マ・ドンソクのおすすめ映画3選!韓国からマーベルヒーロー誕生!映画『エターナルズ』でギルガメッシュを演じる俳優

2021/12/09

韓国に留学経験がありマニア歴は15年以上!年間30本以上の韓ドラを字幕なしで楽しんでいるサンキュ!STYLEライターJUMIJUMIです。

アベンジャーズなどでお馴染み、マーベル・スタジオの最新映画『エターナルズ』が11月5日に公開されました!『エターナルズ』は特別な能力を持つ10人のヒーローが人類滅亡の危機に集結し、人類を守るために戦うアクション超大作です。

その10人のなかに韓国の俳優マ・ドンソクがいることをご存知でしょうか?
※『エターナルズ』にはアメリカ名ドン・リーとして出演

今回は韓国から生まれたマーベルヒーロー、マ・ドンソクについてご紹介していきます!

韓国留学を機に韓国の文化に魅了される。年間30作品以上の韓国ドラマを視聴し、またライターとして情報発信も積極...

>>>JUMIJUMIの記事をもっと見る

マ・ドンソクってどんな俳優?

Eternals (Original Motion Picture Soundtrack)

控えめに言っても超強面。筋肉隆々の厚みのある肉体。一度見たら忘れられないその存在感は世界的に見ても唯一無二です。

韓国出身ですが10代のころにアメリカに移住しアメリカ国籍を取得しています。体育学を学びアスリートのパーソナルトレーナーとして活躍したり、ナイトクラブの用心棒をしたり、俳優になる前から鍛え抜かれた肉体を活かしていました。

2004年に韓国で俳優デビューして以降これまでに出演した映画は50本以上!韓国映画界になくてはならない存在となりました。

見た目の強烈な印象から超極悪なヤクザのボスや、ヤクザと対等にやり合う熱血刑事などのヴァイオレンスな役柄が非常に多い一方で、腕っぷしは強いが心の優しい男という役柄の印象もあります。

『エターナルズ』でも随一の怪力能力を持ち圧倒的な強さを誇りながら、最も心の優しい良心的な存在のギルガメッシュを演じています。

韓国では「マブリー」(名字のマ+ラブリーの意味)とあだ名がつくほど!とても親しみやすくファンにも神対応、共演者ともすぐに仲良くなるお茶目で優しい人だと言われています。

マ・ドンソク出演のおすすめ映画3選!

50本以上の作品に出演しているので選ぶのが非常にむずかしいのですが、マ・ドンソクの魅力が詰まっているのと同時に、韓国映画らしさがより強い作品をジャンル別に厳選します。

ヴァイオレンスアクション:2019年『悪人伝』

悪人伝 [Blu-ray]

極悪非道なヤクザの組長ドンス(マ・ドンソク)は、ある夜何者かに襲われますが、強靭な体のおかげでなんとか一命は取りとめます。ライバル組織の仕業だと疑うドンスは、手下を使い独自に犯人探しを開始。

捜査のためなら手段をいとわない荒くれ者のチョン刑事(キム・ムヨル)がこの事件の担当になりますが、犯人はヤクザではなく連続殺人犯だと確信します。

「自分が犯人を捕まえる」と敵意むき出しの2人の仲は最悪ですが、徐々に互いの存在を認め協力しながら凶悪犯を追い詰めていきます!

韓国映画はヴァイオレンスアクションの宝庫ですが、この作品ではその非道さ・残酷さが上書きされた気がします。とにかくマ・ドンソク演じるドンスの極悪さがすごい!私自身は暴力的なシーンが苦手なので、直視できずに何度か目を伏せました…。

しかし緻密で狡猾な連続殺人犯に迫っていくストーリーはサスペンス要素も強く見応えがあり、痴話喧嘩を繰り返しながら豪快に自分のやり方を突きとおす2人の姿も痛快です!

パニックアクションホラー:2016年『新感染 ファイナル・エクスプレス』

新感染 ファイナル・エクスプレス(字幕版)

娘とともに釜山行きのKTX(日本の新幹線のような列車)に乗ったソグ(コン・ユ)。しかしソウル駅を発車して間もなく、狂暴化したゾンビのような女が乗務員を襲い、噛まれた乗務員も何かに感染したように狂暴化。止まらない密室の車内は、瞬く間に感染者が増え地獄と化していきます。

妊娠中の妻と乗車していたサンファ(マ・ドンソク)、高校生のヨングク(チェ・ウシク)、そしてソグが中心となり感染者と戦いながら終点を目指しますが…彼らは生き抜くことができるのでしょうか。

感染者に噛まれた人がまた感染して…というゾンビパンデミックの王道展開ですが、私はこの作品に魅了されました。そして「まさかゾンビ映画で?」と自分でも驚くほど号泣しました。

まずは感染者の描写が非常に怖くて不気味で素晴らしい!そして舞台が列車内であるという特異性から感染者との戦い方や脱出劇にも新しさが詰まっていて、スピード感のある展開も加わり夢中にさせられます。

マ・ドンソクは強く優しい男の魅力を発揮!愛する妻を必死に守り、周囲の人たちも見捨てない正義感を持ち、戦えば最強という逞しい男性を熱演しています。

コメディー:2019年『スタートアップ!』

スタートアップ!

勉強嫌いで高校も中退。口うるさい母親のせいで家にいるのも嫌。不器用で素直になれない18歳のテギルは家出を決意します。

あてもなく行き着いた中華料理店で住み込みのバイトを始めますが、その厨房には巨体におかっぱ頭という一際怪しいオーラを放つ料理人・コソク(マ・ドンソク)がいました。

生意気に反抗するテギルに容赦なく張り手を浴びせたり、ちょっかいを出したりするコソクや、それを黙って見守るオーナーなど、ちょっと変わった人たちとすごしながらテギルも成長していきます…。


自分らしく生きる方法を求める若者、子離れできない母親、変わりたいのに変われない大人たち。あらゆる世代の悩みごとを描きながら「なんとかなるさ!」と応援してくれるような、笑って泣ける作品です。

マ・ドンソクはコメディ作品にも多数出演していますが、ここまで強烈なキャラクターは初めてでしょう!顔芸も満載で最高に笑えてラブリーなマ・ドンソクをぜひ楽しんでください!

ほかにも必見作品が山ほど!

ファイティン!(字幕版)

一度は落ちぶれたアームレスリング選手が家族のために再び戦う感動作『ファイティン!』。
死んだ人間が冥界の使者とともに、7つの地獄で裁判を受け転生を目指すファンタジーアクション『神と共に』。

そのほかにも紹介しきれないほど、ジャンル豊かな作品に出演しているマ・ドンソク。あなたもぜひお気に入り作品を見つけてください!

◇この記事を書いたのは・・・JUMIJUMI
●ハンドメイドラタン雑貨のネットショップを運営
●韓国留学経験を活かし、韓国ドラマの解説や韓国アイテムを紹介
●薬膳フードデザイナーとして家庭で簡単に取り入れられるような薬膳料理やライフスタイルを提案。障害のある娘の体調管理に活かすため資格取得。

※記事の内容は記事執筆当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND