若い女性の手入札の白いテーブルに柔らかい口調で、貯蓄貯金箱ピンクを保持していると、将来の成長のための投資の平面図します。

がんばるのをやめたら食材ロス0で食費5000円減!やめたこと6

2020/06/27

食費がまったく減らない……。それ、もしかしてムダにがんばりすぎているせいで、食材ロスを出しているのかも?たくさん食材を腐らせていた元ダメさんが、冷凍野菜や市販品を活用し、ゆる~く献立を立てるようにしたら逆に食材ロスゼロに成功!

<教えてくれた人>
サンキュ!読者 岡林美輝さん(北海道 35歳)
年間約100万円貯めてます!夫(36歳)、子ども3人の5人家族。買い物は、おなかがいっぱいのときに行き、買いすぎを予防し、食材ロスゼロを徹底中!

◎月の食費◎
4万9000円→4万4000円  

【食費】月4万4千円
【買い物頻度】週1回+α
【よく行く店】ビック

使いこなせる物だけ買う、で食費マイナス5000円

食費をはじめ家計管理が大の苦手だった岡林さん。特売品を見て、「お得!」と買ったものの、使い切れず、よく腐らせていました。「買うときは、あれこれ作ろうって思うのに、いざキッチンに立つと、子育てで疲れ果て、体力もやる気もゼロ。冷蔵庫の前で思考停止して外食に逃げてました」。予定が狂い、食材はどんどん余り、最終的には腐ってしまい……。泣く泣く捨てる羽目に。まずいと思った岡林さんは、方向転換。「できる!作れる!と自分を過信するのをやめ、買い物や献立の作り方を自分がラクなほうに変えたら、かえってロスがなくなりました」。

※写真は、取材をもとに編集部が再現しています。

使い切れなくて、食材を5000※※円分捨てていた!

まるごと野菜や特売品を張り切って買うのに、キッチンに立つと面倒に。結果、使い切れず、食材を腐らせ捨てた日々。同じ食材があるのに買い、腐らせたことも。店頭でやる気があった私は、いったいどこへ?

まだこれなら食べられるけど、見せられない物も(汗)。

●花の咲いたブロッコリー
●溶けたきゅうり 
●干からびたごぼう

岡林さんががんばるのをやめたこと6

ロスをなくすために、これやめました!

1 使いこなせない野菜を買うのをやめた
2 残った野菜を使い回そうと考えない
3 作り置きはやめた
4 揚げものを家で揚げるのをやめた
5 買い物メモ以外は見ない
6 週5がんばる献立をやめた

ラクを極めるだけでムダがなくなった!

野菜は冷凍野菜やカット野菜を、作るのが面倒な揚げものは総菜を大活用。作れない&食べ切れない作り置きはしない、メモに書いた食品以外は買わない。さらに献立のルーティン化で食材のロスゼロを実現!

※※1カ月に買った野菜や肉の3分の1をムダにした場合のおおよその金額です。ここで紹介している食費は4月現在の岡林さんの食費です。

参照:『サンキュ!』2020年7月号「食材ロス0で、食費マイナス5000円!」より。掲載している情報は2020年5月現在のものです。撮影/小林キユウ 取材・文/渡辺ゆき 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND