1分1秒が惜しい!帰宅後30分で夕食が完成するワザ

2019/03/08

帰宅後から夕飯づくりの時間は1分1秒でも短くしたいものですよね。できることなら30分ですべてを終えたいというかたに、自身に合った時短ワザをタイプ別にご紹介します。全タイプ共通技も合わせて習得すべし。

タイプ1:「基本、家にあるもので」派なら、シンプルメニュー

出典:サンキュ!ブロガーてるこさん

「基本、冷蔵庫にあるもので!」という派であれば、できる限り簡単にできるメニューがマスト。この日はいんげんをソテーにして、つくねをつくり、ゆで卵×ブロッコリーのサラダで30分ご飯の完成。ナスの煮びたしは残りものなんだそう。

タイプ2:「計画性を重視する派」なら1週間分のメニューを決めておく

出典:サンキュ!ブロガーeriryoさん

「帰宅後バタバタしたくない」「食材ロスも減らしたい」という堅実派ならば、休日に1週間分のメニューを先に決めておくのも時短に繋がるコツです。つくるものが決まっているので悩む時間もなくなります。

タイプ3:「ボリューム重視派」なら朝の時間を有効活用

出典:サンキュ!ブロガーmakanaさん

ボリューム重視派ならば、やはり帰宅後にすべてつくるには限界があります。朝の時間を活用し、下味をつけておくだけでも帰宅後の調理時間が変わってきますよ。この日は朝から手羽元の唐揚げの下味をつけて出社。プレーン味と、レンチンでつくれる甘酢トッピングの2種類ができました。

共通技:レンジやトースター使わないと勿体ない!

出典:サンキュ!ブロガーmakanaさん

帰宅後30分料理の成功のカギは、調理器具のフル活用!と言っても過言ではありません。揚げないカツはトースター、エビともやしのマヨドレ蒸しはレンジ、煮物はシャトルシェフで前日から煮込む!これらを同時にすれば時短への道が開けてきます。

朝の下ごしらえ×調理機器フル活用=30分でなんと8品!

出典:サンキュ!ブロガーmakanaさん

「これを30分で?嘘でしょ...」と言いたくなってしまいますが、事実です。ただし「帰宅後」30分でできるメニュー。朝からある程度下ごしらえをしていたから、なせるワザ。つまり、朝の下ごしらえ×帰宅後の調理機器フル活用をすれば、帰宅後30分で8品作ることができるということです。

帰宅までにある程度メニューが決まっていればいいのですが、まだメニューも決めていないという状態ですとどんどん時間は過ぎてしまいます。そのため休日に1度、1週間分のメニューをざっくり決めて、朝から軽く下ごしらえ。その後、調理機器をフル活用!という流れだとうまくいきそうですね。ぜひ参考に。

(参照: 口コミサンキュ!

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND