1. トップ
  2. リビング
  3. 「散らからない家」になる1日1習慣リスト

「散らからない家」になる1日1習慣リスト

2018/09/30【 リビング 】

CONTENTS

どこから片づけていいのかわからない、片づけてもすぐに散らかる……という人にぜひ試していただきたい「汚部屋からの脱出テク」を大公開。過去に片づけ下手さんが実践し、「効果あり」と好評だったテクの中から、”今すぐできそうなもの”だけを厳選してお届けします。

取りあえずまとめる

片づけが苦手な人におすすめなのがこのテク。〝テク〞といっても、むずかしいことはな~んにもなし。仲間どうしのものはバラバラに置かずに、まとめるだけで片づけがラクになり、散らかりを防止。まずはここからレッツトライ!

1 軍おもちゃはかご1つに

散らかりがちなおもちゃ。片づく人はみんなよく使うものを1つにまとめていました。「リビングでよく遊ぶおもちゃはかご1つ分がルール。入る量が限定されるので増えすぎず、かごにポイポイ入れるだけ。子どもでも片づけが簡単に」2017年2月号 永田泉さん

朝食セットをつくる

ティータイムセットなど同時に使うものをセットにすると、時短かつ片づきます。その中でも多くの人がやっていたのが朝食セット。「ふりかけや梅干しなどをトレーにまとめ冷蔵庫にひとまとめ。しまうときは出したものを戻すだけでラク!」2016年3月号 岡田三恵子さん

夫専用の引き出しをつくる

家族のものが点在していると、散らかる原因に。過去の誌面ではまず夫のものからまとめている人が多かったです。「引き出しを夫専用にしたことで『あれ、どこ? 』がなくなりました。さらに夫に〝出したらしまう〞が自然に身につく効果も!」2016年3月号 Misaさん

ハンカチは玄関に置く

よく探しがちなものこそ「1つの場所に1つにまとめる」ことがポイント。「かごにまとめて玄関にハンカチなどの〝お出かけセット〞をスタンバイ。忘れ物に気づいたとき、部屋まで取りに行く手間もなし」2018年2月号 yumimooさん

ちょこっと習慣

最初のうちは、ほんの少しだけ意識して行動する必要がありますが、慣れてくれば、自然と体が動くようになります。そうなれば家の中が勝手にみるみる片づき始めて、もう散らからない家になります。

靴は1足出したら1足しまう

まずは戻すクセをつけることが、初歩的ですが、片づく人になる近道です! 「〝玄関に出しっ放しにしていいのは1人1足〞を家族のルールに。玄関に出ている家族の靴が散乱することがなくなります!」2016年2月号より

寝る前にリビングを10分点検

片づけ上手な人は、リビングだけでもチェックし、リモコンを元に戻すなど見直しを習慣にしていました。「テーブルの上に置いたままのティッシュやリモコン、床に散らかっているものを元の位置へ。気持ちよく朝を迎えられます」2018年3月号 美空間コンサルタント みくろママさん

ゴミの日の前にいらないものをチェック

不要なものを決まった日に捨てることを「習慣化」したら、「自然と片づいた」という実感コメント多数。「毎月の決まった不燃物ゴミの日に合わせて、家の中を回って、使わなくなった物をチェック。物を潔く手放せるようになりました」2018年3月号 サンキュ!トップブロガーここゆきさん

買う前に置き場所をシミュレーション

せっかく買っても「使わない」「置けない」という失敗をよく聞きます。「雑貨や家具を買う前に〝どこに置くか?〞〝わが家のインテリアに合うか? 〞をとことんシミュレーション。結果、本当に必要なものに囲まれた暮らしに」2015年8月号 小林涼子さん

場所を決める

それぞれのものに「使う場所の近く」「手が届きやすい」「すぐ置ける」などの置き場所をつくります。ラクにしまえる場所なら、家族も片づけるようになり、出しっ放しがなくなります。

よく使うものは「きき腕側」にしまう

片づく人はみんな取り出しやすい仕組みづくりをしていました。「例えばシンク下はきき腕の右側に、毎日使うものを収納。出すのもしまうのも右側の扉だけを開け閉めすればいいので家事効率がアップしました」2018年2月号 『サンキュ!』読者Mariさん

子どもや夫の服の一時置き場をつくる

過去の誌面で、片づく人の半数ぐらいの人が「取りあえず置き場」「取りあえずBOX」を実践。「帰宅した家族がリビングに直行して服を脱ぐなら、リビングにハンガーやかごで〝取りあえず〞置き場を設置。それだけで散らからず」2016年8月号 山中美保さん

着なくなった服は1カ所に

今すぐ捨てられなくても、候補を決めて置き場を決めれば次がスムーズに。「処分予定の服、フリマなどで売る予定の服は、段ボール箱や紙袋に入れてクローゼットの隅に。捨てたいときにすぐ行動できて便利」2016年10月号 yumimoo65さん

DMの処理は玄関でする

散らかりやすい、ほったらかしにしがちな書類関連。玄関で選別すれば持ち込み予防にも。「DMや郵便物は玄関で開封して、その場で〝要・不要〞を判断。不要なものは玄関で処分して、家の中まで持ち込みません」2018年5月号 mamuさん

モチベーションアップ術

「片づけなくっちゃ」と思っても、気持ちが重~い……という人は、ぜひお試しあれ。嫌々片づけていてもはかどらないし、ますます片づけが嫌いになっちゃうかも。モチベーションを上げればスイスイ片づきます。

片づけの本を読む

素敵な暮らしをしている人のライフスタイルや片づけ本、または素敵インスタグラマーの投稿でもOK。「〝こんな部屋でお茶したいな~ 〞と思ったら、その気分を逃さず片づけを開始すれば、がぜんやる気が出ます」2017年12月号 mimyさん

何も入っていないスペースを1つつくる

みんな一気に片づけたのではなく、一カ所だけなど少しずつ片づけて成功。「まず棚1段、引き出し1つ、かご1 個… …何でもいいので、からっぽのスペースを1つつくります。それだけで〝気持ちよくて次も片づけよう!〞となります」2016年2月号 『サンキュ!』読者ササキミズホさん

片づけたら写真を撮る

成果が目に見えてわかり、共有すればやる気もアップ。「片づいた部屋の中を撮影してモチベーション維持。SNSに投稿して、〝いいね!〞やフォローがあるとさらにやる気がアップするのでおすすめです」
2016年12月号 Charuさん

花を飾る

片づいた人の家に取材すると、たくさんの人が花を飾っていました(『サンキュ!』収納インテリア班談)。「片づいたスペースに、花を飾ったりお気に入りの雑貨を置くと、片づいているからこそ映えるからさらに片づけ気分が上がります」2016年10月号 Y・Iさん

片づけは、一日ですべてやり切ろうと思うと大変。1日1習慣、毎日の積み重ねが散らからない家を手に入れる鍵ですよ。

参照:『サンキュ!』10月号「散らかる家、散らからない家」より。掲載している情報は18年8月現在のものです。イラスト/タカヒロコ 取材・文/村越克子 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細は こちら!

関連するキーワード

リビングの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

リビングの新着記事も見てね

AND MORE

リビングの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP