冬の必須100均!?着けたままスマホ操作できる手袋を比較レビュー

2018/12/10

真冬の寒空の下、スマホ操作をしていると手が冷たくなってしまいますよね。でも、冷たいからといって手袋をしてしまうと、スマホ操作できなくなってしまう……そんなとき、100均にあるスマホ対応手袋を持っていると便利です。

今回は100均ショップ「ワッツ」で見つけた、着けたままスマホが操作できる3種類の手袋を、100均達人のたくたくさんにレビューしてもらいました。

全部100円!ワッツのスマホ対応手袋

スマホのタッチパネルは「静電容量方式」と呼ばれる、指先に流れる静電気に反応して動作する仕組みになっています。手袋などをしてしまうとタッチパネルに静電気が伝わらないため、反応しないわけです。

逆に言えば、指先の静電気がタッチパネルに伝われば手袋をしていてもスマホの操作は可能ということになります。そして、100円ショップには、着けたままスマホ操作ができるように加工された手袋が複数種販売されているのです。

操作性は抜群!しかし寒さには弱い……「指切り手袋」

手袋を着けたままスマホ操作したい場合、いちばん簡単な方法は……持っている手袋の指先を切ってしまうこと。でも、お気に入りの手袋の指先を切るなんて、もったいないですよね。

そんなときは、こちらの「ロング 指切り手袋」を活用しましょう。指先が自由になる、指切り手袋は以前から販売されていましたが、スマホ時代になった今、ふたたび注目を集めています。自分でも簡単に作れるのですが、100円なら買ったほうがイイですよね。ただ、指先が完全にオープンなので、寒さに弱いという弱点も……。

指3本のタッチパネル操作に対応「ニットグローブ」

指先の電流を伝える素材を編みこむことで、着けたままスマホ操作ができる手袋もあります。本製品「ニットグローブ」は、親指・人差指・中指の3本に通電素材を編み込まれています。ニット製で薄手なのですが、指先が完全に覆われているので指先が冷たくなりません。

モコモコ素材であったかい「ふわもこグローブ」

暖かさとスマホ操作の両方を求めるなら、この「ふわもこグローブ」がおすすめ。タッチ操作は親指と人差指の2本ですが、生地が厚いので暖かさは十分。値段が100円(税別)なのもうれしいところ。暖かいだけではなく、商品名にあるとおり素材の“ふわもこ”な肌触りもとても気持ちいいですよ。

スマホが操作できる手袋は冬の必須アイテムに!

スマホ対応していない手袋だと、電話がかかってくるたびに手袋を外す必要があるので、とても面倒です。なので、スマホが操作できる手袋は冬の必須アイテムになりました。

最近は、スマホ対応手袋のデザインや色も増えてきています。今回ワッツの手袋を紹介しましたが、ダイソーやセリアなど他の100円ショップでも販売しています。デザインも値段もいろいろあるので、お近くのお店で好みの手袋を探してみてくださいね。

教えてくれたのは・・・たくたくさん
毎⽇100円⽟をにぎって100円ショップ巡っている50代のオジさん。100円ショップで⾒つけた⼩さな幸せを⽇本中に発信するため、⽇々奮闘する100均達人。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND