価格が安いものだと笑われる?主婦の喪服選び事情

2019/02/08

今回は「ウィメンズパーク」から、喪服に関するトピックをご紹介します。急きょ喪服が必要になったトピ主さん。選ぶさいに、店員からあまり安いものを選ぶと笑われるかも……といわれたそうです。はたしてみなさんの反応は……?

1. 価格が高いものはやっぱりいい

「笑う・笑わない」は別として、価格が高い喪服のほうが着心地がよく、長く着られるという声が挙がりました。安いものと比べると、色や生地、印象の違いがはっきりわかるそうです。

・独身時代に買った10万円の喪服をずっと使っています。価格が高いとやっぱり生地が全然違いますよ。

・高いものだと長く着られるし、夫の立場を考えて恥ずかしくないものを……と母にいわれたので、12万円でジャケットとワンピース、パンツの3点セットを買いました。

・長く使えるようにと、8万くらいでハイウエストではない喪服を購入。18歳のときに買って30代半ばになった今でもまだまだ着られるので、とても重宝しています。

・喪服の黒は金額によって差が出ますから、30代以上になったらそれなりにお金をかけたほうがいいと思います。喪服だろうと見ている人はいますし、ものがわかる人にはわかってしまいますよ。

・20年前に8万円のものを半額セールで購入しましたが、やっぱり色と生地のよさが違います。30代のときにきちんとしたものを買っておけば、20年経っても着られるのでは?

・年齢を重ねてから新しく買った喪服は7万円くらいでした。就職した年に買った2万円くらいのものと比べると、やっぱり着心地も含めてずいぶん変わるんだなぁ~と思いました。

2. 価格が安いもので十分

今回もっとも多かったのが「安いもので十分」という声でした。これから先、体型が変わるなどして着られなくなることもあるでしょうし、安ければ買い直したとてもそれほど負担にはなりませんね。

・20代のころに急な不幸があって買った、2万円未満の喪服を未だに着ています。めったに着ないものですし、まだまだ着られるのに新しいものを買うなんて正直もったいないです。

・20代のときにネット通販で買った1万円のものですが、使う機会もほとんどないし、30代になってもふつうに着ています。

・私が持っている喪服は2万円ちょっとのワンピースとジャケットのセット。10万円以上のものと見比べられても違いなんてふつうわかりませんから、安くても平気だと思います。

・アラフィフですが、1万5,000円もしない喪服を買いました。使う機会が限られていますし、そこそこの価格のものを選んで買い直すほうが合理的かな。

・通販のセールで買った、9,800円くらいのものを使っています。8万も10万もする高い喪服を買ったのに、「太って着られなくなった……」なんてことになったらもったいないですよ。

・今でも着ているのは20代のときに急ぎで買った1万5,000円のもの。しわだらけになっていたり、虫に食われたりしていたら笑われるかもしれませんが、きちんと手入れをしていれば何もいわれないと思います。

3. まとめ

高価な喪服のほうが品質はいいとわかっていても、着る機会が多くない30代だとなかなか手を出しづらいこともたしかです。さすがに喪服を着る場で笑われるようなことはないでしょうが、あきらかに安っぽく見えるものは避けたほうがいいかもしれませんね。

■文中のコメントは「ウィメンズパーク」から再編集したものです。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND