ジメジメした時期に活躍!調味料用おすすめ「珪藻土ブロック」

2019/06/06

ジメジメした時期は、キッチン調味料の湿気が気になります。そんなときに活用したいのが、ホームセンターやニトリ、100均などの珪藻土乾燥剤。

天日干しすると繰り返し使え、バスマットやコースターなど豊富な商品があります。最近は調味料用も増えてきました。

各社から出ている乾燥剤を、整理収納コンサルタント&親・子の片づけマスターインストラクターで、インテリアコーディネーターなどの資格を所有する、小堀愛生さんに紹介してもらいました。

ニトリのKarariシリーズ「珪藻土スティック」(277円)

ニトリで販売しているKarariシリーズの「珪藻土スティック」は、4個セットで277円。1本のサイズは幅6×奥行1.5×高さ1cmとコンパクトで、調味料ケースにも入れやすいです。

おすすめは、湿気があるとダマになりやすい顆粒調味料に使用すること。100均のオイルポットなどに、顆粒だしと珪藻土スティックを一緒に入れたら、サラサラがキープできます。

Karariシリーズには、六角形の珪藻土もあります。2個セットで価格は185円。塩など、たくさん使う調味料は保存容器も大きいので、このタイプがおすすめです。

セリアでは「スプーン・スコップタイプ」の珪藻土も!

100円ショップのセリアは、スプーン、スコップタイプの珪藻土を販売しています。価格はどちらも100円。

調味料ケースに、スプーンなどを入れておく人もいるかもしれません。湿気で、調味料がスプーンに固まってしまうこともしばしば。でも、この商品なら湿気をしっかり吸うので、入れたままでも大丈夫。サラサラの状態で使えます。

湿気の吸い取りが弱くなったら、天日干しで復活!

珪藻土はしばらく使っていると、効果が薄れてくることもあります。調味料がつくようになったら、天日干しで乾かすと繰り返し使えます。珪藻土を活用して、ジメジメ時期を快適に過ごしましょう!


教えてくれたのは・・・小堀愛生(サンキュ!公式ブロガー暮人)さん
整理収納コンサルタント&親・子の片づけマスターインストラクター、二級建築士、キッチンスペシャリスト、インテリアコーディネーターなどの資格を所有。衣食住をテーマに暮らしをちょっとのことでもっとたのしくするSSS-Style+(㈱コボリライフ)の責任者。私生活では3人の子どものママでもあり、サンキュ!ブロガーとしても活躍。

※記事内の商品価格は、表記がない限り消費税抜きの価格です。
※商品情報は2019年5月現在のものです。店舗によっては取り扱いがない場合があります。

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND