【無印良品】リフィルノートシリーズは「自分だけのノートや手帳がつくれる!」文房具ファンも絶賛アイテム

2021/07/17

そのシンプルなデザインと機能性から、愛好者が多い無印良品の文房具。「リフィルノート」シリーズは、豊富な種類のリフィルをカスタムできるので、文房具ファンからも注目されているアイテムです。今回の記事では、その魅力や活用法についてお伝えしていきます。

用途に応じてリフィルをカスタムできる

出典:Instagramアカウント「mujikko_rie」

リフィルノートの最大の魅力は、リフィルのサイズや種類が豊富なことです。サイズは、A5・B5・A4の三種類あり、本体(表紙とリングのみ)や、方眼もしくは横罫線のノートや、インデックスがリフィルとして販売されています。

A5サイズはリフィルの種類の豊富さが魅力!

出典:Instagramアカウント「kurashi.happy」

とくにA5サイズのリフィルは最も種類が多く、ドット方眼(30枚、税込100円)、フリースケジュール(30枚、税込100円)や家計簿(30枚、税込100円)、ファイル代わりにも使えるカードポケット(税込150円)などがあります。(2021年6月現在)

SNS上でも、種類の多いA5サイズのリフィルノートを使っているというかたが多かったです。

家計簿リフィルが人気!

出典:Instagramアカウント「chi_hi_u」

リフィルの種類でもとりわけ人気だったのが、家計簿です。自分の使いやすようにアレンジできるシンプルなデザインで、罫線の色が濃くないため、自分で線を引いて目立たせることもできます。収支や固定費などを分けて書いてもわかりやすいですし、時系列で記録することもできます。自由度の高い使い方ができる家計簿だと言えます。

デザインのシンプルさも魅力!自分好みにカスタムできる

出典:Instagramアカウント「hiro_u.u_0831」

用途に合わせてカスタムするだけでなく、デザインのカスタムもしやすいのがこのリフィルノートの特徴です。シンプルなベージュのクラフト表紙(A5、税込250円)はとてもシンプルなので、ステッカーやシールでカスタマイズするのに最適です。ポリプロピレン表紙(A5、税込250円)もシンプルなので、お好みのものをチョイスして自分好みにカスタマイズしてみましょう。

マステとの相性も抜群

出典:Instagramアカウント「hacomaru_journal」

テプラとマスキングテープでつくったシールを、ドット方眼に貼りつけてページを自作するというアイデアも。クラフト表紙のリフィルノートに、素朴な色合いのマスキングテープがマッチしていますね。

無印良品のリフィルノートは、サイズや素材を選んだり、好きなリフィルを選んだりすることができる自由度の高いノートです。外出時に必要なページだけ持ち歩くこともできるので、荷物をできるだけ軽くしたいというかたにもおすすめのアイテムです。まずは興味のあるリフィルから始めてみてはいかがでしょうか。


※記事内容でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事内の表示価格は、とくに記載のない場合、税込表示です。軽減税率の適用により価格が変動する場合もあります。コロナ禍で営業時間の変更等を実施している可能性があります。店舗などへ足を運ぶ際には感染防止対策を十分に行うようご注意ください。

【無印良品楽天市場店】から商品を探す

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND