新しいモダンなリビング ルーム キッチン。新しい家。内部の写真撮影。木の床。

意外といらない?捨てたら家事がラクになったもの3選

2020/03/10

「あると便利」なグッズはたくさんありますが、買いすぎてしまっては活用しきれず、邪魔になってしまうことも……。今回は「ウィメンズパーク」で「捨てたら家事が楽になったもの」を調べてみました。あなたの家にも、意外といらないものがあふれているかも?

1. キッチン用具

キッチン用具は、必要最低限でOK!代用できるものは代用し、洗いものを減らしてキッチンをすっきりさせましょう。

・ずばり、炊飯器です。あるのが当たりまえでずっと使っていましたが、子どもが「調理実習で鍋で米を炊くから家で練習したい」と言い、それから鍋で米を炊くようになりました。炊飯器だと洗うのが面倒ですが、シンプルな鍋だと楽ですよ。しかも炊き立てがおいしい!

・食器の水切りカゴ。結構汚れるので、3年くらい使って撤去しました。洗いものをすぐ布巾で拭いて食器棚にしまわなければいけないので、多少手間はかかりますが、キッチンがすっきりしますよ。うちでは、珪藻土バスマットを下に敷いています。

・魚焼きグリルですね。魚は専用シートを使ってフライパンで焼くようにしてから、もう楽で楽で……。グリルだと掃除が面倒くさいので、最近は使わなくなりました。

2. バスタオル

意外と多かったのが、バスタオルでした。フェイスタオルで代用するだけで、洗濯がぐっと楽になるようですよ。

・お風呂用のバスタオルですね。お風呂上がりはバスタオルではなく、フェイスタオルで。毎日洗えて洗濯ものも少なくすむし、干す場所もとらないのでわが家にはあっています。

・バスタオルを捨てました!フェイスタオルだと洗濯もすぐ乾いて楽だし、収納も場所を取らないし、空いたスペースにほかのものが置けるようになって快適ですよ。

・夫を説得して、バスタオルをすべてフェイスタオルに変えました。洗濯がすごく楽になりましたよ!

3. お風呂・トイレグッズ

最後は、お風呂・トイレグッズ。あって当たりまえだと思っているものも、思いきってなくしてみると掃除が楽になるかも?

・お風呂の排水溝のふた。あのふたの目的って見た目だけの問題だと思います。撤去してからはふたのヌメヌメ掃除から解放されて、とても楽です。

・排水溝のふたですね。ふたがあると、ふたの裏にカビが発生するんですよね。家族しか使わないのに、目隠し用のふたっているかな?一応来客が来たときのために、ふたは捨てずに残してあります。

・バスマットやトイレマット。これをなくすことで、掃除・洗濯の手間が省けましたよ。

・お風呂の浴槽用のふたです。家族で立て続けに入ればさめないし、さめても追い炊きすればいいので。カビも生えやすく邪魔だったので撤去しました。なくても困りません。

・トイレの掃除ブラシ。汚いブラシをさわらなくてすむので、気持ちいいですよ。

4. まとめ

みなさん思いきってものを捨てて、家事を時短にしているようでした。ご紹介したことを参考に、あらためて家の中を見渡してみてください。思いきって捨ててみると家事も時短になり、家もスッキリするかもしれませんよ。

■文中のコメントは「ウィメンズパーク」から再編集したものです。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND