無印良品でオリジナルのメイクパレットを作ろう!

2019/01/29

巷で話題沸騰中!な、無印良品のメイクパレット。S・M・Lの三種類が展開されています。今回はその中からM(価格:税込1290円)を選んで、自分らしいメイクパレットを作ってみました。

教えてくれたのは、無印良品の家三鷹の家大使をつとめるエッセイスト・漫画家の藤田あみいさんです。

アレもコレもと開かなくていい!一石二鳥の大容量パレット

化粧をするたびにいちいちファンデーションを開けて、アイシャドウパレットを開けて…と、てんやわんや。毎日のことなので煩わしいなあと感じていました。ネット記事で見た無印良品のメイクパレットは、そんな私の悩みを吹き飛ばしてくれそうなナイスデザインです。

素敵なアイテムを選んで入れ込もう

豊富なメイクアップシリーズから好きな色や使用頻度の高いものを選んで、メイクパレットにはめ込んでいく形で使います。びっちり埋めてしまっても良いのですが、少し間を設けて、その箇所にはリップブラシなど、メイク道具を収めることもできますよ。

ぴったりはまって気持ちがいい!自分だけのパレット

私はアイシャドウにチーク、ルーセントパウダーと口紅を入れ込んでみました。旅行へ行く際にはこちらのメイクパレットと、あとはファンデーション・アイライナー・アイブロウだけ持っていけば大丈夫なんだ…!と思うとものすごい安心感があります。

絶対はやる!一足早くゲットせよっ!

この機能美を是非見ていただきたい…!こんなに綺麗にハマるなら、もう一回り大きいLを買って、ファンデーションとアイブロウ・アイラインも入れ込めるようにすればよかったかなと若干後悔…このパレットだけ持っていけばどこにでもいけるなんて、素敵だと思いませんか?

ああ〜大きいのにすればよかったかなあ…。

みなさんも店頭で自分らしいオリジナルメイクパレットを作ってみてください!

■教えてくれたのは・・・藤田あみいさん
漫画家・エッセイスト。「無印良品の家」のウェブサイトで「ぜんぶ無印良品で暮らしています~三鷹の家大使の住まいレポート~」を執筆中。2016年に同タイトルの本を出版。2017年に自身の産後うつ体験を綴った「懺悔日記」を出版。

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND