【連載】わたしたちも働きママン! 第16回

2019/07/25【 連載 】

CONTENTS

今回登場する読者は……岡本奈々さん(高知県 41歳)

食材キット宅配サービス会社で配達とルート営業担当する正社員。長男(12 歳)、二男(10 歳)、長女(8 歳)の4人家族。シングルマザー

岡本さんの働きママン・ヒストリー

高校卒業後2 年間ホテル勤務。アルバイトを経て25 歳で古本チェーンのフルタイムパートに。28 歳で結婚。産休育休を取りながら29 歳で長男、31 歳で二男、33 歳で長女を出産。34 歳で離婚。37 歳で転職し現職に。8:45 ~ 18:15(残業あり)、週休2日で働く

夫の心変わりで離婚。 「悩まない」をモットーに ここまできました

今回登場した岡本奈々さんの 「これが知りたい」 Q&A

今回登場してくれた「働きママン」の質問に専門家が回答&アドバイス! 同じような悩みを持つかたも多いのでは?

<アドバイスは・・・ハナマルキャリア総合研究所上田晶美さん>
大学卒業後、流通会社へ就職、出産を機に退職し、94年より日本初のキャリアコンサルタントとして活動。3人の子どもを育てながら活動し、12年より、株式会社ハナマルキャリア総合研究所 代表取締役に。

Q:役職をめざすうえで、今からやって おくといいことを教えてください

A 部署全体の売り上げ目標達成など、マネージャーの視点を持とう

マネージャーという仕事は、1に予算管理、2に人事管理が重要になります。1については、すでに率先して契約件数を伸ばす努力をしているのはさすが! 今後は、部署全体の売り上げ目標達成に貢献するなどの視点を持つといいですね。目標達成には何が必要か、問題点やその解決策などを自分なりにシミュレーションして、全体を見る力を今から鍛えましょう。2については、次の質問にも関係するので後ほどお答えします。

Q:同僚に仕事のことを相談され、 「相手のために」とまじめに 答えたら煙たがられたことが……。 アドバイスのコツが知りたいです

A 今は聞き役に徹して。解決策を考えるのは「自分の訓練」としよう

女性の悩み相談は、解決策より共感を求めているとよく言われます。仕事の相談でも立場が同じ同僚なら、まずは「聞き役」に徹するのがいいでしょう。どうするか決めるのは本人ですから。ただ、管理職になればアドバイスが必要な場面もあります。相手に伝えなくても、この先に向けた訓練として解決策を考えることは、意味があると思います。とはいえ、同僚と飲みに行くなど、人間関係は基本的に良好な様子の岡本さん。人事管理もうまくいくでしょう。頑張って!

作者プロフィール・・・

おぐらなおみ

イラストレーター&マンガ家。働く女性や夫婦・親子関係、愛猫などをテーマにしたコミックエッセイをサンキュ!ほか複数の媒体で連載中。

■おぐらなおみさんの公式ブログ「中身はつぶあん。」はコチラ

こちらの記事もチェック!

連載記事の新着記事も見てね

AND MORE

PICK UP

サンキュ!
2019年12月号
発売中!

最新号の特集一覧と、立ち読み、プレゼント応募はこちらから。
定期購読・電子版・ネット書店販売も。

最新号をチェック