年間100万円貯めている人がつくる!”無理しない”常備菜

2019/07/09

時短のためには、常備菜が有効!常備菜をつくる参考に…と検索すると、華やかなものばかりでつくる前から諦めてしまいがちになりますよね。でも、年100万円貯蓄している人がつくる常備菜って実はシンプルなのを知ってました?

無理はしない。食材が傷みそうな時だけつくるスタイル

出典:サンキュ!ブロガー中島愛さん

あると便利とはわかっていても、毎週つくるとなると案外ハードルが高いものですよね。別に毎週つくる必要なんてないんです。食材が傷みそうだな…って時だけでもOK。これなら食材のロスも防げますし、”常備菜をつくらなきゃ!”って肩ひじ張る必要もありません。

水曜日には食べ終わる量で

出典:サンキュ!ブロガー中野めぐみさん

”せっかくつくっても結局、食べきれなかった…”は、常備菜あるあるですよね。節約のためにつくったのに、結局残してしまうのであれば本末転倒になっちゃいます。そこで、常備菜は水曜までに食べきれる量にしましょう。つくる量も減るので、気持ちも楽になりますよ。

定番が安心するんです

出典:サンキュ!ブロガーNagomyさん

この日つくった常備菜は、高野豆腐の含め煮、ヒジキ煮、きんぴらごぼうなど、まさに定番ものばかり。華やかさはなくてもこれでいいんです。定番だからこそハズレがありません。

どうせつくるなら手作り冷凍

出典:サンキュ!ブロガー中野めぐみさん

せっかく常備菜をつくったのであれば、カップに分けて手作り冷凍にすれば一石二鳥。傷みやすい野菜だからこそ、冷凍にしておけばお弁当の副菜にも役立ちます。お弁当は毎回、野菜不足になってしまいがち…という人はぜひチャレンジしてくださいね。

自分のお弁当のおかずとしても

出典:サンキュ!ブロガーnikomamaさん

お昼は外食よりもお弁当持参の方が節約に繋がりますよね。でも、自分のお弁当のおかずのためだけに調理するのって、面倒じゃありませんか?そんな時も、常備菜だとササっと入れるだけなので、時短にも繋がります。

”常備菜”をSNSなどで検索すると、もうキラッキラな写真ばかりアップされていて、気後れしちゃう…って人も多いと思います。でも、年間100万円を貯めている人がつくる常備菜って、本当にシンプルなんですよ。考えるべきは”映え”よりも、無駄がない事!ぜひ参考にしてくださいね。

(参照: 口コミサンキュ!

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
※気温の高い時期はおべんとうが傷みやすいので注意してください。気温25度以上の日には生野菜を避け、卵や練り物、肉・魚類にきちんと火を通すことをおすすめします。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND