1. トップ
  2. 家事
  3. たっきーママさんの<中国風塩レモンチキンべんとう>レシピ動画

たっきーママさんの<中国風塩レモンチキンべんとう>レシピ動画

2018/09/30【 家事 】


塩レモンでさっぱりこくうま!「中国風塩レモンチキン」と副菜「スナップえんどうの卵とじ」のレシピをご紹介します。

たっきーママさんの「中国風塩レモンチキン」

【材料 1人分】
■中国風塩レモンチキン
鶏もも肉(一口大に切り、塩、こしょう各適量をふる) 1枚
(A)ごま油     大さじ2
(A)レモンの絞り汁 小さじ1
(A)顆粒鶏ガラスープの素 小さじ1/2
(A)塩          ふたつまみ
(A)粗挽き黒こしょう   ふたつまみ

■スナップえんどうの卵とじ
スナップえんどう(筋を取る) 4本
(B)溶き卵       1個分
(B)めんつゆ〈3倍濃縮〉 小さじ1/2

[ お料理を始める前に ]
・気温の高い時季は、おべんとうがいたみやすいので注意してください。
気温25℃以上の日は生野菜を避け、卵や練りもの、肉・魚類にきちんと火を通すことをおすすめします。
・汁けが多いおべんとうおかずは、汁けを充分にきってからおべんとう箱に詰めてください。
また削り節など汁けを吸う食材とともに詰めるのもおすすめです。
・調理時間は目安です。さます時間などは、調理時間には含みません。
・鶏肉は大きさによって加熱時間が変わるので、中までしっかり火が通っているかご確認ください。

【作り方】
1.フライパンにサラダ油適量(材料外)を中火で熱し、鶏肉、スナップえんどうを2分ほど焼く。鶏肉に焼き色がついたらすべて裏返し、ふたをして弱火で4分蒸し焼きにする。

2.ボウルに、A、1の鶏肉を入れて混ぜる。フライパンにBを混ぜたものを流し入れ、スナップえんどうにからめながら中火で30秒〜1分炒める。

(レシピ考案/たっきーママ 動画協力/Delish Kitchen)

教えてくれたのは・・・・・・たっきーママさん
長男(14歳)、二男(10歳)のママ。お弁当作り歴は27年。著書『朝すぐ!弁当』(扶桑社)がレシピ大賞を受賞するなど、レンジなどを駆使した楽で時短なおべんとうレシピに定評がある

撮影/高杉純

『サンキュ!』10月号「朝10分で2品べんとう」段取りポスターより
『サンキュ!』最新号の詳細は こちら!

(動画協力/Delish Kitchen)

家事の人気テーマ

こちらの記事もチェック!

家事の新着記事も見てね

AND MORE

家事の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP