1. トップ
  2. 連載記事
  3. 【連載】コウケンテツさん親子の「いっしょに作ったよ!」2色そぼろおにぎり

【連載】コウケンテツさん親子の「いっしょに作ったよ!」2色そぼろおにぎり

2018/11/17【 連載 】

今年も新米をおいしくいただいています。今月はそんなご飯を使って、おにぎりを作ってみました!鶏肉のそぼろといり卵をのっければ、それだけで元気が出るメニューが完成。子どもが大好きな甘じょっぱい味にしてあるので、きっとモリモリ食べてくれますよ。

なにより、親子いっしょにおにぎりを作ると遠足に行くような、ワクワクした気分になってくるから不思議ですよね。

材料(8~10個分

温かいご飯…400g(茶碗2杯分)
A(鶏ひき肉180g しょうゆ大さじ1½ 砂糖、酒各大さじ1)
B(卵2個 砂糖小さじ½ 塩少々)
白いりごま、黒いりごま…各適量

1. 鶏そぼろを作ります

鍋に混ぜ合わせたAを入れて中火にかける。泡立て器で絶えず混ぜながら火を通し、そぼろ状にする。

2. いり卵を作ります

別の鍋に混ぜ合わせたBを入れて中火にかける。泡立て器で絶えず混ぜながら火を通し、そぼろ状にする。粗熱をとる。

3.おにぎりに仕上げたら完成!

ラップに、1.2を少量ずつ敷き、ご飯をのせたら包んで、おにぎりの形にする。好みでごまを飾る。

ONE MORE ADVICE おにぎりで知る、子どもの成長

実はわが家では、舜くんが目下、三角おにぎりを練習中。小さいころは今回のようにラップを使ってギュッとしていました。それが最近では素手で握るように。この〝素手で握る〞って大人はなにげなくやっていますが、力の入れ加減がむずかしいんです。手が大きくなってきたこともあり、だんだんおにぎりがきれいな三角になっていくのを見て、子どもの成長を感じるこのごろです。

ポイント1.お米とぎにも チャレンジしてみよう!

お米とぎは料理の基本! 「お米を割らないようにやさしくとぐ」「お米を流さないように水を捨てる」などポイントはさまざまありますが、まだむずかしかったらお米を量ることからスタートしても。

ポイント2.子どもでもそぼろを 上手に作るコツ

2組の菜箸を使うやり方もありますが、子どもにはちょっとハードルが高め。その点、泡立て器だと簡単に細かくてきれいなそぼろやいり卵が作れます。細かくする前に固まってしまいそうなら、火からおろすなどして火力を調節して。

調理/コウケンテツ 撮影/馬場わかな スタイリスト/河野亜紀 構成・文/松崎祐子

関連するキーワード

こちらの記事もチェック!

連載記事の新着記事も見てね

AND MORE

PICK UP