〇〇をやめて超快適!超時短!仕事復帰前に見直した家事

2020/10/14

7歳・4歳・0歳の三姉妹の母で、「探し物ゼロの家」を目指すサンキュ!STYLEライターのえりかです。

現在、育休中ですが、今年の11月より仕事復帰します。仕事を始めると、どうしても毎日の家事に追われてしまうので、仕事復帰前に見直しました。今回、私がやめた家事を紹介します。

自作クローゼット

洗濯物を畳むのをやめました。

今まで洗濯物を畳むのに1日20〜30分ほどかけていましたが、全てハンガー収納に変えました。ハンガー収納に変えて洗濯物を片付ける時間は5〜10分になり、超時短に!リビングの階段下の収納に突っ張り棒を2本設置して、オンシーズンの服を収納しています。

手前の突っ張り棒に子ども服。奥の突っ張り棒に大人の服を収納し、キレイに掛けると手間になるのでザックリと掛けています。

また、使い終わったハンガーを入れる箱を足元に用意するとハンガーも散らかりません。もちろん、使い終わったハンガーを入れるのもザックリ放り込むだけにして、家族の手間も減らしています。手間がないと続けられます。

大人用ハンガー

大人用衣類のハンガーは2種類使用しています。トップス用とボトム用です。

突っ張り棒での収納なので、トップス用ハンガーは軽さ重視で選びました。色は白で統一することでスッキリ感も実現!洗濯が終わったら、このハンガーに干して乾いたらハンガーのまま収納するだけ。

ボトムハンガーはニトリで購入した滑りにくいタイプを使用しています。ボトムは乾いたら畳まずに、このスラックスハンガーにかけて収納しています。床にもつかないので、しわになりにくいです。

子ども用ハンガー

ハンガー収納にして1番良かったのが子ども服です。子ども用ハンガーもトップス用とボトム用の2種類を使用しています。

以前は全て引き出しに畳んで収納していたのですが、子どもたちが出し入れすると、どうしてもごちゃごちゃになってしまっていました。服が服で埋もれ、整理するのも片付けるのもすごくストレスで、ずっと見て見ぬふりをしていました。

ハンガー収納にしてからは、子どもたちも一目瞭然で着たい服を選べるので、ごちゃごちゃになることはなく、常にキレイがキープされています。使っているハンガーはトップス用とボトム用どちらも西松屋で購入した物です。

最後に

仕事をしている時は、洗濯物を畳む作業はどうしても後回しになり、洗濯カゴから新しい服を取ると言うのが当たり前でした。洗濯物を畳みたくても、なかなか時間が取れず、どんどん溜まる洗濯物にイライラして休日にまとめて畳むの繰り返し。

ハンガー収納は畳む収納に比べ、スペースも取るし、大量のハンガーが必要です。私自身もハンガー収納にするか、かなり悩みましたが思い切って良かったです。
洗濯物を片付けることがすごく嫌いでしたが、以前より楽しく出来るように。家族にも使いやすいと好評で、洗濯カゴから服を探す必要がなくなり、引き出しの中が散らかるということもなくなりましたよ。

◆記事を書いたのは・・・えりか
6歳・4歳・0歳の三姉妹の母。三姉妹の育児に奮闘しながら、スッキリと片付いた部屋を目指しています。目標は「探し物ゼロの家」。

※ご紹介した内容は個人の感想です。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND