1. トップ
  2. 家事
  3. ”そうだ!アレがあった”年末年始は冷凍常備菜で乗り切る

”そうだ!アレがあった”年末年始は冷凍常備菜で乗り切る

2018/12/25【 家事 】

普段なかなか常備菜作りまで手が回らない...。でもせっかくなら年末年始用に常備菜を作っておくことで、少しはゆっくりと楽できるかも!?保存期間を長くするために、冷凍可能な常備菜を集めてみました。

どんな食材にも合う!肉みそは冷凍保存で1~2週間

出典:サンキュ!ブロガー野口ゆかさん

”今日はもうおかず作るの面倒”という時に重宝するのは、ご飯のおとも”肉みそ”!豚挽き肉と玉ねぎを炒め、調味料で味付けをしたら完成。冷蔵庫で3~4日、冷凍保存なら1週間~2週間はもつので、お正月休み明けの1人ランチにも重宝しそう。

ひじきとベーコンの炒め物も冷凍で2週間保存可能

出典:サンキュ!ブロガー野口ゆかさん

いつものヒジキを少しアレンジ。ベーコンを一緒に炒めることで香りも増しますから、普段あまりヒジキが得意ではない、という人もチャレンジしてみる価値あり!冷凍で最高2週間は保存がききますから、普段の食卓のほか、お弁当の副菜としても活躍しそうですね。

人参とツナのきんぴらも冷凍で2週間保存可能

出典:サンキュ!ブロガー野口ゆかさん

醤油と砂糖で煮た、人参×ツナのきんぴらも長期保存が可能です。おむすびの具材としても使えますから、お出かけ先で小腹がすいたときにも重宝する常備菜です。

子供も食べやすい冷凍ゴボウの常備菜

出典:サンキュ!ブロガーママ―リオさん

ごぼうは旬の食材ですから、積極的に取り入れたいもの。でも手間がかかる割に、繊維質で固いのがネックですよね。なんとゴボウは軽く下茹でし冷凍保存をすると、柔らかくなるのだとか!すき焼きなどの味付けの濃い煮汁でゴボウを茹でるだけで、簡単常備菜の完成です。

アレンジ多彩!牛肉の切り落とし

出典:サンキュ!ブロガー野口ゆかさん

牛の切り落とし肉は下味をつけて冷凍保存。うどんの具材として活用もできますし、煮物に加えたり、玉ねぎを加えて牛丼にしたりなど、とにかくバリエーションが豊富。もう作るのが面倒で外食に頼ってしまいそうなときに、便利な一品です。

いくら冬場で冷蔵庫保管とはいえ、やはり通常の常備菜だと3~4日ほどで食べきられないと衛生面が不安になってきますよね。しかし冷凍保存がきく常備菜であれば、保存期間が格段に伸びます。外食などの誘惑が多くなる時期ですから、1品でも常備菜があることで節約にも繋がりそう!


(参照: 口コミサンキュ!
※掲載している内容は一個人の感想です。
※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

家事の人気テーマ

こちらの記事もチェック!

家事の新着記事も見てね

AND MORE

家事の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP