怪奇現象の共有です~連載『365日、みんな愛してる!いくみ‘s BAR』 vol.14

2021/09/01【 連載 】

こんばんは、総編集長の伊久美です。
緊急事態宣言延長、猛暑、ワクチン接種‥‥‥。
あっという間に夏が過ぎていきました。
皆さま、お元気ですか?夏バテしていませんか?
訳あって「カランカラン(氷の音)」できないのですが、
今宵もどうぞ、お付き合いくださいませ。

伊久美亜紀 Aki Ikumi

大学卒業後、ファッション誌、料理誌、の編集部を経て、ベネッセコーポレーションに入社。生活情報誌『サンキュ!』編集長を経て、現在は、K&Fメディア総編集長として『たまひよ』『サンキュ!』『いぬのきもち・ねこのきもち』など、雑誌・直販誌・書籍・絵本・Webメディアの編集責任者を務める。ライフワークは「人付き合い」と「お酒を飲むこと」なので、コロナ禍、新しいスタイルのコミュニティづくりを模索中!


2021年、8月15日。伊久美亜紀史上、まさかの記念日となりました。
第二次世界大戦の終結の日、
終戦記念日という世界規模の重要な日と並べて語るなんて、
不謹慎極まりなく罰が当たる言い様です。
わかっております。
ですが、どうかお許しいただきたく。
結論から申し上げます。

8月15日、突然お酒を欲さなくなるという怪奇現象が!
自慢じゃないですが、アラウンド出産期間を除いて35年強。
ほぼ毎日、大好きなお酒と供に暮らしてきました。
雨の日も風の日も締め切りの前日も、
仕事でも遊びでも365日、お酒が私の連れでした。
「お茶しましょうよ、伊久美さーん!」
と誘われようものなら、
「はっ?何寝ぼけたことを?お茶?お茶を飲めと?」と、
けんもほろろに突き放してきたワタクシが、
お酒を欲さなくなるなんて!

理由に心当たりが全く無いというのも、モヤモヤ。
二日酔いでもないし、体調が悪いわけでもない。
だのに、なぜよーっ!!!
原因不明の断酒生活になってからの私の生活、何が変わったのか。
皆さまに共有させてください。(共有というか強制?)

●何を飲んでいいのかわからない問題
呑まない娘に救いを求めた結果、
「ママの雰囲気ならルイボスティーでも飲んでおけば」と冷たくあしらわれるも、
言うことを聞くしかなく四六時中ルイボス飲み。
常にお腹ガボガボ状態に陥る。

●寝ようとしても全く寝付けない問題
そう、今までは酔っぱらいながら、いつの間にか寝付いていたのだ。
呑まないから頭も目も冴え冴え、全然眠くならず寝不足の日々。

●甘いものを摂りすぎる問題
口寂しいからなのか。大の辛党の私が、気が付くと甘いものを口に。
きのこの○、たけのこの○、ス○ッカーズ・・・・。
うそだろ、自分。
友人に勧められても鼻で笑って拒否していたお菓子たちを、なぜ買う?なぜ食らう?
おかげであっという間に体重増。

という有様です。いいことが・・・なにも・・・ないよ・・・><
呑み過ぎる私の身体を、肝臓を、心配し続けてくれた家族や友人の皆さん、
今までありがとう。
でもね、調子が悪いのよ、ひーん(涙)

気を取り直して。あまりに慣れない生活習慣の変化に、
カラダが驚いてるだけなのだと信じて。
もうしばらく流れに身を任せてみます。
この怪奇現象の後日談を、懲りずに次回また共有させてくださいね。

ごきげんよう、今夜も愛してまーす!
乾杯(ルイボスティー)


文/総編集長 伊久美亜紀

関連するキーワード

こちらの記事もチェック!

連載記事の新着記事も見てね

PICK UP