女性は絶対にテレビを見て、自宅

快適なリビングをつくるためのたった2つのコツ

2020/09/26

68平米のマンションに家族4人暮らし。6歳(息子)と4歳(娘)のママ。
サンキュ!STYLEライターのシンプリストうたです。

家族が集まるリビングをもっと快適にしたい!と思う方も多いはず。しかし、具体的にはどのように改善すれば良いのでしょうか。今回は、これだけは気をつけて欲しい、たった2つのポイントをご紹介したいと思います。

1.家族全員のくつろぎスペースをつくる

物に定位置はあるのに、人がくつろげる場所がない、といった事はありませんか?
自分や家族のくつろぎスペースがないと、ソワソワ落ち着かずにリビングに居ずらくなってしまいます。

また、家族がいない時はソファーでくつろげるのに、家族全員が集まった時に、自分の居場所が無くなってしまうパターンもあります。
そんな時は、1人がけのソファやビーズクッション等を取り入れてみてはいかがでしょうか。ラグを敷いてごろ寝スペースを作ってみても良いです。

とにかく、子供も大人も「家族全員がくつろげる空間作り」が、1つ目の快適なリビングにする為のポイントです。

2.快適ポイントに優先順位をつけてみよう

「快適にしたい」といっても、人それぞれ快適ポイントは違うものです。

また、全てを快適にする事は難しく、何事にもメリットデメリットがあります。
例えば、「観葉植物を取り入れたいけど手入れが面倒」等といったように。

その為、自分自身や家族にとって、何が快適ポイントになるのか、優先順位をつけて一度紙に書き出してみましょう。家族内でも、快適ポイントが異なるので、擦り合わせていく必要があります。

快適にしたい=理想

「快適にしたい!」は「理想」でもあります。

例えば、

・視覚的なもの数の理想
・動線の理想
・暮らし方の理想
・インテリアの理想

等です。


しかし、ただ思っているだけでは、快適リビングに近づくことはできません。
理想のリビングにする為には、どうすれば良いのか具体的に考え気軽に出来ることから実行に移してみましょう。

まとめ

快適なリビングを作るためには、
・家族全員のくつろぎスペースを作る
・快適ポイントに優先順位をつけてみる
事がポイントとなります。

また、快適空間とは物を足すだけが快適とも限りません。足しすぎている事で、知らず知らずのうちに圧迫感を作ってしまっている事も考えられます。

「ごちゃついてるのが気になる」、「何となくモヤモヤしてしまう」という方はまずは引くことから始めてみましょう。

自分にとっての「暮らし」を追求する事こそが、快適リビングをつくる為の近道となりますよ。

記事を書いたのは・・・シンプリストうた
68平米のマンションに家族4人暮らし。6歳(息子)と4歳(娘)のママ。
ズボラでも小さな子供がいてもスッキリ暮らす為のストレスフリーな暮らしを提案しています。

※ご紹介した内容は個人の感想です。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND