マネするだけで1000万円貯蓄成功!?貯蓄上手の人のルーティン6つ

2020/10/22

9年間、1000万円貯めた人を取材し続けてきた『サンキュ!』編集部は気づきました。貯め達人には、共通のルーティン※1があることを!日常生活の些細な習慣から、やりくりの周期まで。マネすれば1000万円貯蓄に近づけるかも!?

小さなルーティンが"ゆとり"を守り、ブレない家計を支えます

延べ1000人以上の貯め達人を取材!マネーライター大上ミカさんが証言

ゆとりがなくなると、お金の使い方が雑になり、ムダな支出が増えます。1000万円貯めた人たちが大切にしているルーティンは、暮らしと心のリズムを守り、安定した自分をキープできるものばかり。ルーティンを行うことで、上手に気分転換したり、考えずに家事が回る仕組みができているので、バタバタすることがありません。だから、行き当たりばったりの出費やストレス買いとは無縁なのです。

1000万円貯めた人たち※2は、日常生活でこんなルーティンをやっています!

1 すき間時間にウォーキングやストレッチをする

家事や育児の合間に少しでも体を動かすと、気持ちがリフレッシュ!ストレスを小まめに発散できます。「週2、3回ウォーキングを。体も心もスッキリして、以前より衝動買いをしなくなりました」。(りりーさん 53歳)

2 「ありがとう」を口ぐせにする

花や植物を飾る毎日、鏡を磨く感謝を口にすることで、その場が明るくなり、相手との絆も深まります。「お金の話をすると険悪になっていた夫に、『ありがとう』と伝えるようにしたら、家計にも協力的に!貯蓄力が上がりました」。(えにままさん 35歳)

3 花や植物を飾る

花や植物によって癒やされ、気持ちが前向きになる効果が。「花を飾ると部屋を片づけたくなり、余計な物を買わない生活に。家でゆったりする時間が増え、目的のない外出が減りました」。(のんむさん 44歳)

4 朝、白湯を飲む

落ち着いて飲む1杯は、1日をていねいにスタートするスイッチに。「"体にいいこと"を続けていると安心でき、自信が持てるように。何事も前向きにとらえられ、やる気が続きます!」。(miunoさん 51歳)

5 玄関をキレイに保つ

乱雑になりがちな靴や傘を整えることで、「乱れを直す」のが習慣に。「玄関に出すのは1人1足だけを徹底。ムダにはみ出さないようにする意識は、予算管理にも通じているように思います」。(ユーカリさん 43歳)

6 毎日、鏡を磨く

汚れた鏡を見るとさえない気分になり、モチベーションもダウン。「うまくいかないことがあっても、鏡を磨けば、心のくもりも晴れていく気が。毎日磨くことで気持ちを切り替え、やりくりにも前向きに!」。(栗林景子さん 40歳)

※1 ルーティンとは、「決まっている手順」や「お決まりの所作、日課」などのこと。
※2 サンキュ!モニターアンケートより(20年7月実施、回答者数=30人)。コメントの栗林さん以外は、すべて仮名です。

参照:『サンキュ!』2020年11月号「1000万円ためてる人のルーティン教えます!」より。掲載している情報は2020年9月現在のものです。撮影/天野良子(TRON) モデル/宇都宮沙織(サンキュ!読者モデル) 構成/宮原元美 取材・文/大上ミカ 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND