1. トップ
  2. ビューティ
  3. 40代が着ると”もっさり”しちゃう!絶対着てはいけない3大ロングスカート

40代が着ると”もっさり”しちゃう!絶対着てはいけない3大ロングスカート

2018/10/06【 ビューティー 】

膝下で安心感もある「ロングスカート」は40代にとって、嬉しいアイテムです。しかしコーディネート次第で、ただのもっさり、レトロなスタイリングに…。ファッションアドバイザーの里村素子さんに、「ロングスカート」のNG着こなしと、そうならない為のスマートな着こなしテクを教えてもらいました!

【日本一スタイリスト数を抱える「airCloset(エアクローゼット)」】
ファッションアドバイザーの里村素子さんが所属している「airCloset」は、身体のサイズやファッションの好み・お悩みなどを元に、スタイリストがコーディネートしたお洋服を毎月お届けするという、日本初のユニークなサービスを提供!毎日のコーデに迷ったら、今すぐアクセス!

▼airCloset(エアクローゼット)

「ロングスカート」は味方にも敵にもなる!

今年の大トレンドはやはりロングスカート。秋冬もそのトレンドは継続中。味方要素が多い安心感あるロングスカートは40代にとって手放せないですね。気を付けないと一気に老けた人に。次の3つをしっかり意識してくださいね。

もっさり見えるNGパターン①中途半端なミドル丈スカート

丈感が微妙だと、膝下バランスが取りにくく野暮ったさのある、垢抜けないコーディネートになることも。

ビギナーは「マキシ丈」が正解!

出典:CBK

フレアラインでも、タイトラインでも、どんなシルエットのロングスカートでも、くるぶしラインの丈なら、靴とのバランスも取れて、洗練度の高い大人コーディネートになりますよ。

もっさり見えるNGパターン②優しい印象のパステルカラーのトップス

ボリューミーなトップスや、二の腕を守ってくれそうなフレアスリーブやベルスリーブを合わせてしまう。これらはロングスカートに合わせると、野暮ったさのある、残念な「昭和感」が漂うスタイリングに。

迷ったら「黒」のトップスをチョイス!

出典:CBK

まずは、迷わずいつもより少しフィット感のある、かつ「黒」のトップスを選ぶと、ボトムスとのバランスにメリハリのある、すっきりとしたコーディネートが完成しますよ!
でも「黒や紺のロングスカートの場合は?」。その際のトップスは比較的対比の強いカラーを選ぶとロングスカートとのメリハリが出て、ボヤっと感のないコーディネートになりますよ。

もっさり見えるNGパターン③着丈長めの羽織ものとの合わせ

ロング×ロングのバランスは、かなり上級のコーデ。よっぽどのモデル体型でないと、中々バランスの取れないスタイリングです。

勇気を出してショート丈の「ライダースジャケット 」にトライ!

出典:CBK

「ライダースジャケットなんて、ハードなアイテムは年齢を重ねているアラフォーに厳しいのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、大丈夫です!
「ライダースジャケット」の本来持つ辛口テイストと、女性らしいロングスカートとのフェミニンテイストが混ざり合い、程良い甘辛MIXコーデに!さらに写真のように、靴やバッグの色で遊べば、大人の抜け感が漂うスタイリングに!

40代のヒップラインや気になる下半身のラインもカバーしてくれ、女性らしさも演出できるロングスカート。バランスともっさり感の出ないコツさえ注意すれば、普段はパンツ派でスカートを履かないという人も、チャレンジしやすいアイテム。ぜひトライしてくださいね。

教えてくれたのは・・・

里村素子さん

エアクローゼット所属のファッションアドバイザー。最も得意なスタイルは、コンサバオフィスファッション。「トレンド先どり!」のようなアイテム、プチプラなのに高見えするアイテムの紹介、アラフォーやワーママでもおしゃれ見える着こなし術など、ファッションに関する実用的で幅広い知識を持つ。




▼airCloset(エアクローゼット)

構成/サンキュ!編集部

関連するキーワード

ビューティの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

ビューティの新着記事も見てね

AND MORE

ビューティの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP