イッキ見必至!「見始めたら止まらない!」おすすめの韓国サスペンスドラマ10選をマニアが厳選

2022/05/02

ラブコメや、ロマンスドラマが人気を集める一方で、近年注目を浴びているのが韓国サスペンスドラマ。本記事では、手に汗握る!衝撃展開に目が離せない10の韓国傑作サスペンスドラマをご紹介します。隠れた名作や、本国でマニア層から高い評価を得た作品など、見逃したら勿体ない最高に面白いサスペンスをチェック!

韓国ドラマをこよなく愛する韓国エンタメライター。WEB媒体を中心に、ラジオ、雑誌等で韓ドラ愛を叫ぶ記事を執筆...

>>>韓国エンタメライターNanaの記事をもっと見る

『悪の花』

出典:PR TIMES

■あらすじ

家事や子育てを完璧にこなす家庭的なペク・ヒソン(イ・ジュンギ)は、刑事の妻チャ・ジウォン(ムン・チェウォン)と娘の3人で幸せな生活を送っていた。 そんなある日、ジウォンはなりゆきで週刊誌の記者キム・ムジン(ソ・ヒョヌ)に夫が営む、金属工芸の工房を紹介する。ムジンがその工房を訪れると、そこには18年前に起きた連続殺人事件の容疑者ト・ヒョンスがいた。正体を隠し、ヒソンとして生きてきたヒョンスは、自分の過去を知るムジンを工房の地下室に監禁する。

■見どころ

2020年の「百想芸術大賞」では数々の部門でノミネートを果たし、「演出賞」を受賞した傑作サスペンス『悪の花』。

本作は、14年間を共にしてきた夫が血も涙もない連続殺人犯だったらー?素性を隠し、名前を変えた男と、彼の過去を追跡する妻を描くサスペンスラブストーリー。鬼気迫るサスペンス展開に惹き込まれるとともに、夫婦愛や家族愛を描いた奥深い脚本に胸を打たれます。2年ぶりにドラマ出演となったイ・ジュンギが、二面性を持つキャラクターを鳥肌ものの演技力で演じ切りました。

毎話手に汗握る緊張感あるストーリー展開に、多くの視聴者が魅了され、海外でも非常に高い評価を得たラブサスペンスの名作です。

『ボイス~112の奇跡~』

出典:PR TIMES

■あらすじ

ム・ジニョク刑事(チャン・ヒョク)の妻ホ・ジヘが殺害され、容疑者コ・ドンチョルに対する裁判が行われる。ジヘが殺害される直前、ジヘ本人から通報を受けた緊急通報センター勤務の警察官カン・グォンジュ(イ・ハナ)が、証人として出廷するが、コ・ドンチョルは犯人ではないと証言する。結局裁判は中断され、事件は未済事件となり、3年の月日が過ぎる。 ジニョクは躍起になってコ・ドンチョルの行方を追い、交番勤務の警察官に降格、グォンジュはアメリカ留学から帰国する。そして変質者に誘拐された女子高生ボンニムを救出するために共に捜査を行うのだが・・・。

■見どころ

日本でも唐沢寿明主演でリメイクされ話題を呼んだサスペンススリラー『ボイス』。韓国では既にシーズン4まで放送された人気シリーズです。

チャン・ヒョク主演の1に始まり、2・3は共にイ・ジヌク主演、4はソン・スンホン主演と主演俳優が変わっているのですが、面白さは変わらない!犯人が序盤に判明するにも関わらず、緊張感がさらに増していくのがこの作品の凄いところ。スリラー色が強めですが、恐ろしさよりも続きが見たい気持ちの方が勝ってしまう中毒性ある一作です。

『ボイス2』は2022年5月2日現在、Netflixで視聴可能です。

『ボイス1、2』は、2022年5月2日現在、Amazon Prime Videoで視聴可能です。

『カイロス~運命を変える1分』

出典:PR TIMES

■あらすじ

ユジュン建設の理事であるキム・ソジン(シン・ソンロク)は、会社のチャリティ公演の日、会場で娘ダビン(シム・へヨン)を誘拐されてしまう。警察の捜査もむなしく手がかりすら発見されない日々が続いていた。一方、母の手術費用のためにアルバイトを掛け持ちするハン・エリ(イ・セヨン)は、ある日携帯電話を失くしてしまう。拾った人がいるかもしれないと電話をかけてみたが、出たのは誘拐犯からの電話を待っていたソジンだった。ソジンはかけ間違いだと伝え、ダビンの失踪チラシの画像を送る。その後、ソジンの元へダビンの体の一部が届き、そのショックによりソジンの妻ヒョンチェ(ナム・ギュリ)も自ら命を絶ってしまう。 絶望の淵に立たされたソジンは自身も命を絶とうとするが、その時チラシを見たエリからダビンを見かけたと連絡が入る。話がかみ合わない2人だったが、やがてソジンはエリの1カ月先を、エリはソジンの1カ月前の時を生きていると分かり…。

■見どころ

本作は、誘拐された幼い娘を見つけなければならない未来の男ソジンと、失った母親を助けなければならない過去の女が愛する人のために「時間を突き抜けて」奮闘するタイムクロージングスリラー。

時空を超えるタイムトラベルものは韓国ドラマでは“あるある”ですが、本作は、それぞれ分離した時空を生きる現在と過去の人物が、1分間の通話で疎通することで「未来」を変えていく斬新なストーリー。二人が生きる時の差が1ヶ月という短さを上手く活かした、スピーディで、息つく間もない衝撃展開の連続に釘付けになってしまうこと間違いなしです!

『調査官ク・ギョンイ』

■あらすじ

保険調査の仕事を通し、再び事件の世界に足を踏み入れたゲーム中毒の元警察官。現場に残されたわずかな手がかりを頼りに、恐ろしい連続殺人犯を追い始める。

■見どころ

不朽の名作『宮廷女官チャングムの誓い』の女優イ・ヨンエの4年ぶりのドラマ復帰作ということで大きな注目を浴びた本作品。

やはり本作の魅力は、これまでになかった「斬新さ」。“優雅さの代名詞”と謳われる彼女がボサボサの髪にハエを纏う“ゲームオタク”を演じているそのギャップだけで心掴まれますが、連続殺人鬼のケイの正体が序盤に明らかになるにも関わらず、「こうなるのかな?」と予測する斜め上の展開が続き、一瞬も目が離せません。

本国のサスペンスマニアたちからも「これまでになかった斬新な作品」と高い評価受け、シネ21が実施した「テレビ評論家計30人が選ぶ、2021年を輝かせた韓国ドラマシリーズ」では2位を獲得した、必見の作品です。

『調査官ク・ギョンイ』は2022年5月2日現在、Netflixで視聴可能です。

『マウス』

出典:PR TIMES

■あらすじ

韓国全土を震撼させた「ヘッドハンター殺人事件」、それは殺害後、頭だけを持ち去る残酷な事件だった。奇跡的に生き残った少年コ・ムチの証言により医師ハン・ソジュンが逮捕される。同時期、遺伝子検査でサイコパス遺伝子を持つ胎児を堕胎させようとする法案が国会で審議されていた…。 25年後、ソジュンに両親を殺されたムチは自らの手で彼を殺すことを目的に、刑事となっていた。折りしも、再び韓国にプレデター(捕食者)と呼ばれる連続殺人鬼が出現。ムチは正義感あふれる真面目な巡警チョン・バルムを相棒に捜査へと乗り出す。一方、ソジュンのサイコパス遺伝子を受け継ぐ子供がいることが明らかになり…。

■見どころ

緻密で緊張感あふれるストーリー展開により、韓国でも大きな話題を呼んだ本作品。

第1話放送直後から様々なSNSを通じて連続殺人鬼に関する推理、真犯人探しが視聴者の間で盛り上がりを見せ、熱心なミステリーファンからも絶賛されました。伏線の数々と視聴者をミスリードしながら何度も裏切るどんでん返しの凄まじさ、そして熱のこもった俳優陣の熱演は見逃せません。

果たして“プレデター”は誰なのか?予想を覆す衝撃のラストは必見です!

『秘密の森』

出典:PR TIMES

■あらすじ

子供時代に脳手術を受けた影響で感情を失い、理性だけで行動する冷徹で孤独な検事ファン・シモク(チョ・スンウ)。日常のように目の当たりにする検察の内部不正を断ち切ろうとしていたシモクの前に、現れた第一の死体。 その後、相次ぐ第二、第三の死体。検察の内部不正を覆い隠すために相次いで起こる殺人の中で、周りの人すべてが殺人の動機を持つ容疑者として次々と浮上する。時には全員が犯人のように、時には全員が無実であるように感じられる…。シモクとは対照的に、人情味あふれる性格のハン・ヨジン刑事(ペ・ドゥナ)協力のもと、シモクはだんだん犠牲者たちの共通点に気付き始める…。

『秘密の森』は、「百想芸術大賞」では大賞を始め、最優秀男優演技賞にチョ・スンウ、脚本賞に脚本家イ・スヨンと三冠に輝いた「歴代最高のサスペンスドラマ」とも呼び声高い名作ドラマ。

最後まで手に汗握る緻密なストーリーで、サスペンスやミステリーマニアからも「最も完成度の高い脚本」と絶賛されている本作。韓国視聴者がドラマを観る目が一層高くなったとも言われており、本作が誕生して以来、「名作ドラマが続々誕生するきっかけになった偉大な作品」と高い評価を得ています。ミステリードラマ好きなら絶対に見ておきたい、2シーズン一気見必至の作品です!

誰が悪人で誰が善人なのかー謎解きが止まらず、誰もが怪しく見えてくる!作り込まれたサスペンスの最高峰です。

『秘密の森1、2』は2022年5月2日現在、Netflixで視聴可能です。

『秘密の森1』は、2022年5月2日現在、Amazon Prime Videoで視聴可能です。

『ウォッチャー 不正捜査官たちの真実』

出典:PR TIMES

■あらすじ

15年前、母の殺害現場を目撃した少年キム・ヨングン(ソ・ガンジュン)、不正を目撃した刑事ト・チグァン(ハン・ソッキュ)、嘘を目撃した検事ハン・テジュ(キム・ヒョンジュ)。 15年後、交通課の警察官になったヨングンは信号無視をした車を検問中に刺され、逃走する犯人を追いかける途中、発砲してしまう。広域捜査隊から異様に厳しい取り調べを受けるヨングンを、監査4班の班長チグァンが釈放させる。犯人が入院している病院に向かったチグァンとヨングンが病室で再会したのは、検事から超敏腕弁護士に転身したハン・テジュだった。この事件の裏に何かあると感じ、それぞれの目的を隠しながら事件解決に協力する3人。15年前、同じ事件に巻き込まれた彼らが必然のように再会し、警察内部の過去を暴き、現在を追撃する!互いを信頼できない彼らの間に漂う張り詰めた緊張感。不正捜査チームのメンバーとなった彼らは、何を監視し、どんな真実を暴いていくのか・・・!?

■見どころ

本作は、『ボイス』シリーズや『トンネル』など傑作サスペンスドラマを数々誕生させてきた韓国のケーブル局OCNのオリジナル作品で、サスペンスの名作『秘密の森』のアン・ギルホ監督が手がけた作品です。

本作の見どころは、ただの捜査ドラマにとどまらず、捜査と不正、善と悪、人間の愚かさや複雑な心理まで深く掘り下げ丁寧に描かれていること。それに加えてラストまで緊張感とサスペンス的楽しさも失わない脚本が見事です。本国では同監督の『秘密の森』を彷彿とさせる秀作とも言われ、サスペンスファンを沸かせた傑作です。

ハン・ソッキュ、ソ・ガンジュンをはじめ、『イカゲーム』で大ブレイクを果たしたホ・ソンテなど演技派俳優たちの熱のこもった演技合戦も必見です!

『ウォッチャー 不正捜査官たちの真実』は、2022年5月2日現在、Amazon Prime Videoで視聴可能です。

『怪物』

出典:PR TIMES

■あらすじ

エリート警察官のジュウォン(ヨ・ジング)は片田舎のマニャン派出所勤務を命じられる。パートナーを組むことになったのはドンシク(シン・ハギュン)。実はドンシクは20年前に妹を連続殺人事件で失い、その容疑者となった過去があった。そんな中マニャンで20年前と同じような猟奇殺人事件が発生。事件の捜査を始めるジュウォンだったが、かつての事件の資料が消えていたり、警察庁次長の父から捜査しないよう命じられる。町ぐるみで何かを隠しているのではと感じたジュウォン。実はジュウォンがマニャンにやってきたのはある理由があった。そして一方のドンシクも胸の内に秘密を抱えていた。ジュウォンとドンシクはお互いに疑いの目を向けながら共に事件を捜査することに。

■見どころ

本作は、名作『秘密の森』に匹敵するほどの完成度を誇り、本国で「アナザーレベルの名作」と絶賛されているサスペンススリラー。

「百想芸術大賞」では「作品賞」を始め、「脚本賞」、「最優秀演技賞」と三冠を達成し、まさに21年を代表するドラマとなった本作品。本作の最大の魅力は、1回から放映終了する瞬間まで緊張感を失わなかった予想を覆す逆転劇はもちろん、「誰もが“怪物”になりうる」というメッセージを投げかけた秀逸な脚本。シン・ハギュンをはじめとする“怪物”のような演技派俳優たちの熱演に魅了されるとともに、韓国ドラマの底力を感じる一作です。

2021年の最高傑作と言っても過言ではない、見逃せない傑作サスペンスです。

『怪物』は、2022年5月2日現在、Amazon Prime Videoで視聴可能です。

『ロースクール』

■あらすじ

国内屈指の名門ロースクールで発生した、不可解な事件。法とは何か、正義とは何か。真実を追い求める法学部教授と野心あふれる学生たちが大きな問いに挑む。

■見どころ

21年は多くの推理もの、捜査もののサスペンスが誕生しましたが、百想を受賞したサスペンスの名作と呼び声高い『怪物』や『悪の花』とともに、高評価を得ている作品が、『ロースクール』です。

本作は、韓国一の名門ロースクールの教授と学生が前代未聞の事件に絡みながら繰り広げるキャンパスミステリー。未来の法曹界を担う若者たちが、真心や法と正義に目覚めていく過程を描きます。本作のすごみは、ある一つの殺人事件から思いもよらぬ方向へと広がりを見せていくストーリーの奥深さ。きっちり回収されていく伏線には鳥肌が立ってしまうはず…!

少し難しいところはありながらも、視聴者の間では推理で盛り上がりを見せるなど、日本でも話題になっていたおすすめのサスペンスです。

『ロースクール』は2022年5月2日現在、Netflixで視聴可能です。

『シグナル』

出典:PR TIMES

■あらすじ

警察のプロファイラーであるパク・へヨン(イ・ジェフン)は、ある日廃棄処分となっていた古い無線機を見つける。すると、突然壊れているはずの無線機から声が聞こえてくる。声の主は刑事イ・ジェハン(チョ・ジヌン)だった。ジェハンは15年前にヘヨンの同級生が犠牲となった未解決事件の手がかりを伝え、無線機は切れる。半信半疑なヘヨンだったが、ジェハンが残した言葉をもとに向かった場所で事件の重要な証拠を見つけ、刑事チャ・スヒョン(キム・ヘス)と共に謎を解き明かしていく。 これをきっかけにヘヨンとジェハンの無線機での交信が始まる。交信していくうちに、ジェハンが現代ではなく過去の人間であることをヘヨンは知る。一方、スヒョンは15年前に失踪した先輩刑事を捜し続けていた…。

■見どころ

『サイン』『キングダム』のキム・ウニ脚本家による傑作サスペンス『シグナル』。坂口健太郎主演でリメイクされ、日本でも有名なサスペンスドラマではないでしょうか。

本作の魅力は、サスペンス要素やファンタジー要素だけでなく、骨太人間ドラマも同時に展開していくヒューマンドラマ要素も強いこと。「諦めなければ未来は変えられる」という時代を超える刑事の熱い想いに胸が熱くなります。

「百想芸術大賞」をはじめとした9冠を獲得し、本国でも『秘密の森』と共にサスペンスの名作として挙げる方が非常に多いレジェンド名作サスペンスです。

『シグナル』は2022年4月15日現在、Netflixで視聴可能です。

『シグナル』は、2022年5月2日現在、Amazon Prime Videoで視聴可能です。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND