1. トップ
  2. 連載記事
  3. 【連載】わたしたちも働きママン!第12回

【連載】わたしたちも働きママン!第12回

2019/03/14【 連載 】

CONTENTS

今回登場する読者は……津久田ゆかりさん〈仮名〉(徳島県 40歳)

保育園の給食室での調理補助パート。週5日、8:30 から13:00 まで時短で働いている。夫(40歳)、長女(12歳)、長男(10歳)の4 人家族

津久田さんの働きママン・ヒストリー

大学で管理栄養士の資格を取得。卒業後ホテルなどで働く。24歳で結婚。26歳で長女を妊娠し退職。29歳で長男出産。31歳で仕事再開。内職やパートなど4つの職場を経て39歳で理想の現職をGET。

4つの職場を経験して、理想の仕事を見つけました

今回登場した津久田ゆかりさんの「これが知りたい」Q&A

今回登場してくれた「働きママン」の質問に専門家が回答&アドバイス!同じような悩みを持つかたも多いのでは?

<アドバイスは・・・ハナマルキャリア総合研究所上田晶美さん>
大学卒業後、流通会社へ就職、出産を機に退職し、94年より日本初のキャリアコンサルタントとして活動。3人の子どもを育てながら活動し、12年より、株式会社ハナマルキャリア総合研究所 代表取締役に。

Q:今のパートは、少しですが賞与が出ます。長く働けば、賞与額がアップする可能性はありますか?

A 賞与額アップは、会社の業績や売り上げしだいです

賞与が出るのはありがたいですね。賞与の規定は会社ごとに違い、金額は基本的に業績や売り上げしだいです。パート・アルバイトは、働いた期間に関係なく、一律の場合がほとんど。職場の規定を確認してみてはいかがでしょうか。

Q:将来地元でカフェを開きたいという夢があります。開業資金はどのくらい必要ですか?

A 資金は家賃がいちばんの問題。家賃1年分が必要なケースも

カフェの開業では、まず「家賃」が問題。家賃1年分を保証金などで納めなければならない場合もあるそうです。家賃が月10万円なら120万円ですね。ほかに内装工事や厨房設備などの資金も必要です。実際のカフェ経営や開業にかかったお金の体験談が、ネットにたくさん出ているのでチェックしてみましょう。

作者プロフィール・・・

おぐらなおみ

イラストレーター&マンガ家。働く女性や夫婦・親子関係、愛猫などをテーマにしたコミックエッセイをサンキュ!ほか複数の媒体で連載中。

■おぐらなおみさんの公式ブログ「中身はつぶあん。」はコチラ

取材・文/神坐陽子

こちらの記事もチェック!

連載記事の新着記事も見てね

AND MORE

PICK UP