【連載】コウケンテツさん親子の「いっしょに作ったよ!」春野菜のコマキンパ

2019/03/16【 連載 】

春キャベツや春にんじんを使った韓国風巻きずし「キンパ」。春野菜ならではのやわらかさと甘さで食べやすく、見た目もかわいく仕上がります。小さいサイズだから、子どもでも巻きやすく、食べやすいところも◎。

材料(作りやすい分量)

温かいご飯…200g
ごま油…大さじ1
塩…適宜
春キャベツ…1枚
春にんじん…½本
ロースハム…2枚
スライスチーズ…1枚
かに風味かまぼこ…2~3本
焼きのり(全形)…2枚

1.キンパ用ご飯を作ります

ご飯にごま油小さじ1、塩少々を混ぜる。

2.具を用意します

キャベツは熱湯でさっとゆでてさまして水けをきり、食べやすく切ってごま油小さじ1、塩少々をからめる。フライパンにごま油小さじ1を弱火で熱し、5㎜角の棒状に切ったにんじんを入れ、炒める。しんなりしたら塩少々をふって取り出す。ハム、チーズは細切りにする。かにかまは手で裂く。

3.のりで巻いたらでき上がり!

四つ切りにしたのり1切れに、 の⅛量を広げる。具を中央に置き、のりを巻いて手で押さえて形を整える。3等分に切って器に盛る。

ONE MORE ADVICE 子どもといっしょに料理を楽しもう!

「子どもを料理好きにさせるには?」と、聞かれることがよくあります。子どもは「やりたい」と思ったら、あっという間に吸収してうまくなります。何よりも大切なのは、楽しく続けていくこと。根を詰めて、最初から最後までいっしょに作ろうとすると、子どもも飽きてしまいがち。そこで例えば、「具をのせるだけ」「混ぜるだけ」といった1工程を毎日手伝ってもらうというのも手。「次もやってみたい」と思わせ、親子でいっしょに料理を楽しみましょう。

ポイント1.にんじんは弱火で炒めるのがコツ

にんじんはゆでずに炒めるほうが水っぽくならなくておすすめ。焦げやすいので、弱火でじっくり加熱しましょう。甘みが出て、びっくりするほど美味に♪

ポイント2.のりの端を2㎝ほど残してご飯を広げよう

ご飯は目分量だと、はみ出したり、たりなくなったりしがち。大人があらかじめ8等分してから、渡したほうが失敗ナシ。巻き終わりを考え、2㎝ほどご飯をのせないようにしながら広げるのがポイント。巻き終わりはギュッと手で押さえると、仕上がりがきれい。

調理/コウケンテツ 撮影/馬場わかな スタイリスト/河野亜紀 構成・文/松崎祐子

関連するキーワード

こちらの記事もチェック!

連載記事の新着記事も見てね

AND MORE

PICK UP

サンキュ!
2020年1月号
発売中!

最新号の特集一覧と、立ち読み、プレゼント応募はこちらから。
定期購読・電子版・ネット書店販売も。

最新号をチェック