目の錯覚を利用したメイク!?小顔に見せる簡単メイクテク

2020/04/18

「顔の大きさは変えられないものの、メイクで小さく見せることはできます」と話すのは、ヘアメイクアップアーティストの榊美奈子さん。各パーツ別、小顔メイク術を伝授してくれました。

なぜ顔が大きく見えるのか?

だれしも少しでも小顔に見られたいですよね。だけど残念ながら、年齢とともに顔もたるんでくるため、次第に四角いベース型になり、大きく見えてしまうんです。大きさを変えることはできませんが、メイクによって目の錯覚を起こして小顔に見せることはできますよ!各パーツ別にどのようなメイクをすれば良いのか、さっそくお伝えしていきます。

ハイライトで立体的に!

顔周りにシェーディングをすると、たしかに顔は小さく見えるようになります。だけど、どれくらい入れるのか意外とむずかしいですよね。そんなとき、簡単にできるのがハイライトです。

目周り、Tゾーン、顎の下に入れてあげましょう。日本人は平たい顔のかたが多いので、ハイライトによって平面から立体的にしてあげることで引き締まって見えますよ。

ファンデーションの色味に気をつける!

ファンデーションの色が白すぎると、顔と首との色が違ってしまい、顔だけお面のようになって大きく見えてしまいます。色味には気をつけてね。

チークを入れる!

顔のなかでも、とくに頬の肌色の面積が広いと、顔が大きく見えてしまいます。チークをふんわりと入れることで、肌色に見える面積を小さくしましょう。

アイメイクは目の下も大切!

女性アイの黒い長いまつげと化粧ブラシ
ValuaVitaly/gettyimages

目の上部分をしっかりメイクするかたは多いと思います。だけど顔の大きさを左右するのは、目の下なんです。目の下がボンヤリしていると、先ほど言った頬の肌色の面積が広くなってしまいます。目尻にブラウンのアイシャドウを入れるだけでも随分引き締まりますよ。下まつ毛にマスカラをつけるのも忘れずに!

ただし、目の下をボンヤリさせないように…と、黒のラインで目を囲んでしまうのはNGです。かえって目が小さく見えてしまいます。

リップは大きく描く!

美しい豪華な若い女性の裸の赤い唇にリップ ライナーを適用するを閉じます。クローズ アップ ショット、彼女の唇に口紅を置く女性の化粧品を作る。
Wand_Prapan/gettyimages

上唇を薄く描いていませんか?口を小さく描いてしまうと、顔が大きく見えてしまいますよ。パーツは大きい方が肌色の面積が目立たなくなるので、口もある程度大きく描きましょう。ラインをきちんと描くだけでも顎が引き締まって見えますよ。

小顔に見せるための、パーツ別メイク術。どれも簡単にできるものばかりなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

教えてくれたのは・・・

榊美奈子さん

ヘアメイクアップアーティスト。1967年東京生まれ。4年半の美容室勤務の後、沢田哲哉氏に師事。30歳で独立し、現在に至る。スチールを中心に女性誌、広告で幅広く活躍。不定期でメイクレッスンも開催。



取材・文/岸沙織

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND