1. トップ
  2. お金
  3. あなたがイマイチ貯まらない「本当の理由」って?

あなたがイマイチ貯まらない「本当の理由」って?

2019/01/20【 お金 】

節約しているのに、なかなかお金が貯まらない……。その原因は一体どこにあるのでしょうか。これまで3万件以上の家計を見てきたお金のプロが、頑張ってるのになぜか貯まらない人の、残念な共通点を教えます。

1:貯める目標がハッキリ決まってない

お金が貯まらないのは、そもそも目標が〝なんとなく〞だから。将来、具体的にいくら必要になるかがハッキリわからなければ、貯める覚悟が決まりません。

例えば教育費なら、文系・理系の違い、私立になった場合の費用や受験代などを細かく調べることで、今貯めなくてはならない金額も出せます。わが家にとってリアルに必要な目標額を知ることで、家計を本気で見直せ、一つ一つの出費にも真剣に向き合えます。

【思い当たることない?】
・なんとなく1000万円(とか100万円とか)をめざしている
・内心「ちょっとは貯まってるから、まあいっか」と思っている
・「なんでそこまでして貯めなきゃいけないの」と思っている

*教育費や住宅費など、大きな目標ほど計画が必要。具体的な資料を集め、リアルな金額を知るとやるべきことも明確に!

2:「先取り貯蓄」ができていない

未だに「残ったら貯めよう」という人が多いですが、残すのは相当大変。先に貯蓄分を取り分けてしまう「先取り貯蓄」がおすすめです。

……が、これには「残ったお金でやりくりする」という条件がつきます。苦しいからと貯蓄を崩したり、カード払いに頼ったりでは、せっかく先取りした意味なし。毎月先に貯め、残ったお金で赤字をつくらずやりくりする人だけが、貯蓄を伸ばせるのです。

【思い当たることない?】
・「残ったら貯める」ことにしている
・月末たりなくなって、貯蓄をくずしている
・カードの引き落としをなかったことにしている

3:これはかかって当たり前という費目が多い

貯まらない人は、家計の削りどころを相談していても「これは普通です」とよく言います。でも、プロから見れば収入に見合っていない場合がほとんど。

実は、家や車、スマホに習い事など、〝普通〞と思っているものをフルスペックで揃えるには、相当な収入が必要。年収1000万円でも、何かガマンは必要です。欲しい暮らしとできる暮らしは別。限りある収入で貯蓄していくためには、優先順位の低いものは手放す必要があり、例外や聖域はありません。何が譲れ、何が譲れないのか。「周りが」ではなくわが家の「普通」をつくることこそ、貯まる家計のベースなのです。

【思い当たることない?】
・住居費が月収の2割以上だ。
・携帯電話は大手通信会社がいいと思う
・車は1人1台、家電は1部屋に1台と思っている

*スマホ代(通信費)は、貯まらない人がかけすぎる費目の代表例。「1人1万円が普通」の思い込みがムダに!

4:1日に「いくら使ったか」チェックしてない

せっかく家計簿をつけても赤字になってしまうのは、使った金額をこまめにチェックしていないから。日ごと、週ごとに確認し、使い過ぎた額が小さいうちにセーブすれば、月末に足りない……ということはなくなります。予算に対して今どれくらい使ったかを見て「調整する」仕組みがあって、初めて貯めることができるのです。

【思い当たることない?】
・家計簿をつけているが、いつも赤字
・使い過ぎた分セーブできたためしがない
・1日、1週間の予算が決まってない

5:「1000円」を軽く見ている

月1000円の節約効果は、1年で1万2000円、10年で12万円、40年で48万円に。「1000円くらい、まあいっか」と侮って行動に移さないのは、貯められたはずの未来の大金を捨てるのと同じです。お金は毎日使うもの。〝ぜいたくしていないのに貯まらない〞理由の正体は、たいていこうした少額のムダの見過ごしです。

【思い当たることない?】
・携帯のプランをほったらかしにしている
・疲れたからとちょっと外食
・漫画やゲームの課金をしちゃう

先取り貯蓄をする、収入のなかで暮らす、ライフプランを書く。この基本がゆるんでしまうと、イマイチ貯まらない家計に……。せっかくの努力が水の泡にならないよう、もう一度家計を見直してみましょう。

<教えてくれた人>
藤川太さん……ファイナンシャル・プランナー。家計診断のプロ集団「家計の見直し相談センター」代表。日々の暮らしや家計に潜む貯まらない理由を鋭く見抜き、やさしくアドバイス。『年収が上がらなくてもお金が増える生き方』(プレジデント社)など著書多数。

参照:『サンキュ!』2月号「2019家計改善プロジェクト」より。掲載している情報は18年12月現在のものです。撮影/押尾健太郎 取材・文/大上ミカ 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

こちらの記事もチェック!

お金の新着記事も見てね

AND MORE

お金の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP