1. トップ
  2. 連載記事
  3. 【連載】わたしたちも働きママン! 第8回

【連載】わたしたちも働きママン! 第8回

2018/11/17【 連載 】

CONTENTS

今回登場する読者は……内藤幸恵さん(仮名) (三重県 33歳)

介護認定調査員パート。1日2件の訪問調査、書類作成を週3回行う。夫(35歳)、長女(4歳)の3人家族

内藤さんの働きママン・ヒストリー

大学卒業後、理学療法士として病院に勤務。29 歳で結婚。31 歳で長女を出産し、育児休業を1年取得。復帰3カ月目に退職。専業主婦時代に資格を取り、現職に

子どもの体調を優先 できる仕事に転職!

今回登場した読者・内藤幸恵さんの 「これが知りたい」 Q& A

今回登場してくれた「働きママン」の質問に専門家が回答&アドバイス! 同じような悩みを持つかたも多いのでは?

<アドバイスは・・・ハナマルキャリア総合研究所上田晶美さん>
大学卒業後、流通会社へ就職、出産を機に退職し、94年より日本初のキャリアコンサルタントとして活動。3人の子どもを育てながら活動し、12年より、株式会社ハナマルキャリア総合研究所 代表取締役に。

Q:訪問調査後は、自宅で資料作り。 仕事と家事・育児の切り替えが むずかしいことも。頭と心の スイッチを上手に切り替えたい!

A 時間と場所を変えるとうまくいきます

仕事と家事育児の切り替えは、時間と場所を変えるとうまくできます。私自身は朝の時間を利用しています。仕事が片づかないときはサッサと切り上げ、朝早く起きて作業するとはかどりますよ。

Q:前職で上司からパワハラを受け、 トラウマに。今も仕事で 威圧的な人に会うとビクビク。 どう克服したらいいですか?

A 状況を客観的に見つめると受け流しやすくなるかも

パワハラには正面から立ち向かわず、少し引いて状況を見るとつらさがやわらぐかもしれません。多くの場合、周りの人も「その人の言動はパワハラだ」と感じています。つまり自分だけが被害者ではないのです。また、その人は心に何か不安の闇を抱えていて、その不安からいら立ち、人に当たります。あなたに原因があるわけではないのです。こう考えると少しは気がラクになり、受け流しやすくなるのではないでしょうか。

作者プロフィール・・・

おぐらなおみ

イラストレーター&マンガ家。働く女性や夫婦・親子関係、愛猫などをテーマにしたコミックエッセイをサンキュ!ほか複数の媒体で連載中。

■おぐらなおみさんの公式ブログ「中身はつぶあん。」はコチラ

取材・文:神坐陽子

こちらの記事もチェック!

連載記事の新着記事も見てね

AND MORE

PICK UP