100均お菓子で旅行気分に?ダイソーで買うべきお菓子3選

2019/02/24

旅行の楽しみといえば、美しい景色とおいしい食べもの。とはいえ旅行にはお金も時間もかかります。でも、ダイソーのお菓子コーナーへ行けば、ちょっとした旅行気分が味わえるんだとか。

今回は、100円ショップのダイソーで見つけた地方特産お菓子のなかでも「これは買うべき!」というおすすめを、100均達人のたくたくさんに紹介してもらいます。

ダイソーのお菓子コーナーに日本各地のお菓子が!

ダイソーのお菓子コーナーには、北海道から沖縄まで、日本各地の食材を使ったお菓子がたくさんあるのをご存じですか?わざわざ旅行に出かけなくても、各地の名物お菓子が食べられるので、ちょっとした旅行気分が楽しめます。

旅行で行ったことのある地方のお菓子を食べれば、楽しかった旅行が思い出されますし、行ったことがないところのお菓子なら、知らない街並みを想像して楽しめるかも。

今回は、そんなダイソーの地方特産菓子の中からおすすめの3商品を紹介します。

沖縄名物「ちんすこう」

沖縄土産の定番と言えば「ちんすこう」ですよね。初めてもらったときは、聞きなれない名前に少しビックリしたものです。

「ちんすこう」は、琉球王朝時代から沖縄に伝わるお菓子で、小麦粉・砂糖・ラードを原料とした焼き菓子(クッキー)。沖縄らしく赤・黄・緑など鮮やかな色が特徴となっています。

ダイソーで販売されている「珍品堂のちんすこう」は、プレーン(茶)・黒糖(黒)・紅イモ(赤)の3種類が2個ずつ、計6個入っています。それぞれ個包装されていて、袋を開けても片付け不要で便利です。

沖縄の真っ青な空と海を想像しながら、素朴で懐かしい味を楽しみました。

徳之島のサトウキビを使った「西郷どん」

徳之島は”西郷どん“の愛称で知られる西郷隆盛ゆかりの地で、島の若者と力比べをした「力石」が今も残っています。こちらの黒砂糖菓子「西郷どん」は、徳之島産のサトウキビを使っているから、そのような商品名になっているわけです。

黒砂糖の塊を頬張ると一瞬で口中に甘さが広がって、テレビで見たことのあるサトウキビ畑が頭の中に浮かんできました。ただし、糖分が多い食品なので食べすぎには注意しましょう。

北海道と京都がひとつに「宇治抹茶あずき甘納豆チョコ」

抹茶スイーツは好きですか?ダイソーの「宇治抹茶あずき甘納豆チョコ」は、北海道産の“小豆(あずき)”をホワイトチョコレートで包み込み、”京都“産の宇治抹茶パウダーをふりかけたチョコレート菓子。北海道と京都を代表する食材がコラボした、贅沢なお菓子です。

口の中で、小豆とチョコレートの甘さと、抹茶のほろ苦さが混ざりあって絶妙なおいしさ。静かな京都の街並みと、北海道の雪景色を想像しながら食べてみるのがオススメです。

100均ダイソーのお菓子で旅行を楽しもう!

ダイソーのお菓子コーナーには、大手スーパーで見かけない意外なお菓子もあるので、知らないお菓子を見つけたら思わず食べてみたくなってしまいます。

家に帰って食べてみて、過去の旅行の思い出に浸ったり、まだ見ぬ地方の街並みや景色を想像してみたり……あなたも、ダイソーの地方特産のお菓子を探して食べて旅行を楽しんでみませんか?

教えてくれたのは・・・たくたくさん
毎⽇100円⽟をにぎって100円ショップ巡っている50代のオジさん。100円ショップで⾒つけた⼩さな幸せを⽇本中に発信するため、⽇々奮闘する100均達人。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND