日本の 100 円玉ボール

ダイソーの「100円じゃない」おすすめ商品5選

2020/02/10

100円ショップというイメージがあったダイソーですが、近年は100円ではない高額商品(と言っても、十分にお安いものばかり)が増えてきました。

そこで今回は、100均達人のたくたくさんに、いままでに購入した「100円じゃない」おすすめダイソー商品を教えてもらいました。

【150円】のおすすめダイソー商品:珪藻土コースター

もはや100円ショップで定番化している珪藻土コースターですが、私が把握する限りでは最初に発売したのはダイソーでした。品質のよさから、いまでも販売されています。

価格は150円。その後100円の商品も発売されましたが、圧倒的に150円のコースターのほうがオシャレです。購入してから2年が経過していますが、汚れても紙やすりでゴシゴシすればキレイになります。何年も使えるものなので、定番化した珪藻土コースターは間違いなくおすすめです。

【300円】のおすすめダイソー商品:お昼寝クッション

クッションや枕などが豊富にそろっているダイソーのリラックスグッズコーナー。100円~500円でいろいろな種類が販売されていて、眺めているだけでも楽しいです。

そのなかでもおすすめすなのが、お仕事の休憩中に使えるお昼寝クッション。腕をまくらに入れるだけで、机やテーブルの上でお昼寝するのにピッタリです。クール素材でできているので、汗もかかずに安眠が可能。短期間の休憩時間にピッタリです。

【300円】のおすすめダイソー商品: USB扇風機

小さな電気屋さんみたいな印象のダイソーの小物家電コーナー。初夏を迎えるころになると、このコーナーにも涼をテーマにしたグッズが並び始めます(ちなみに冬は加湿器が並びます)。

そのなかで定番化しているのが、USB扇風機。USB端子から電源をとるので、パソコンに繋げばすぐに使えることがウリです。最近はスマホが普及し、USBバッテリーを持つようになったので、電源コンセントがないところでも、扇風機が使えるようになりました。

【500円】のおすすめダイソー商品:カメラ三脚

スマホカメラで手軽に写真が撮れますが、気になるのは手振れです。手振れ写真は映えないので何度も撮り直しますが、めんどうですよね。

ダイソーから発売されたカメラ三脚はスマホホルダーつき。高さ違いで3段と4段、2種類の三脚が販売されています。

お値段はどちらも500円。高さ調節はどちらも可能なのですが、大は小を兼ねるので、4段のものがあれば、そちらがオススメ。

【600円】のおすすめダイソー商品:防水スピーカー

スマホを使い始めてから、100円ショップでスピーカーをいくつも買ってきました。何度かの失敗を経て……このスピーカーに出合ったときは「ようやく欲しかったスピーカーが出た!」と、とてもうれしくなったものです。

このスピーカーは、Bluetoothでスマホと繋げることができて、防水加工。つまり、お風呂で使えるスピーカーということです。音量のアップダウンや早送り、巻き戻しもスピーカーでできるので、ついついお風呂が長くなって困っています。人気商品で大小2種類が発売されていますが、どちらも価格は600円。オススメは初代の小さいほうです。

ダイソーの「100円じゃない」商品は高額だけど高額じゃない

ダイソーは数年前から100円以上の高額商品を販売するようになりましたが、価格のわりに品質が良い商品がたくさんあります。こうして100円以上の商品を並べてみると、ダイソーはもう100円ショップではないのかもしれません。ダイソーというブランドショップなのかもしれませんね。


◆執筆/たくたくさん
毎日100円玉をにぎって100円ショップ巡っている50代のオジさん。100円ショップで見つけた小さな幸せを日本中に発信するため、日々奮闘する100均達人。

※記事内の商品価格は、表記がない限り消費税抜きの価格です。
※商品情報は記事執筆時点のものです。店舗によっては取り扱いがない場合があります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND