【連載】それいけ!オット隊 忘れられない 運動会の思い出

2019/09/19【 連載 】

学生時代の運動会の思い出や、子どもの運動会で起こったハプニングなどを公開!やはり、トホホな思い出のほうが印象深いですね。

忘れられない 運動会の思い出

声が大きかったので、運動会では応援団の団長に。それを自慢すると、妻に冷たく言われる。「家は運動会じゃないので、小さい声で話して」(宮城県 小売業 43歳)

子どもの運動会。朝4時から場所取りをするも、ちょうど木陰がなく、日差しがスポットライトばりに当たって、日焼けがすごかった(神奈川県 事務 47歳)

子どもの運動会で保護者の借り物リレーがあり、張り切って参加。僕が当たった借り物のお題は「オムツ」。とっても焦っていたので、何を勘違いしたのか、子連れの保護者に向かって「お子さんのパンツ貸してください!パンツー!」と全力で叫んでいました。間違いに気がついたとき、顔から火が出そうなほど恥ずかしかった( 岐阜県 飲食業 36歳)

保護者が参加する縄跳び競技の最中、ズボンが落ちてきて半ケツ状態に!(恥)(東京都 営業 30歳)

中学生のころ、騎馬戦の馬の先頭でした。その騎馬戦は、相手がいなくなるまでのタイマン勝負! 体中が傷だらけになったけど、あのときの勇気と友情は、今でもいい思い出! (千葉県 事務 43歳)

長男が保育園のころ、スタート地点にいる2歳の息子に呼びかけ、ゴールで待ち構えるという競技に参加。しかし、何度呼んでも息子は来てくれず……。しまいには、隣にいた保護者のもとにゴール! この時期、残業、土日出勤続きで息子を構ってあげられなかったツケが、まさかこんなところで回ってこようとは思わなかった( 福岡県 派遣業 45歳)

イラスト/黒崎玄

■『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

こちらの記事もチェック!

連載記事の新着記事も見てね

AND MORE

PICK UP

サンキュ!
2019年11月号
発売中!

最新号の特集一覧と、立ち読み、プレゼント応募はこちらから。
定期購読・電子版・ネット書店販売も。

最新号をチェック