le Talonのローファーは、シンプルながらもデザインの効いたビット金具がおしゃれなアイテム。アンクルパンツで足首を見せれば、さりげないフェミニンさが演出できます。チェック柄ジャケットできれいめに着こなして。

ブラウンでレトロライクな雰囲気に

出典:ZOZOTOWN

ジャケットにタイトスカートのきちんとコーデに、JOURNAL STANDARDのブラウンのローファーでレトロ感をプラス。存在感のあるブラウンは、シンプルコーデの格上げにもぴったり。

くすみカラーでこなれたオフィスカジュアル

出典:ZOZOTOWN

グレー×ピンクのくすみカラーでまとめたコーデは、黒のローファーで引き締めてきちんとした印象に。ビットつきならほどよいアクセントが加わり、かっちり感が演出できますよ。ローファーはGUのもの。

ローファーのおすすめスカートコーデ

きちんとした印象を与えるローファーは、スカートコーデを甘さ控えめに仕上げます。フェミニンコーデを大人っぽくまとめたいなら、足元はローファーを選びましょう。

フェミニンコーデの甘さを抑える

出典:ZOZOTOWN

グリーンのニット×ブラウンのプリーツスカートのフェミニンコーデを、FREAK'S STOREのローファーで甘さ控えめに。マニッシュ感を演出するローファーがコーデを引き締め、大人っぽく仕上げてくれます。

ファーアイテムとあわせてトレンドライクに

出典:WEAR

GRLのファーつきローファーは、履くだけでインパクトの出るアイテム。ガーリーなファーバッグをあわせて、シーズンムードを高める着こなしに。存在感のあるファーアイテムも、シンプルコーデなら上品にまとまります。

ローファーとスカーフでメリハリをつけて

出典:ZOZOTOWN

トレンドライクなブラウンコーデを、MAJESTIC LEGONの黒ローファーで引き締めて。ミリタリージャケットの上からスカーフでウエストマークすることで、メリハリの効いたこなれスタイルに仕上がります。

ラフになりすぎない大人カジュアル

出典:ZOZOTOWN

ネイビーのAラインスカートは、SLOBE IENAの黒ローファーで清潔感の高い着こなしに。オーバーサイズのチェックシャツをラフに羽織って、大人の余裕ただようきれいめカジュアルに仕上げましょう。

フェミニンコーデに大人っぽいきちんと感

出典:ZOZOTOWN

ドット柄ブラウスにプリーツスカートをあわせたフェミニンコーデに、GUのローファーで大人っぽさをプラス。ブラウンのカーディガンでやさしい印象にまとめたら、黒のローファーできちんと感を引き上げて。

ローファーのおすすめパンツコーデ

ローファーは、パンツスタイルにあわせるとより上品な印象に。ジャケットを羽織ってとことんマニッシュに決めるのも、ニットをあわせてリラクシーに着こなすのもおすすめです。

パープルとあわせて女性らしい高見えコーデに

出典:ZOZOTOWN

Finのビットローファーは上品な色味で高見え効果抜群。ブラウンのローファーにレッド系パンツをなじませると、女性らしさがアップします。ボトムスをすっきりまとめたら上半身はニットカーデでボリュームを出し、バランスを整えて。

トラッドな雰囲気のきれいめコーデ

出典:ZOZOTOWN

SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCHのローファーは、すっきりシルエットで足元を美しくみせます。ブラウン系でまとめた大人コーデを、ローファーとジャケットでトラッドな雰囲気にまとめて。

カジュアルスタイルを大人っぽく

出典:ZOZOTOWN

ニット×淡色パンツのカジュアルスタイルも、GUのローファーをあわせればぐっと落ち着いた印象に。淡色アイテムにはブラウンでなじませると、大人っぽく着こなせます。レオパード柄バッグでアクセントをプラスして。

マニッシュスタイルにぴったりマッチ

出典:ZOZOTOWN

チェック柄ジャケット×パンツのマニッシュコーデには、シンプルなローファーが好相性。足首を見せて、ブラウン×ネイビーの大人コーデに抜け感をプラスしましょう。ローファーはOdette e Odileのもの。

ベージュとカジュアルアイテムで大人リラックスに

出典:ZOZOTOWN

SLOBE IENAのベージュローファーはリラクシーな雰囲気を演出します。カジュアルなゆったりタートルネックニットとチェック柄マフラーをあわせて、やわらかい大人スタイルを完成させて。

ローファーのおすすめワンピースコーデ

ローファーは、フェミニンなワンピースコーデを大人っぽく仕上げます。ほどよいかっちり感が加わるため、カジュアルな着こなしも品よく着こなせますよ。

マニッシュに仕上げて上級者スタイル

出典:ZOZOTOWN

カジュアルなワッフルワンピ×パンツのグラデコーデは、ローファーでマニッシュに仕上げるのが上級者。大ぶりピアスで女性らしさもキープして。ローファーはSENSE OF PLACE by URBAN RESEARCHのもの。

シャツワンピースできれいめスタイル

出典:ZOZOTOWN

トレンドライクなビッグシルエットのシャツワンピースは、シンプルなビットローファーで足元をすっきりさせて。全体をダークトーンでまとめることで、落ち着いた印象になります。ローファーはDaniele Leporiのもの。

フェミニンワンピースも大人っぽく

出典:ZOZOTOWN

フェミニンなドット柄ワンピースは、黒のローファーで大人っぽく仕上げて。アクセサリーは控えてシンプルにまとめ、ファーバッグで上品なアクセントをプラスしましょう。ローファーはSLOBE IENAのもの。

ラフなコーデを品よくまとめる

出典:ZOZOTOWN

リラックス感のあるロング丈フーディワンピには、スニーカーのかわりにローファーをあわせてみましょう。コーデが品よくまとまり、ラフになりすぎません。ローファーはURBAN RESEARCH Sonny Labelのもの。

個性派コーデもフォーマルに

出典:ZOZOTOWN

パープルのニットワンピースとレオパード柄バッグの個性派スタイルに、Green Parksのタッセルローファーできちんと感をプラス。グレーの靴下で露出をカバーし、落ち着いた印象に仕上げましょう。

ローファーは色やデザインの違いで、がらっと印象が変わります。色違いでそろえておき、コーデによって使い分けるのもおすすめです。ローファーをデイリーに取り入れて、大人のきれいめコーデをもっと楽しみましょう!

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND