常備菜のカリスマが実践する食費節約術!魚は〇〇で買うのが常識!?

2019/07/16

食費節約のため常備菜をつくっていても、なかなか目に見える節約には結びつかないことも。サンキュ!ブロガーのなかで、常備菜のカリスマとの呼び声高い、野口ゆかさんが実践する食費節約術は”足るを知る”ということでした。

まとめ買いは必ず1週間で食べきれる量

出典:サンキュ!ブロガー野口ゆかさん

週に1度のまとめ買いの際に気をつけていることは、週の家族のスケジュール把握と、1週間で食べきれる量しか買わないということ。家族のスケジュールを把握しておくことで、メニューの予定も立てやすくなりますし、おいしく頂ける保存期間が違う食材も、ムダなく消費できます。

魚は一尾買いの方が高コスパ

出典:サンキュ!ブロガー野口ゆかさん

お魚は一尾丸ごと購入した方が、安くつくとわかってはいても、自分でさばく手間を考えたらなかなか手が出せないもの。でも、無料でさばいてくれる魚屋さんも。この日は半身を刺身、残りを切り身にしてもらいました。下処理をして冷凍保存しておけば、いつでも焼くだけでメインが完成です。

半端野菜はお好み焼きとして

出典:サンキュ!ブロガー野口ゆかさん

玉ねぎ、にんじん、キャベツ...。野菜室をのぞいたら中途半端に余っている食材の代表ですよね。さまざまなアレンジ方法はあれど、おすすめはお好み焼きの生地でオムライスのように包む方法。ホットプレートでお好み焼きや焼きそばをつくったついでに、半端野菜でもう1品できちゃいますよ。

あると便利!なマイベスト冷凍ストック品を知る

出典:サンキュ!ブロガー野口ゆかさん

常備菜をつくる人は、あまり冷凍食品などの便利食材を利用しないイメージがありませんか?そんなこともないんです。ただ、むやみやたらに”便利そう”という理由では購入せず、これがあれば食材を買い足さずに済む!という、マイベスト冷凍ストック品限定。しかも毎回購入するわけではなく、お得なときや予算に余裕があるときの楽しみとして購入しているのだとか。

食費が余ったときの楽しみを見つける

出典:サンキュ!ブロガー野口ゆかさん

食費が予算内におさまったときは、そのまま貯金...でもいいんですが、せっかくがんばったんですから自分にご褒美をあげることも必要なんです。予算が余ったときには、なくても困らないけれど、あったら便利な食材を購入するチャンス。”余ったら何買おうかな”なんて考えるのも、モチベーションに繋がります。

常備菜をつくったからといって、直接的な食費節約にはなかなか結びつきません。常備菜をつくることで、”どの程度の量なら食べきれるんだろう”と知ることが重要になってくるのです。そして家族の”これで足りる”という量がわかれば、あとはいかにムダなく食品を使い切るのかが節約のポイントですよ。ぜひ参考に。

(参照: 口コミサンキュ!

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND