1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. この人年齢より「老けたな」「若いな」と感じるときって、どんなとき?

この人年齢より「老けたな」「若いな」と感じるときって、どんなとき?

2018/12/11【 ライフスタイル 】

友だちや有名人を見て「この人急に老けえたな」と思うことってありませんか?一方で「この人年齢より若いな~」と感じることもありますよね。主婦167人はどんなとき、どんなところを見て、「この人老けたな」「若いな」と感じるのでしょう?聞いてみました。

「この人老けたな」と感じるポイントはココ!

みんなが友だちや有名人を見て「老けたは」とは、どんなとき、どこを見て感じるのでしょう? 

<部分的なポイント>

「目元や口元のシワ。」

「ほうれい線や目のくぼみ。」

「クマやくすみ、首のシワが見えたとき。」

「髪が薄くなったり、パサついていたり。」

「白髪が増えたり、処理が甘いとき。」

「あごのたるみ。」

<全体的な印象>

「全身から疲労感を感じるとき。」

「急に太ったとか、逆にヤセすぎてコケてるとき。」

「性格が急に変わったと感じるとき。」

「化粧をきちんとしていなかったり、化粧ノリが悪いとき。」

「若い子向けのファッションが浮いているとき。」

「元気がない。」


<その他>

「自分より年下の人のことを「若い子」と呼ぶとき。」

「この人、年齢より若いな~」と感じるポイントはココ!

では、友だちや有名人を見て「年齢より若いな」とは、どんなとき、どこを見て感じるのでしょう? 

<見た目>

「肌にハリや透明感がある。」

「体型が管理されている。」

「髪がキレイ。」

「ファッションが若い。」

「姿勢がいい。」

「手がきれいなとき。」

<印象>

「目が生き生きして、エネルギーがあると感じるとき。」

「身だしなみがきちんとしている。」

「行動力があったり、SNSなど若い子と同じようにツールを使いこなしているとき。」

「いつも笑顔で元気。」

「明るくて、何でもチャレンジしているとき。」

「若く見える」には、内面的な若々しさも大切!

「若く見える」ポイントで多かったのは、「笑顔で前向き」とか「フットワークが軽い」といった、内面から生まれる若さや行動力に関することでした。
たとえ白髪が増えても体型が崩れても、それをケアしたりカバーしたりする実行力には、気持ちの若さが必要です。どんなに年齢を重ねても「いつも生き生き輝いてるね」って思われたいですね。ぜひ参考にしてみてください。


(文・田谷峰子)

*サンキュ!モニター167人アンケート調査 2018年7月実施


関連するキーワード

ライフスタイルの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

ライフスタイルの新着記事も見てね

AND MORE

ライフスタイルの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP