"1年で23kg痩せた主婦"が普段の食生活で気をつけている4つのこと

2020/04/17

ダイエットプロフェッショナルアドバイザー兼サンキュ!STYLEライターのYUMIEです。

私は過去に約1年間で-23kgのダイエットを行いました。この経験を活かしたいと思い、サンキュ!の公式ブロガーでダイエットブログを書かせていただいていました。誌面に掲載していただいたことが自信につながり、ダイエット検定生活アドバイザー・プロフェッショナルアドバイザーまで取得することができました。

今回はダイエットに成功した、私の食生活で気をつけていることを4つご紹介します。

ポイント1:朝食の抜くのはNG!

これは私がいつも食べている朝食のお供です。すべては写真に入らなかったので一部だけですが、基本はお米とお味噌汁。それに梅干しや塩こんぶや納豆など好きなものを乗せて食べています。とてもお腹がすいているときは、サラダ・卵焼き・ハムエッグなどをつくります。

「朝食」を抜くのはダイエットにはおすすめしません!私の体験談ですが、朝食が食べられずに抜いてしまうということは、夜遅くに何か食べているということです。今でも夜ごはんは少なめに消化の良いものを食べ、なるべく目覚めたときにお腹がすいている状態にするようにしています。

ポイント2:間食は不足しがちな栄養素を意識して

私は朝食後から昼食前はとくにお腹がすくので、間食は果物や「鉄分」「カルシウム」など栄養がとれるものを食べています。

ポイント3:晩ごはんは軽めに!

〆のラーメンが大好きな私でしたが、今では晩ごはんの麺はちゃんぽんです。たくさん食べたつもりでも、腹八分になるようにスープがついているあたたかいものをメインに食べています。寒い日に限らず、お野菜をたっぷり入れたお鍋もつくっています。ただし、翌朝顔やからだがむくむので、スープはすべて飲まないようにしています。

ちなみに、こちらのちゃんぽんには1/3日分のお野菜が入っています。晩ごはんは1日の中で一番お腹がすいていないので、手軽につくれてお野菜がとれるものにしています。滅多にありませんが、さらにお腹がすいていたら、サラダや枝豆、とうもろこしなどを食べています。

ポイント4:22時以降は食べない!

晩ごはんを食べた12時間後に朝食をとるようにしたいので、22時以降は食べないようにしています。食後12時間も経つとお腹がペコペコになるので、朝食がおいしく感じられるからです。胃腸炎がなかなか治らなかった経験から、胃腸のためにも空腹を大事にするように気をつけています。

おわりに

今回はダイエットに成功して、体型をキープしている食生活で意識している4つのことをご紹介しました。朝食も抜かずしっかり食べていますし、栄養バランスを考えながら間食もしています。参考になればうれしいです。

◇この記事を書いたのは・・・YUMIE
ダイエットプロフェッショナルアドバイザー。-23kgダイエットを行うなど、ダイエットとやりくりが好きな1児のママです。

※ご紹介した内容は個人の感想です。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND