今からでも買い!持っておきたいインナーダウンベスト【無印良品&ユニクロ】徹底比較!40代おすすめコーデも

2021/02/20

秋・冬・春と長いシーズン活躍してくれる「インナーダウンベスト」。いろいろなお店やブランドから発売されているので、どれを買うか迷ってしまう…なんてことはありませんか?

そこで今回は、身近で買いやすいユニクロと無印良品の2アイテムで比較!毎年人気・ユニクロの「ウルトラライトダウンベスト」&無印良品の「軽量ポケッタブルダウンベスト」を実際に着てみながら比べてみます。

合わせて今回は、大人女子に提案したい着まわしコーデを、ファッションライターの木村麻衣子さんに教えてもらいました。

無印良品「軽量ポケッタブルダウンベスト」はこちら

無印良品の「軽量ポケッタブルダウンベスト」は2,990円(税込)。

ふっくらと柔らかなダウンはオーストラリア産。ダウン90%・フェザー10%で、熱を衣類に閉じ込め、軽さとあたたかさを兼ね備えたつくりになっています。

S・M・L・XLの4サイズ、カラーは7色展開。160cm普通体型の筆者は、ダークネイビーのLサイズを購入しました。

ポケッタブル仕様が便利

画像のように、コンパクトにたためる仕様になっています。ユニクロは袋が別についていましたが、無印は収納ポケットが服にくっついているので、なくしものが多い筆者にはうれしいポイント。

ユニクロの「ウルトラライトダウンベスト」の詳細は別記事でご紹介しています。

ユニクロ・無印「ダウンベスト」徹底比較!

どちらもLサイズでサイズ比較していきます。重ねてみると、ユニクロの方が細身でウエストシェイプあり。無印はすとんとストレートな形で、身幅が広めです。

パイピングにもそれぞれ違いが。
ユニクロはフロントにパイピング、無印は袖ぐりにパイピングがあります。
次からは実際に着たところを比較していきます!

ユニクロ&無印良品、着画で比較!

ダウンの幅はユニクロのほうが細め。
細ボーダー&太ボーダーのような見た目の違いがあり、ユニクロの方がすっきり見える印象。
ユニクロは薄手なぶん動きやすく、無印はふっくらしたダウンの見た目どおり、暖かく感じられます。

横から見ると違いがはっきり!
ボタンの数がひとつ多いぶん、ユニクロのほうがぺたんこですっきり見え。
無印は裾にかけて膨らみがやや出ています。

スマートに着たいならユニクロ、暖かみあるほっこり感がほしいなら無印良品。というイメージですね!

無印良品「軽量ポケッタブルダウンベスト」40代のおすすめコーデ3選

ここからは、無印良品のネイビーダウンベストを使った着まわしコーデをご紹介していきます。
春も使えるベストは、今から買っても活躍してくれますよ。

パーカー合わせは「同色でそろえる」と大人っぽく見える!

ネイビーのパーカーに重ねて。
ネイビー×ネイビーの同色で合わせると、まとまりが出てカジュアルコーデも大人らしく見せてくれる効果が。
下のボタンを開けて、ベストのシルエットの変化を楽しんだカジュアルスタイル。

シャツのインに忍ばせてこっそり防寒!

オーバーサイズシャツのインナーに。
まだ少し寒いけど、アウターじゃなくてシャツを着たい!というシーンにお役立ち。
春っぽさを出しながら、防寒もこっそりできちゃう優れものです。

ネイビー×ホワイトで爽やかマリンスタイルに

春が近づき暖かい日におすすめなマリンコーデ。
ネイビー×ホワイトで、爽やかな大人マリンスタイルの完成!
ダウンベストは軽く羽織って軽さを出して。

ユニクロ「ウルトラライトダウンコンパクトベスト」・無印良品の「軽量ポケッタブルダウンベスト」を比較してみました。春まで使えるインナーダウンベスト、どれを買うか迷ったときの参考になればうれしいです!


■教えてくれたのは・・・ファッションライター木村麻衣子さん
3人育児をしながら等身大のおしゃれを楽しむママライターとして日々奮闘中。リアルなママコーデをインスタグラムで発信しています。


※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
※記事内の商品価格は、表記がない限り消費税抜きの価格です。
※商品情報は記事執筆時点のものです。店舗によっては取り扱いがない場合があります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND