バスルームの歯ブラシ

毛先が開いた状態は論外!?歯ブラシの正しい交換頻度と保管方法

2020/01/30

毎日使う歯ブラシ、正しく交換&保管できていますか?長く使い過ぎていたり、誤った保管方法をしてしまうと、歯をキレイにするはずがかえって悪影響を与えてしまう可能性も…。歯ブラシの正しい交換頻度と保管方法について教えてくれたのは、医療法人社団スタデン理事長・田中和之さんです。

歯ブラシの正しい交換頻度は?

古い木製の背景に古いと新しい歯ブラシ。
Mukhina1/gettyimages

歯ブラシは頻繁に交換するのが大事です!安いものでもいいので、頻繁に交換するほうが清掃効率は高いですよ。歯ブラシを背中側から見たとき、毛がはみ出ているなんて論外!毛先が少しでも開いたり、コシがなくなってきたなら即交換しましょう。

Ciメディカル 歯ブラシ コンパクトヘッド 10本セット Ci203(やわらかめ)

本当に上手に毛先を使って歯磨きができていれば1回でコシがなくなってしまうので、安い歯ブラシを毎回使い捨てにするのでもいいですし、数百円する歯ブラシはコシが長持ちするので2週間に1回程度交換すれば十分です。

歯磨き後、どのように歯ブラシを保管するのが正解?

カップルの歯ブラシ
pixeless/gettyimages

歯磨きを終えたら、湿気の少ない風通しのいい場所で、歯ブラシの毛先を上にし、立てて保管しましょう。また、ひとつのコップのなかでたくさんの歯ブラシを保管してしまうと、毛先同士が触れ合い、菌を移し合ってしまいます。仕切りをつけて保管するほうがいいですね。
携帯用の歯ブラシであれば、ケースに入れる際にできるだけしっかり乾かすことはもちろん、定期的にケースやキャップも洗うようにしましょう。

なぜ歯ブラシは正しい頻度で変えないといけないの?

歯ブラシの毛先が開くと、清掃効率が著しく落ちてしまうので、すぐに交換しましょう。
また、いくらキレイに使っているつもりでも、使用期間が長ければ長いほど毛先には雑菌が付いてきますよ。


教えてくれたのは…
医療法人社団スタデン理事長・田中和之さん。“確かな技術・痛くない・待たせない・丁寧な説明”をポリシーに診療を行う医療法人社団スタデン理事長。審美歯科歴20年以上の経験を有し、審美歯科の症例数は1万症例を超えている。

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND