無印良品マニアが厳選!1000円台以下の収納名品ランキングBEST5

2021/04/04

無印良品は取り扱う商品数が多く「何を買ったらいいか迷っちゃう」という人に七賢人がご紹介します!プチプラで家中のごちゃつきをサクッと解消してくれる、あると便利な収納グッズが盛りだくさん!選ばれるのには訳がある!

無印良品七賢人とは?
SNSで「この人が言うなら間違いない!」と信頼されている無印良品ユーザーのカリスマ。


<無印良品七賢人の皆さん>
・インスタグラマー @saori.612さん
夫と2人暮らし。Ameba公式トップブロガー。著書に『狭い部屋でもスッキリ片づく ふたり暮らしのつくり方』がある。

・整理収納コンサルタント 瀧本真奈美さん
「クラシング」代表、住宅収納スペシャリスト。最新刊は『自分に心地よい小さな暮らしごと』(主婦の友社)。

・ルームスタイリスト ドキ子(Yuki)さん
15歳と6歳の姉妹の母。整理収納アドバイザー1級。著書に『片づけ下手でもおしゃれな部屋って言われたい!』など。

・整理収納アドバイザー 能登屋英里さん
5歳の女の子の母。住宅収納スペシャリスト。自らリノベーションした自宅マンションは雑誌やウェブへの露出多数。

・インスタグラマー ののこさん
14歳の女の子、4歳の男の子の母。家事テク・貯金テクが大人気。著書に『スッキリ家事でお金を貯める!』がある。

・漫画家 藤田あみいさん
7歳の女の子の母。無印良品サイト内「ぜんぶ、無印良品で暮らしています。三鷹の家大使の住まいレポート」連載中。

・インスタグラマー @miji_mujiさん
インスタグラムでアイテムのジャンルは問わず、無印良品オンリーのアカウントを運営。フォロワーは約17万人。

※7人に1~5位の愛用品を答えてもらい、順位と答えた人数をかけてランキング化

1位 ポリプロピレンファイルボックススタンダードタイプ・A4用

落ち着きのあるホワイトグレーでインテリアになじむ。穴に指を掛けると引き出しやすい。(約幅10×奥行き32×高さ24cm) 各¥446


「書類、ストック、ノートパソコンまで家中で使える汎用性がいい」(ドキ子さん)

「子どもの絵本などカラフルな物もスッキリしまえる」(ののこさん)

「仕切りとしても優秀。汚れも目立ちにくい」(瀧本さん)

2位 やわらかポリエチレンケース

耐冷・耐水。(大・約幅25.5×奥行き36×高さ24cm、中・約幅25.5×奥行き36×高さ16cm、ハーフ中・約幅18×奥行き25.5×高さ16cm)
大¥900、中¥719、ハーフ中¥628、フタ¥264、フタ(ハーフ用)¥173


「軽いのでとっても持ち運びしやすい」(@saori.612さん)

「清潔感ある白が気に入り、水まわりで使用中。軽さも◎」(能登屋さん)

「別売りのフタをつけると重ねられます」(ののこさん)

3位 スチロール仕切りスタンドホワイトグレー

3仕切りつきの大サイズ。仕切りの間隔は約8.3cm。スチロール製で丈夫かつ倒れにくい。横置きでも使用可能。(約27×21×16cm) ¥810

「重い本も倒れずたくさん収納できます」(@miji_mujiさん)

「バットやボウルを収納するのに愛用中」(ののこさん)

4位 ポリエステル綿麻混・ソフトボックス長方形・大

生地の内側をコーティングした布製ボックス。棚の引き出しとしても使いやすい。長方形の大タイプ。(約幅37×奥行き26×高さ34cm) ¥900


「使わないときは折りたためる。長く使ってますが形くずれもなし」(瀧本さん)

5位 持ち手付帆布長方形バスケットスリム・大

持ち手つきでバッグ感覚で使え、コンパクトにたためる布製バスケット。丈夫で自立する。(約幅37×奥行き18.5×高さ26cm) ¥1,355


「アイロンなどを入れてます。リビングへの持ち運びもラク」(能登屋さん)

これもめちゃめちゃ使える!

収納達人が「あると確実に家が片づく」と絶賛するこちらのアイテムにも注目!

ポリプロピレン収納ケース・引出式・大

半透明で中身をぼんやりと隠してくれるので生活感が出すぎず、外から中身も把握できる。(約幅34×奥行き44.5×高さ24cm) ¥1,082


「衣装ケースの中でこのサイズ感がいちばん使いやすい!」(能登屋さん)

自立収納できるキャリーケース

紙だけでなくハードな物も保管できて収納時には自立するケース。A4用。(約縦28〈持ち手含む〉×横32×厚さ7cm) ¥810

「大切な書類やお薬手帳などをまとめて管理」(@miji_mujiさん)

※クレジットのない物はすべてスタイリストと七賢人の私物になります。

参照:『サンキュ!』2021年4月号「無印良品の本」より。掲載している情報は2021年2月現在のものです。撮影/山本あゆみ[イメージ] 取材・文/杉澤美幸 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND