毎日のお弁当はのっけ弁が便利!目指せ食費3万円生活

2019/10/19

月の食費を3万円台にする近道は、やっぱりお弁当を持参すること。そこで便利なのが”のっけ弁”なんです。ご飯の上におかずをのっけるだけでOKなお手軽メニューですよ。

業務スーパーの白身フライでのり弁(風)

出典:Instagramアカウント「milky_c0224」

のっけ弁とは、ご飯の上におかずをドン!とのっけるだけのお弁当のこと。のり弁をイメージすると分かりやすいものです。この日ののっけ弁は、まさしくのり弁(風)。業務スーパーで購入した白身魚フライ、ゆで玉子などをONすれば完成です。

ウナギが食べたい。そんな日にはうな次郎弁当

出典:Instagramアカウント「yuka.f.10」

お弁当の蓋を開けたらうな弁!なんて最高ですよね。でもコスパを考えればなかなか挑戦できないもの。そこで、うなぎの代わりに魚のすりみで出来ている”うな次郎”をチョイス。酢飯の上にうな次郎と玉子を市松模様にすれば、見た目も華やかになります。

子供も喜ぶ見た目華やかのっけ弁

出典:Instagramアカウント「yuka.f.10」

お弁当の中身でもっとも迷ってしまうのが、子供向けのお弁当!という人も多いのでは。のっけ弁なら、こんなにバリエーション豊かにお弁当を作ることができます。わざわざデコ弁をつくらずとも、子供が喜ぶメニューばかりです。

大人ののっけ弁はヘルシーさが大事

出典:Instagramアカウント「hana_no_ie」

大人ののっけ弁なら、見た目よりもヘルシーさが重要です。毎日のことですから、あまり頑張りすぎないことが続けるコツ。おかずは週末の作り置きか、前日の残りでもOKなんです。ダイエットを意識したメニューにすれば、節約もキレイも両方手に入りますよ。

お昼の外食をお弁当にシフトするだけで、何万円も食費が浮くことはわかっていても、面倒が先に立つものです。でも、ご飯の上におかずをのっけるだけの”のっけ弁”なら、ハードルは低いもの。まずは1週間を目安に挑戦してみてはいかがでしょうか。

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
※気温の高い時期はおべんとうが傷みやすいので注意してください。気温25度以上の日には生野菜を避け、卵や練り物、肉・魚類にきちんと火を通すことをお勧めします。

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND