片づく家には理由がある!キレイな家のスゴイ収納テク大公開

2019/11/04

だれだってハマれば収納もがんばれます。でも、いつそのハマりどきが来るのかわからないので厄介。がんばらなくても、キレイがキープできるズボラ収納にシフトチェンジしていきましょう!

取り出しやすいからキレイをキープ

出典:Instagramアカウント「shiii__home」

小物が多いと、それだけでゴチャついてきます。まずはどんな収納にするか?ではなく、どうしたら取り出しやすくなるのか?を優先的に考えたほうが、使い勝手が向上し、ものを動かさずキレイもキープしやすいもの。綿棒やシートは、取り出しやすい横置き設定が優秀です。

ベランダサンダルはマグネットタオルバーでキレイをキープ

出典:Instagramアカウント「fufu._.s」

ベランダのサンダルは、サッシ部分にマグネットタオルバーを設置するだけで解消します。そのまま差し込むだけで、気になる水はけなどもスッキリ。マグネットなので、サッシにキズがつく心配もないのがうれしい◎。

おもちゃは放り込み収納でも見栄えがよければOK!

出典:Instagramアカウント「bb_ai.pon」

子どものおもちゃ収納も永遠のテーマですよね。簡単な収納方法は、やはり放り込み収納。放り込みでも、見栄えが良ければOKなんです。シンプルなデザインなので、長く愛用できるのもポイント。

こまかすぎる文具などはレターセットで解消

出典:Instagramアカウント「rii.mama_home」

薬やばんそうこう、文具類って必要なときにない!という風になりがち。そこでニトリのレターケースの出番。引き出しは最大で4分割まで可能なので、収納するものに合わせてサイズを変更できるのもポイントです。

ヘアアクセは透明ウォールポケットにINするだけ

出典:Instagramアカウント「kumimi620」

子どものヘアアクセなど、形状が異なるものは透明ウォールポケットにINしちゃいましょう。どこに何が入っているのかもすぐにわかるので、朝のいそがしい時間に探す手間がなくなりそうです。

キレイをキープする大前提は、毎日こまめなお掃除……なんてことは百も承知。でもハードルが高いのも事実。だからこそズボラ収納を駆使して、無理のない範囲でまずは散らかさない環境づくりをスタートさせるのがよさそうですね。


※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND